スバル リアビークルディテクション(スバルの安全装置)について

スバル リアビークルディテクションについて

スバル リアビークルディテクションについてです。

このスバル リアビ-クルディテクションは、レガシィB4、アウトバック、レヴォーグ、インプレッサなどの(クロスオーバー7、BRZ、ジャスティと軽自動車を除く)全スバル車で搭載できるシステムになります。

スバル リアビ-クルディテクションは、レーダーによって後方を監視し、後続車の存在をサイドミラー内に表示する機能です。

後方警戒支援システムになります。

スポンサーリンク

1.死角車両検知

車線変更時に十分な安全確認を行うことは必須ですが、万一の見落としがあった時には、この表示が教えてくれます。

具体的には、後方から高速で接近する車が来たら、その存在をサイドミラー内のインジケーターが点灯して知らせてくれます。

その状態で、車線変更をしようとしたら、インジケーターが点滅して危険を教えてくれます。

2.車線変更支援

車線変更支援は、後方から高速で接近する車両を、インジケーターの点灯によって知らせてくれます。

また、その状態で車線変更を行おうとすると、インジケーターが点滅します。

レーダーを用いた後続車の距離や相対速度の測定は、目で見るよりも正確に測れ、車線変更をしようと思ったら、後続が凄いスピードで接近してきての事故などを未然に防ぐことができます。

3.後退支援

前進駐車をした時、バックで出庫しますが、両側に駐車車両があると視界が悪いですよね。

その時に光を生視界を支援するのが後退支援機能です。

レーダーで後方の障害物を監視し、接近する車両があれば、インジケーターと警告音で教えてくれます。

スバル リアビ-クスディテクションの死角車両検知、車線変更支援、後退支援は、いずれもレーダーによって後続車両を認識します。

ドライバーと車の2重の安全装置になるので事故が減ります。

また、前方の安全性については、EyeSightが働きますが、後方は見れません。

EyeSightの死角を補う装置と言えます。

※EyeSightの詳細は以下の記事をご覧ください。

EyeSightの詳細記事

以上が、スバル リアビークルディテクションのまとめになります。

スバル車には、その他にも先進の安全装置が数多く搭載されています。

他の安全装置の記事は、スバルの安全装置の記事一覧をご覧ください。

スバルの安全装置 記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする