インプレッサの歴代モデル記事一覧

インプレッサの歴代モデル記事一覧

インプレッサはスバルの名車で、スバルの多くのモデルの基礎となるクルマです。

派生車種はXV、フォレスター、レヴォーグからWRX STIまで数多く存在します。

特にWRX STIは、インプレッサにEJ20ターボを搭載したレース用のモデルで、WRCの第一線で活躍したモデルとして有名です。

5代目インプレッサからは、「乗る人全員が気持ちいい」をコンセプトに開発された、「スバルグローバルプラットフォーム」をいち早く採用し、派生車種も含めたスバル車全体の質感の向上を狙ったモデルになります。

5代目インプレッサ(GT型、GK型)の詳細記事

5代目インプレッサ(GT型、GK型)は、新開発のスバルグローバルプラットフォームを採用したモデルです。

「愛で作るクルマがある」をコンセプトに、「乗る人全員が気持ちいい」を実現したモデルで、クラスを超えた、世界で愛されるグローバルクオリティを持っています。

このインプレッサを境に、スバルのシャーシ性能が大幅に向上しました。

5代目インプレッサ(GT型、GK型)の詳細記事

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)の詳細記事

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)は、スバル共通デザインの「コの字」型ヘッドライトとテ―ルライトが採用されたモデルです。

その他、パワートレインでは、新開発のFB20型、FB16型エンジンが搭載され、トランスミッションも新開発のリニアトロニック(チェーン式CVT)が搭載されました。

スバルの最新技術を大量投入し、新世代スバルのラインナップの象徴的車種になりました。

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)の詳細記事

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする