レヴォーグ(VM型)がF型に改良!特別仕様車の1.6/2.0 STI Sport Black Selectionと1.6GT-S EyeSight Advantage Lineが登場!

レヴォーグ(VM型)がF型に改良!特別仕様車の1.6/2.0 STI Sport Black Selectionと1.6GT-S EyeSight Advantage Lineが登場!

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、マイナーチェンジによって登場したレヴォーグ(VM型)のF型について紹介します!

改良と同時に、特別仕様車の1.6/2.0 STI Sport Black Selectionと1.6GT-S EyeSight Advantage Lineが登場しました。

スポンサーリンク

レヴォーグ(VM型)F型の改良点

レヴォーグ(VM型)F型では、安全性能とボディカラー―について改良が行われました。

安全性能

ハイビームアシストが作動する車速を変更し、40km/h→30㎞/hになりました。

より低速から積極的にハイビームの制御を行うことで、夜間の視界確保をさらに高めています。

エクステリア

ボディカラーに新色マグネタイトグレー・メタリックが採用されました。

従来のダークグレー・メタリックに変わり、緻密で滑らかな輝きと、落ち着きのある色合いが特長の新色のボデイカラーとなっています。

レヴォーグ(VM型)F型のエンジン

では、レヴォーグ(VM型)F型のエンジンを見ていきましょう。

FB16″DIT”

水平対向4気筒 1.6L 直噴ターボ”DIT”

最高出力:125kW(170PS)/4800-5600rpm

最大トルク:250Nm(25.5kgf・m)/1800-4800rpm

レギュラー仕様の経済性に配慮されたエンジンです。

2.5L相当のエンジン性能を有しており、日常用途において十分な動力性能を備えています。

FB16″DIT”エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FB16″DIT”型エンジンの詳細記事

FA20″DIT”

水平対向4気筒 2.0L 直噴ターボ”DIT”

最高出力:221kW(300PS)/5600rpm

最大トルク:400Nm(40.8kgf・m)/2000-4800rpm

FA20″DIT”型エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FA20″DIT”型エンジンの詳細記事

レヴォーグ(VM型)F型のトランスミッション

レヴォーグのトランスミッションは、リニアトロニックとなっています。

FB16″DIT”搭載モデルには、通常のリニアトロニックが採用され、FA20″DIT”には高出力対応型のスポーツリニアトロニックが採用されます。

リニアトロニックはチェーン式CVTのことであり、CVTの魅力である変速ショックのないスムーズな走りをそのままに、従来の金属ベルト式CVTと比べてダイレクトな加速感があります。

リニアトロニックについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

リニアトロニックの詳細記事

レヴォーグ(VM型)F型のAWD方式

レヴォーグ(VM型)F型のAWD方式は、アクティブトルクスプリットAWDとVTD-AWDになります。

FB16″DIT”エンジンモデルには、アクティブトルクスプリット方式のAWDが採用されています。

アクティブトルクスプリット方式のAWDは、前後駆動力配分を60:40というFF寄りのセッティングにすることで、あらゆる路面において安定した走りを実現します。

アクティブトルクスプリットAWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

アクティブトルクスプリットAWDの詳細記事

FA20″DIT”エンジン搭載モデルには、VTD-AWDが採用されています。

VTD-AWDは、前後の駆動力配分を45:55のFR寄りのセッティングにすることで、優れたハンドリングを実現する、スポーツ志向のAWDシステムです。

VTD-AWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

VTD-AWDの詳細記事

レヴォーグ(VM型)F型のエクステリアデザイン

次に、F型となったレヴォーグのエクステリアデザインを見ていきましょう。

デザイン面に関しては、後期型となって以降、変更はされていません。

まずはフロントデザインです。

次にサイドビューです。

最後にリアデザインです。

レヴォーグ(VM型)F型のインテリアデザイン

次に、F型となったレヴォーグ(VM型)のインテリアデザインを見ていきましょう。

写真はすべてSTI Sportであり、レヴォーグのテーマカラーであるボルドーカラーの内装が特徴です。

まずは運転席周りです。

次に車内空間です。

特別仕様車1.6/2.0 STI Sport Black Selection

では、F形で追加された特別仕様車の詳細を見ていきましょう。

まずは、1.6/2.0 STI Sport Black Selectionです。

エクステリア

・225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)

・ブラックカラードドアミラー&カラードドアハンドル

インテリア

・ウルトラスエード/本革シート(ブラック、レッドステッチ)(アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能付)

・スライド機構付コンソールリッド(ブラック+レッドステッチ)

・ドアトリム/ドアアームレスト(ブラック+レッドステッチ)

・フロントコンソール(ブラック)(レザー調素材巻+レッドステッチ)

・RECAROフロントシート+運転席8ウェイパワーシート(メーカー装着オプション)

特別仕様車1.6GT-S EyeSight Advantage Line

次に、1.6GT-S EyeSight Advantage Lineを見ていきます。

安全性能

・アイサイトセイフティプラス(運転支援)[スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)
/ハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)]

・アイサイトセイフティプラス(視界拡張)[フロント&サイドビューモニター/スマートリヤビューミラー]

エクステリア

・18インチアルミホイール(ブラック塗装)&225/45R18タイヤ

・ブラックカラードドアミラー(フットランプ付)

・ブラックカラードドアハンドル

・LEVORGリヤオーナメント(ラスターブラック)

・シンメトリカルAWDリヤオーナメント(ラスターブラック)

インテリア

・インパネ加飾パネル:ブルードレープ調+クロームメッキ

・ウルトラスエード/本革シート(ブルーアクセント、ブルーステッチ)

レヴォーグ(VM型)がF型に改良!特別仕様車の1.6/2.0 STI Sport Black Selectionと1.6GT-S EyeSight Advantage Lineが登場!のまとめ

ここまで、マイナーチェンジを受けたレヴォーグ(VM型)のF型について紹介してきました。

マイナーチェンジの発表と同時に、特別仕様車も2台発表されました。

1.6/2.0 STI Sport Black Selectionは、内装をブラックで統一して、クールな一台になっています。

1.6GT-S EyeSight Advantage Lineは、内外装にアクセントを加えることで、デザインのクオリティを高めた一台になっています。

おそらくF型が初代レヴォーグ(VM型)の最終モデルとなりますが、特別仕様車が登場し、さらに魅力を増しました。

スバルは、マイナーチェンジを重ねるほどに、熟成され、モデルとしての完成形へ近づいていきます。

熟成された、レヴォーグのF型は、新世代スバルを象徴するモデルとして、魅力的なモデルに成長しました。

次期レヴォーグでは、スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)が採用される予定なので、購入時期が難しいモデルですが、最終型のF型レヴォーグも、なかなかの魅力で捨てがたいですね。

以上、レヴォーグ(VM型)F型について、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする