4代目フォレスター(SJ型)について(280馬力の直噴ターボ”DIT”、悪路走破支援AWDシステムのX MODE、先進の運転支援システムEyeSightなど)

4代目フォレスター(SJ型)について(280馬力の直噴ターボ”DIT”、悪路走破支援AWDシステムのX MODE、先進の運転支援システムEyeSightなど)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、4代目フォレスターについてです。

4代目フォレスターは、SJ型と呼ばれます。

主なトピックとしては、280馬力を発揮する新開発の直噴ターボ”DIT”や、リニアトロニックなどが挙げられます。

280馬力の直噴ターボ”DIT”は、レガシィに搭載された300馬力のものを、フォレスターのクロカンスタイルに合わせてチューニングされたエンジンになります。

AWDシステムにも真価があり、本格的な悪路走行が可能になるX MODEが搭載されます。

スポンサーリンク

4代目フォレスター(SJ型)のCMなど

フォレスターのCMを紹介します。

この4代目フォレスター(SJ型)は、あらゆる道での走破性を実証し、「全方位SUV」であることを示すために、

「世界5大陸、10万km走破」の企画がありました。

これらの走行動画は、「Forester LIVE」にまとめられているのですが、CMでも一部が紹介されています。

このCMもFORE LIVEの一部分です。

(音楽がかっこいい~♪)

4代目フォレスター(SJ型)の加速性能

ターボモデルのフォレスターXTの加速動画です。

ターボラグの後、40km/h付近からの加速が伸びます。

これが280馬力、直噴ターボ”DIT”エンジンの実力です。

4代目フォレスター(SJ型)のエンジン

フォレスターのエンジンは、FA20″DIT”型とFB20型が搭載されます。

2.0XTに搭載されるFA20″DIT”型

水平対向4気筒2.0L直噴ターボ”DIT”

280PS/5700rpm

350Nm/2000-5600rpm

280馬力を発揮する直噴ターボ”DIT”エンジンを搭載します。

レガシィに搭載された300馬力のエンジンを、フォレスターのクロカンスタイルという性格に合わせてチューニングされた結果、280馬力になりました。

FA20″DIT”の280馬力という圧倒的な馬力と、

シンメトリカルAWDの走行安定性、

さらには悪路走破システムのX MODEが搭載されることで、

歴代フォレスターの中で最強の走破性能を誇ります。

FA20″DIT”型エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FA20″DIT”の詳細記事

をご覧ください。

2.0iに搭載されるFB20型

水平対向4気筒2.0L

148PS/6200rpm

196Nm/4200rpm

低速トルクが太くなり、扱いやすさが増した新世代BOXERエンジンのFB20型エンジンです。

直噴システムも採用され、燃費もよくなっているので、経済性も増しているエンジンです。

FB20型エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FB20型エンジンの詳細記事

をご覧ください。

4代目フォレスター(SJ型)のトランスミッション

フォレスターのトランスミッションは、ATモデルではリニアトロニックになります。

FB20型エンジン搭載車には通常のリニアトロニックが搭載されます。

一方で、FA20″DIT”型エンジン搭載車には、スポーツリニアトロニックが搭載され、許容トルクが400Nmというハイスペックなトランスミッションになります。

また、FA20″DIT”型エンジン搭載車のスポーツリニアトロニックは、S#モードでは8段ステップ制御が行われます。

ステップ上に変速することで伝達効率を最大化し、最大限の加速を発揮します。

FB20型エンジン搭載所の一部には6MTが搭載されます。

今となっては貴重なMTモデルですが、FA20″DIT”型エンジン搭載車にはMTモデルが存在しないのが残念な点です。

4代目フォレスター(SJ型)のAWDシステム

4代目フォレスター(SJ型)には、AT車にはアクティブトルクスプリットAWDが、MT車にはビスカスLSD(リミテッド・スリップ・デフ)付センターデフ方式AWDが搭載されます。

アクティブトルクスプリットAWDは、前後駆動力配分を前60:後40とすることで、走行安定性を高めています。

なお、レヴォーグなどでは2.0L “DIT”搭載モデルではVTD-AWDが搭載されますが、フォレスターの場合にはクロカン用途を考慮して、安定性重視のアクティブトルクスプリットAWDになっています。

アクティブトルクスプリットAWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

アクティブトルクスプリットAWDの詳細記事

MT車のビスカスLSD(リミテッド・スリップ・デフ)付センターデフ方式AWDは、

スバルのAWDシステムの中では唯一電子制御を用いていない、機械式のAWDシステムです。

前後の駆動力配分は、50:50に設定してあり、安定した走りはもちろん、スポーツ走行まで幅広くカバーするAWDシステムで、電子制御を用いていないメカニカルなAWDシステムによる自然なフィーリングはMT車にベストマッチします。

4代目フォレスター(SJ型)のエクステリアデザイン

次に、4代目フォレスター(SJ型)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

フロントデザインはターボモデルのXTと自然吸気モデルの2.0iで異なります。

まずはターボモデルのXTからです。

新世代BOXERエンジン直噴ターボ”DIT”のアクセントとなるLEDアクセサリーライナーが縦向きに装着されます。

街中を見渡しても、縦向きにLEDをあしらったクルマは数が少ないので、夜の対向車でもフォレスターとわかるぐらいのインパクトがあります。

次に、自然吸気モデルの2.0iです。

バンパーデザインが2.0XTとは異なります。

XTと比べるとおとなしいデザインになります。

次にサイドビューです。

タイヤハウス上部のプレスラインが、クルマのタフさを表現しています。

その他に、SUVでありながら、腰高間のないデザインは安定感があり好感が持てます。

最後にリアデザインです。

大型のリアスポイラーが装備されます。

その他、ターボモデルのXTは2本出しマフラーと「XT」のエンブレムが装備されます。

自然吸気モデルの2.0iなら、1本のマフラ-が装備されます。

4代目フォレスター(SJ型)のインテリアデザイン

次に、4代目フォレスター(SJ型)のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席まわりから。

レヴォーグなどと同じで、質感が向上しています。

大型のマルチファンクションディスプレイは、燃費、水温計、ブースト圧(ターボ車のみ)、AWDの作動状況などが表示され、クルマの状態がリアルタイムでわかります。

クルマとの信頼関係をより深める装備といえます。

次に車内空間です。

4代目フォレスター(SJ型)の安全装備

フォレスターは、MTモデルを除いてEyeSightが装着できます。

装着できるのはEyeSight ver.3で、Eyesightの中では最新型、高性能なモデルになります。

カメラがカラー化され、認識制度が向上したほか、自動ブレーキが作動する相対速度も大きくなっています。

4代目フォレスター(SJ型)の新車価格

フォレスターの価格は、次の通りになっています(投稿日現在)。

グレード エンジン 駆動方式 価格
2.0i EyeSight FB20 AWD 2,419,200円
2.0i-L 2,581,200円
2.0i-L EyeSight 2,689,200円
X-BREAK 2,754,000円
X-BREAK

カラーアクセント仕様

2,916,000円
S-Limited 2,894,400円
2.0XT EyeSight FA20″DIT” 3,128,760円

基本的にはFB20型エンジン搭載車でもパワーは十分なので、エンジン以上にEyeSightの搭載を重視して選んだほうが良さそうです。

しかし、S-Limitedなら23万円のプラスで280馬力のFA20″DIT”型が手に入るので悩みどころ。

XT EyeSightのハイオク仕様と言うランニングコストが気にならないなら、XTを選ぶのもありです。

以上が4代目フォレスター(SJ型)のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする