4代目 インプレッサ(GP型、GJ型)について(エンジン、トランスミッション、安全装置など)

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)について(エンジン、トランスミッション、安全装備など)

4代目インプレッサスポーツ(GP型、GJ型)についてです。

4代目インプレッサは、3代目インプレッサの「鷹の目」デザインから一新し、新世代スバルの象徴の「コの字型」ライトのデザインが採用されました。

ハッチバックのインプレッサスポーツがGP型。

セダンのインプレッサG4がGJ型です。

スポンサーリンク

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)のエンジン

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)のエンジンはFB20型とFB16型です。

エンジンスペックをまとめます。

詳細情報は、それぞれのエンジンの詳細記事をご覧ください。

FB16

最高出力:85kW(115PS)/5600rpm

最大トルク:148Nm(15.1kgf・m)/4000rpm

FB16型エンジンの詳細記事

FB20

最高出力:110kW(150PS)/6200rpm

最大トルク:196Nm(20.0kgf・m)/4200rpm

FB20型エンジンの詳細記事

基本的に4代目インプレッサはFB20型エンジンがおススメです。

FB16型エンジンはレヴォ-グに搭載の直噴ターボ化されたFB16″DIT”でこそ真価を発揮します。

自然吸気エンジンなら、FB20の方が直噴技術などが装備されており、スバルの最新の技術が搭載されます。

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)のトランスミッション

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)にはリニアトロニックが採用されます。

レガシィなどに搭載されるリニアトロニックと同じですが、インプレッサように再設計した部分もあり、事実上の専用設計のリニアトロニックです。

リニアトロニックはチェーン式のCVTで、従来の金属ベルト式とは異なり、小型、軽量化でき、アクセルレスポンスも高いです。

よって、変速ショックのないスムーズな走りとともに、ダイレクト感のある走りを実現しています。

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)の安全装備

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)には、スバルの先進の安全装置、EyeSightが装備されます。

EyeSightは、2つのステレオカメラで前方を監視し、衝突被害の軽減や、クルーズコントロールを行う運転支援システムです。

EyeSightについては、別の記事で詳細を書いていますので、是非ご覧ください。

EyeSightの詳細記事

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)のデザイン

新世代スバル共通の「コの字」型ライトが装備され、全体的にスポ―ティなデザインとなりました。

また、レガシィツーリングワゴン後継車種のレヴォ-グのベースモデルと言うこともあり、シャーシ性能も高いです。

※写真はレヴォーグです。

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)のおすすめモデル

4代目インプレッサ(GP型、GJ型)を狙うなら、FB20型エンジンを搭載した2.0Lモデルがおすすめです。

また、可能ならば後期型がおすすめです。

後期型ではテールランプがLED化されているので、デザイン面でもおすすめです。

その他、EyeSightはスバルを選ぶ上では必須です。

スバルの魅力は、水平対向エンジン+シンメトリカルAWDの走行性能の高さもありますが、

世界に誇る安全装備、EyeSightも目が離せません。

EyeSightは必須と言えるでしょう。

以上が、4代目インプレッサ(GP型」、GJ型)のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする