新型XV Advanceにフォレスターと同じe-BOXERが搭載されます。

新型XV Advanceにフォレスターと同じe-BOXERが搭載されます。

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、スバルの新型車情報として、e-BOXERが搭載されるスバル XVについて紹介します。

スポンサーリンク

新型スバル XVのエンジン

FB16型エンジン

水平対向エンジン4気筒1.6L

最高出力:85kW(115PS)/6,200rpm

最大トルク:148Nm(15.1kgf・m)/3,600rpm

新型スバル XVのベーシックなエンジンです。

排気量は1.6Lであり、税金面では2.0L分を負担する必要が出てきます。

新世代BOXERエンジンで搭載されている直噴技術も搭載されていないため、購入時の新車価格の安さ以外にはメリットはないと思われます。

FB16型エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FB16型エンジンの詳細記事

FB20型エンジン

水平対向4気筒2.0L

最高出力:113kW(154PS)/6,000rpm

最大トルク:196Nm(20.0kgf・m)/4,000rpm

新世代スバルを象徴するFB20型エンジンです。

直噴技術も採用され、新世代スバルの走りを体感できるモデルです。

ハイブリッドが嫌いで、ガソリン自然吸気エンジンのナチュラルな加速感が好きな方にお勧めのエンジンです。

FB20型エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FB20型エンジンの詳細記事

FB20型エンジン+e-BOXER

水平対向4気筒2.0L e-BOXER

エンジン最高出力:107kW(145PS)/6,000rpm

エンジン最大トルク:188Nm(19.2kgf・m)/4,000rpm

モーター最高出力:10kW(13.6PS)

モーター最大トルク:65Nm(6.6kgf・m)

注目されているスバルのマイルドハイブリッドe-BOXERです。

FB20型エンジン+e-BOXERについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FB20型エンジン+e-BOXERの詳細記事

新型スバル XVのトランスミッション

新型スバル XVでは、リニアトロニックが採用されています。

リニアトロニックはチェーン式CVTのことで、従来の金属ベルトとは違いチェーンを用いています。

CVTの変速ショックのないスムーズな加速と、チェーンによるダイレクトな加速感を両立しているスバル独自のトランスミッションです。

リニアトロニックについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

リニアトロニックの詳細記事

新型スバル XVのAWD方式

新型スバル XVのAWD方式は、現時点では明記されていないようですが、アクティブトルクスプリットAWDになるでしょう。

アクティブトルクスプリットAWDは、前後の駆動力配分を前70:後30にすることで、走行安定性を高めているモデルです。

アクティブトルクスプリットAWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

アクティブトルクスプリットAWDの詳細記事

e-BOXERは5代目フォレスターから搭載

スバルのマイルドハイブリッドであるe-BOXERは、5代目フォレスターから搭載されています。

ターボモデルのXTを廃止し、ハイブリッドモデルが登場したことで、従来のターボモデルファンは残念がりました。

しかし、マイルドハイブリッドの採用によって、スバル車には電気ターボという新しい選択肢が増えたことになります。

e-BOXERはハイブリッドではない?

どうやら、スバルはe-BOXERをハイブリッドモデルとはしていないようです。

スバル XVには今までXVハイブリッドがありました。

しかし、今回はXVハイブリッドの名前ではなく、スバル XVとしてe-BOXERを搭載します。

これは、e-BOXERはハイブリッドではないと明言したようなものでしょう。

燃費を向上させるハイブリッドではなく、あくまでもエンジンをアシストするモーターであることが前提条件のようです。

エンジンの不得意な部分をカバーするといえば正確でしょう。

e-BOXERのメリットは?

e-BOXERは、エンジンをアシストするモーターを搭載しています。

エンジンは内燃機関であり、ある程度回転数がなければトルクを生み出すことはできません。

したがって、低回転域ではエンジンの効率が著しく低下していしまいます。

それに対し、モーターは停止状態から電流を流してトルクを生み出すことができます。

低回転が苦手で高回転が得意なエンジンと、低回転で力を発揮するモーターを組み合わせることで、アクセルを踏んだ瞬間から遅れなく加速していくダイレクトな加速を愉しめるのがe-BOXERです。

新型スバル XV Advance専用装備

スバル XV Advanceは、新型スバル XVの最上級モデルとして登場します。

内外装に専用装備があるので、そちらもチェックしてみましょう。

エクステリア

まずはエクステリアからチェックしていきます。

フロントデザインはこんな感じです。

サイドから見るとこんな感じです。

バンパーやルーフ、ヘッドライトなどに専用装備があります。

・ヘッドライト

・フロントバンパーとグリル

・ルーフレール

・フォグランプ

・サイドスカート

・リアスポイラー

インテリア

次にインテリアを見てみましょう。

まずは運転席周りからです。

ブルーのインパネがアクセントとなっており、まるで海を連想させるようなインテリアです。

次に車内空間です。

シートも淡いブルーグレーになっており、次世代感を感じます。

インテリアの各部分にブルーステッチが入っています。

全体として、さわやかな内装といった感じでしょう。

メーターデザインはこんな感じです。

0km/hの位置を水平にすることで、視認性を向上させています。

スバル XV Advance e-BOXERのまとめ

ここまで、新型スバル XV Advanceのe-BOXERについてまとめてきました。

どの車速域からでもリニアに加速していく走りが愉しめるモデルです。

なお、燃費を重視する場合には、スバル XV Advanceはおすすめしません。

おそらく、スバルも燃費を気にして設計していないと思うので、燃費重視の方の場合、購入しても期待外れな結果となってしまうからです。

以上が、スバル XV Advanceに搭載されるe-BOXERのまとめです。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする