【個性派SUV】レガシィアウトバックの情報【シンメトリカルAWD】

レガシィアウトバック

進化したレガシィアウトバックについて。
走行性能やスペック、装備類をまとめます。

スポンサーリンク

レガシィアウトバックは、スバルのフラッグシップカ-です。
今まではツーリングワゴンのSUV版として存在していましたが、ツーリングワゴンの廃止に伴い独立しました。

 

パワートレイン

エンジンは、
水平対向4気筒2.5L 175PS/5800rpm 235Nm/4000rpm

トランスミッションは、
リニアトロニック(CVT)となっています。

エンジン出力としては日常域では問題ないスペックです。
高速道路でも余裕で走れるでしょう。
さらに、水平対向エンジンを搭載していることにより、低重心化にも貢献します。
通常、SUVは「重心が高い」というのが一般的ですが、そのSUVの重心の高さを水平対向エンジンの低重心性が打ち消します。
普通の乗用車感覚でカーブを曲がれる。
これは高速道路のJCTなどでは非常に大きな安心感につながります。

その他、リニアトロニックを搭載していますが、無段階に変速していくため、変速ショックが一切ありません。
一方で、CVTでは滑り感が指摘されたりしますが、スバルのリニアトロニックは他社とは異なりスチールベルトを用いているため、空転感はありません。
むしろ、発進時からガツンと加速してくれ、また走行中も変速ショックがない理想的なエンジンになっています。
「ダイレクト感」があり、「変速ショックがない」というこのトランスミッションは、本当に素晴らしいものです。
足回りには「スタブレックスライド」というスバルが自社開発したサスペンションが搭載されます。
これは、微振動時には減衰力が大きくなり、車の振動が速く収まるという特殊なダンパ-を用いています。
荒れた路面などを走った時に、不必要に車が暴れず、「ピシッ」と走ってくれるということですね。

X MODE

また、アウトバックにはX MODEが装備されます。
凍結路面での下り坂や雪道などでスタックした時に突破できる装置です。
AWDシステムを最適制御することで、安定したままの突破が可能になります。

内装

内装も大きく進化しました。
現行のスバル車において、レガシィだけは内装が独立しています。
レガシィとその他の車種(レヴォーグ、フォレスター、インプレッサなど)に分けれるわけです。
レガシィには特別な装備が多く、例えばメーターは、写真のように背景色を好みの色に変更できたりします。

さらに、車両サイズ拡大により、車内空間が広くなりました。
その恩恵は後部座席にも現れ、歴代レガシィの中でも後部座席の快適性は抜群です。

さらに、アウトバックはボディタイプで言えば「ツーリングワゴンと同じ」です。
よって、後部座席を前に倒せば、広大な積載空間が生まれます。
フラットな空間が生まれるため、大人2人での車中泊も可能です。

安全装備

EyeSight ver.3

EyeSight ver.3は、カメラによって前方を監視します。
機能としては、プリクラッシュブレーキ(ぶつからないクルマ)、クルーズコントロール(自動運転)、ふらつき警告、先行車発進お知らせなどがあります。
EyeSightはカメラを用いる利点として、歩行者、自転車、バイクなども認識できます。
ここがレーダーとは異なる利点ですね。
さらに、EyeSight ver.2からの進化点として、画像のカラー認識、カメラの視野角の拡大があります。
予防安全として、さらなる性能の向上があります。

また、先代モデルのEyeSight ver.2搭載車は、事故が6割減ったという記録もあるようです。

最新型のEyeSight ver.3では、さらに予防安全性能が進化しているため、事故防止にさらに貢献してくれます。

アドバンスドセイフティパッケージ

アドバンスドセイフティパッケージは、レーダーにより後続車を検知し、ドアミラー内で教えてくれる機能です。

車線変更するときに目視で確認するのは絶対必要ですが、車も後続車の存在を教えてくれるという2段構えの安全装備になります。
さらに、バック時にも、後方の障害物を教えてくれます。
駐車場に前から停めて、バックで出すとき、後方が見にくくないですか?
そんな時に後方の障害物を教えてくれるようになります。

グレード 価格

アウトバックLimited 34,77,600円

最上級モデルになります。
EyeSight ver.3やアドバンスドセイフティパッケージなど、先進装備が装着。
内装も本革シートが装備されるなど、フル装備に近い状態です。
エクステリアにもメッキ類の装飾が増えます。
アウトバック 3,207,600円

べーシックなモデルになります。
しかし、それでもEyeSight ver.3などの安全装備は装備されるため、性能としては十分です。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする