EyeSightの機能やしくみについて(スバルの安全装置)

EyeSightについて

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、スバルの安全装置EyeSightについて紹介します。

スバルのEyeSightは、「ぶつからないクルマ」のCMでおなじみですね。

簡単にEyeSightの機能を説明すると、。ルームミラーの横にある2つのステレオカメラで前方を確認し、障害物に判定を行い、自動ブレーキが作動します。

これにより、衝突の防止または衝突被害の軽減が可能になります。

スポンサーリンク

EyeSightの紹介動画

まずは、EyeSightのCMをご覧ください。

スバル公式の動画なので、EyeSightのシステムの特徴が正確にわかると思います。

また、随時説明していくので、より一層EyeSightへの理解が深まるように頑張って説明させていただきます。

EyeSightの機能その1.プリクラッシュブレーキ

プリクラッシュブレーキは、EyeSightのメイン機能である「ぶつからないクルマ」を実現するシステムです。

ルームミラーの横の2つのステレオカメラで前方を監視し、障害物があると警告音とともに自動ブレーキが作動します。

カメラを用いていることで、レーダー式と比べて、バイクや自転車、歩行者までもが認識できるようになっています。

EyeSightの機能その2.全車速追従機能付きクルーズコントロール

全車速追従機能付きクルーズコントロールは、ステレオカメラで認識した先行車を追従する機能です。

レーダー式に対するメリットは、カメラの画像を認識することで、割り込みなどの予測ができることです。

予測が可能になることで、急ブレーキがなくなることで乗り心地が向上するほか、燃費などの経済面、さらには安全面も強化されたクルーズコントロールと言えます。

EyeSightの機能その3.AT誤発進抑制制御&AT御後進抑制制御

この機能は、ギアの入れ間違いによる事故を防ぐシステムです。

一時ニュースでよく取り上げられた、ギアの入れ間違いによる事故を防げます。

前方に壁があったり、タイヤ止めを乗り越えようとしたときにはシステムがギアの入れ間違いと判断し、園児の出力を抑制。

暴走事故を防ぎます。

EyeSightの機能その4.警報&お知らせ機能

ステレオカメラによる前方の監視により、自車の走行レーンの白線を認識します。

このレーンからはみ出しそうになると「はみ出し警告」が、

ふらついて走行していると「ふらつき警告」がなります。

さらに、信号待ちで先行車が発進したにもかかわらず停止していた場合には、「先行車発進お知らせ機能」が作動します。

これらの警報とお知らせ機能が、より快適な運転をサポートします。

EyeSightの主な機能の詳細説明

スバル公式の動画を見ていただいたのである程度のことは理解していただけたと思いますが、念のため詳細部分を説明します。

その1.プリクラッシュブレーキ

これは、カメラで認識した障害物に衝突しそうになった時に自動ブレーキが作動するものです。

レーダー式と違い、歩行者や自転車、バイクも認識できます。

先行障害物との速度差が50km/h以下なら衝突被害軽減可能です。

しかし、カメラ式にはレーダー式にはない弱点もいくつか存在します。

カメラは画像を認識するので、人間の目と同じです。

したがって、ドライバーが運転しにくいと感じる状況では作動しなくなります。

代表的な例として、大雨や逆光などの視界の悪い時にです。

しかし、多少の逆光でも動作はしますし、機能が停止するような大雨は年間1回あるかないか程度のものなので、大きな問題にはならないです。

日常的な夕日の逆光や、普通の大雨程度なら動作しています。

その他、前方に自分自身が写り込むときは車が動かなくなります。

普段の走行では起こることは無いですが、機械式立体駐車場では入庫時にEyeSightをオフにする必要があるらしいです。

その2.クルーズコントロール(自動運転)

カメラで認識した先行車に追従します。

ブレーキ制御は人間に近い制御になるように調節されています。

実際に使ってみると、加速も最小限に抑えられ、自分で運転するよりも燃費が良かったりします。

ドライバーの意思での操作を優先するため、アクセルを踏むとクルーズコントロールは解除されます。

自動運転に戻す場合は再度ハンドルにあるクルーズコントロールのボタンでオンにする必要があります(ワンタッチで操作可能)。

その3.AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

AT誤発進抑制制御に関しては、ステレオカメラで前方を監視しているため、障害物があれば誤発進は抑制されます。

しかし、後退の場合には、後ろにカメラはありませんので、タイヤ止めのような障害物を乗り越えようとしているかで判断がされます。

したがって、タイヤ止めがなく、後ろが壁の場合には、AT誤後進抑制制御は作動しません。

タイヤ止めのような障害物があるのに乗り越えようとしてアクセルを強く踏み込んだ場合には作動します。

その4.はみ出し制御・警告

車線からはみ出しそうになると警告が鳴ります。

また、自動運転中にはみ出しそうになると、ステアリングに介入してきます。

はみ出し警告は、ウインカーを操作した時には解除されるようです。

先行車発進お知らせ機能では、渋滞中の赤信号の切れ目で先行車が動いた場合にも作動します。

当たり前ですが自車は動いてはいけない状況ですが、そういうときにも作動するという豆知識程度にどうぞ。

以上がEyeSightのまとめになります。

まとめ

スバルには様々な安全装置が搭載されている中で、代表的なEyeSightについて紹介しました。

スバルが、「ぶつからないクルマ」というキャッチフレーズにふさわしいぐらいの安全装備は、世界トップレベルともいえるでしょう。

以上が、EyeSightのまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする