レガシィアウトバックの歴代モデル記事一覧

レガシィアウトバックの歴代モデル記事一覧

レガシィアウトバックは、スバルのフラッグシップモデルであるレガシィのSUVタイプのクルマになります。

4代目までは、レガシィツーリングワゴンをベースにSUV化していましたが、5代目からはレガシィツーリングワゴンの廃止に伴い、直接的なベース車両はなくなりました。

レガシィB4と基本骨格は同じなので、レガシィB4をワゴン化してSUV化したモデルと言えるでしょう。

レガシィアウトバックは、スバルの最上級SUVという位置づけとともに、5代目からは大型ワゴンとしての立ち位置も同時にカバーするモデルです。

5代目レガシィアウトバック(BF型)

5代目レガシィアウトバックは、4代目よりもさらに車両サイズが拡大され、SUVとしての風格がさらに増しました。

水平対向エンジン+シンメトリカルAWDに組み合わされるX-MODEは、悪路走破性能を強化し、さらなる走破性を高めています。

また、類稀な大型ワゴンとしての需要もカバーします。

5代目レガシィアウトバック(BS型)の詳細記事

4代目レガシィアウトバック(BR型)

4代目レガシィアウトバックは、BR型と呼ばれます。

サイズアップされたボディにオーバーフェンダーが装着され、SUVとしての風格が現れました。

その他、EyeSightの本格的な搭載や、エンジンが新世代BOXERのFB型が搭載され、新開発のリニアトロニックも採用されました。

また、歴代最後の水平対向6気筒3.6Lエンジン搭載車となり、ますます希少価値が増しているモデルです。

4代目レガシィアウトバック(BR型)の詳細記事

3代目レガシィアウトバック(BP型)

3代目レガシィアウトバックはBP型と呼ばれます。

アウトバックではめずらしいターボモデルが搭載されました。

その他、EyeSightが初搭載されたモデルでもあります。

高性能スポーツワゴンとして名高い4代目レガシィツーリングワゴンをベースにクロスオーバーSUVのアウトバックは、オンロード性能はもちろんのころ、オフロードでもシンメトリカルAWDの底力を発揮。

あらゆる路面での圧倒的な走破性を実現します。

3代目レガシィアウトバック(BP型)の詳細記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする