フォレスターの歴代モデル記事一覧

フォレスターの歴代モデル記事一覧

フォレスターはスバルの本格派クロカンSUVです。

水平対向エンジン+シンメトリカルAWDは、SUVの弱点である重心高を相殺し、

車体を引っ張るハイパワーターボエンジンに、X-MODEを搭載しており、オンロードからオフロードまで、走れない道はないでしょう。

オンロードでの性能は、どうしてもWRXシリーズやレガシィ、レヴォーグには劣りますが、悪路走破性能はスバル内で最強で、スバルの最上級SUVであるレガシィアウトバックよりも走破性は優れます。

5代目フォレスター(SK型)

フォレスターにおけるターボモデルの廃止は、スバリストの中でも衝撃が走りました。

置き換える形で登場したハイブリッドシステムe-BOXER。

環境性能と動力性能を両立する、新世代のパワートレインです。

5代目フォレスター(SK型)の詳細記事

4代目フォレスター(SJ型)

4代目フォレスターはSJ型と言われます。

新開発の280馬力を発揮する直噴ターボ”DIT”エンジンや、X-MODEを搭載しています。

世界5大陸10万km走破にチャレンジした「Forester Live」はスバリストの中では有名です。

4代目フォレスター(SJ型)の詳細記事

3代目フォレスター(SH型)

3代目フォレスターはSH型と呼ばれます。

デザイン上の特徴は鷹の目のデザインが採用されていることです。

また、トランスミッションで見れば、4代目フォレスターからはリニアトロニックというCVTが採用されていました。

したがって、多段ATモデルのフォレスターとしては最終型になります。

その他、後期型モデルでは水平対向4気筒2.5LターボのEJ25型ターボエンジンも採用され、大排気量ターボエンジンのゆとりのある走りを楽しめるモデルでもあります。

3代目フォレスター(SH型)の詳細記事

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする