X-MODEは悪路走行性能を秘めた本格的オフロードAWD(スバルのAWDシステム)

X-MODEについて

スバルのAWDシステム、X-MODEについて。

レガシィアウトバックやフォレスターなどのスバルのSUVに搭載されます。

悪路走破性能を秘めた、本格的なオフロードAWDです。

スポンサーリンク

X-MODEの搭載車種

これがレガシィアウトバック

こっちがフォレスター

これら2車種はともにアクティブトルクスプリットAWDが搭載されます。

アクティブトルクスプリットAWDは、前後のトルク配分が70:30になっていて、FF寄りのセッティングになっています。

FF寄りのセッティングににょり、オンロードでのハンドリングよりも、走行安定性や、悪路の走破性に重点を置かれています。

アクティブトルクスプリットの詳細は、以下の記事をご覧ください。

アクティブトルクスプリットの詳細記事

X-MODEの基本動作

雪道などでタイヤが空転した場合、X-MODEをオンにすると制御が介入し、エンジン、ブレーキ、AWD、VDCを制御し、スムーズな脱出が可能になります。

普段の用途では全く使う場面がありません。

スキーに行くときや、オフロード走行を行う時に役に立つ装置です。

ヒルディセントコントロール

砂利道や雪道の滑りやすい下り坂でX-MODEをオンにすると、一定車速を維持するヒルディセントコントロールが装備されます。

滑りやすい路面でのブレーキ操作は非常に危険で、運転技術が要求されます。

アイスバーンの下り坂など、とてつもなく危険な状況の場合、

X MODE搭載車では、ヒルディセントコントロールをオンにすれば、一定車速で自動制御で突破してくれます。

ブレーキ操作によって、スリップする危険性もありません。

X MODEはあらゆる道を突破するためのAWD制御システム

以上のように、X MODEは、あらゆる道を走破するためのAWD制御システムであることが分かっていただけたと思います。

特にフォレスターの場合はエンジンが280馬力の直噴ターボ”DIT”エンジンが搭載され、

スバル独創の水平対向エンジンとシンメトリカルAWDの組み合わせ、

安定性重視のアクティブトルクスプリットAWD、

そしてX MODEを搭載し、

あらゆる道を突破する性能を秘めています。

スバルのAWDシステムのラインナップの中で、最もオフローダーなAWDと言えます。

スバルは他にもAWDシステムが存在します。

DCCD-AWDやVTD-AWD、そしてビスカスLSD(リミテッド・スリップ・デフ)付センターデフ方式AWDなどです。

これらの他のスバルのAWDシステムについては、以下の記事をご覧ください。

→スバルのAWDシステム 記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする