【安全装備】アテンザの走行・安全性能について【値引き情報あり】

マツダ アテンザについて。

マツダアテンザは、マツダのフラッグシップセダン/ワゴンです。

そんなアテンザの走行性能、安全性能、そして値引き情報をまとめます。

鼓動デザインから生まれた流れるようなデザインが魅力的です。

この欧州車的な雰囲気は、他の国産車にはない感覚です。

スポンサーリンク

パワートレイン

パワートレインは、やはり筆頭すべきはディーゼルエンジンになります。

直列エンジン4気筒 2.2Lのディーゼルターボでありながら、4.0L級のトルクを発揮します。

さらに燃費がよく、燃料も軽油と、ランニングコストの低さも魅力です。

初期投資としてガソリン車よりは価格が上がりますが、総合的なお得感ではディーゼルが最も優れていると言えます。

ガソリン車では、直列エンジン4気筒2.5Lと2.0lが用意されます。

アテンザの車体の大きさ的に、2.0Lではエンジンの力不足が目立つかもしれません。

2.5lであれば、不満なくドライブができると言えます。

しかし、2.5lガソリン車と2.2Lディーゼルターボ車は、価格帯がそろい、税金は2.5Lクラスとなり同じ、燃費、燃料はディーゼルが安い、かつディーゼルの走りが良いということになり、

やはりディーゼルの魅力の方が大きいと思います。

2.5lエンジンを選ぶのであれば、ガソリン大排気量自然吸気エンジンの高回転まで自然に回る感覚が最も大きな理由になると言えます。

走りの優れるディーゼルでも、高回転ではやはりガソリン車ほど軽快には回ってくれません。

トランスミッションは6ATと6MTが選べます。

今時珍しい6MTが残っています。

マニュアル好きとしては、この辺りはうれしい部分ですね。

ディーゼルの豪快なトルクをMTで意のままに操るとなれば、他の国産車では実現できないドライバーズカ-になると言えます。

駆動方式はFFとAWDです。

雪国でない限りはFFで十分でしょう。

安全装備

安全装備です

アテンザには数多くの安全装備が搭載されます。

また、まとめてみると、自動ブレーキのような車自信が止まるものよりも、

ドライバーの支援をするような予防安全が多いのが特徴です。

①アダプティブ・フロントライティング・システム

これは、カーブで進行方向を明るく照らしてくれる装置ですね。

夜の山道のドライブでは役に立ってくれます。

以前に夜の山でカーブを抜けたら鹿がいたことがあり、急ブレーキを踏んだことがあります。

その時は衝突は避けれましたが、この装置があればもっと早く鹿の存在に気づけていたかもしてません。

アダプティブ・LED・ヘッドライト

この装置は、常にハイビーム状態で走れる装置です。

対向車を認識すると、その部分だけ消灯するためまぶしくありません。

夜の視界を最大限に拡大してくれる装置となり、今時多い、自動ブレーキのような「クルマが自動で止まる」闘な装置ではなく、ドライバー自身の認識力を上げる装置です。

ブラインド・スポット・モニタリング

この装置は、車線変更の時に後続車の存在を知らせてくれる装置です。

万が一後続車の存在を見落としていて車線変更し・・・という事態にならないような、予防安全装置と言えます。

さらに、後退時に、後続車の存在を知らせてくれる装置です。

死角が増える後退時の予防安全です。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール

これは追従走行機能ですね。

カメラは用いずにレーダーを用いて先行車との距離を測ります。

レーダーを用いる利点としては、雨の日などの悪天候であっても機能することです。

逆にカメラと違ってバイクや歩行者を認識できないというデメリットもあります。

誤発進制御

前方に障害物があった時に前進しようとすると誤発進と認識して動かなくなります。

コンビニからの出庫時で、ギアの入れ間違いなどがあった場合には未然に事故を防いでくれます。

アテンザの価格

ディーゼル 2.5lガソリン 2.0lガソリン
L Package  3,774,600円 3,346,200円  設定なし
ProActive  3,277,800円  設定なし  2,867,400円
ベーシック  3,175,200円  設定なし  2,764,800円

アテンザは、エンジンを選んでからグレードを選ぶと分かりやすいです。

まずは、ディーゼル、ガソリン2.5L、ガソリン2.0Lのどれがいいのか?

おススメはディーゼルですが、こればかりは試乗して決めてもらわないと分からない部分です。

ディーゼルのフィーリングはかなり好みが分かれます。

エンジンが決まればグレードですね。

2.5Lガソリンを選べば自動的にL Packageとなります。

本革シートから安全装備と、フル装備グレードですね。

ディーゼルなら全グレードが選べます。

安全装備は欲しいので、PROACTIVE以上を狙っていきましょう。

L Packageは本革シートが装備されるので、やはり好みが分かれます。

2.0Lガソリンを選べば、PROACTIVEかベーシックグレードですね。

こちらの場合は安全装備の観点から自動的にPROACTIVEに決まりそうです。

アテンザの値引き情報

アテンザの値引き状況ですが、

車両で10~25万程度
オプションで5~25万程度

というあたりになりそうです。

オプションは総額によっても変わってくるので、具体的な数字は難しいですね。

つまり、車両で25万は確実に狙っていくことが大事です。

しかし、もっと安く買う方法があります。

その方法は以下の記事でご紹介します。

https://car-catalog.net/buy_a_new_car/

 

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする