WRX STI A-Line(GRF型、GVF型)について(エンジン、トランスミッションなど)

WRX STI A-Line(GRF型、GVF型)について

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきましてありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力を最大限に伝えられるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方も、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

さて、今回は、「鷹の目のインプレッサ」と言われたWRX STI A-Line(GRF型、GVF型)についてです。

エンジン、トランスミッションなどについてまとめます。

スポンサーリンク

WRX STI A-Line(GRF型、GVF型)の動画

まずはWRX STIのCMです。

A-LineだけのCMではありませんが、4 doorが登場した時のCMとなっています。

次に、WRX STI A-Lineの加速動画です。

こちらは0-100動画になります。

WRX STI A-Line(GRF型、GVF型)のエンジン

WRX STI(GRB型、GVB型)とは異なり、エンジンは2.5LターボであるEJ25ターボが搭載されます。

EJ25ターボのスペックは、

水平対向4気筒2.5L AVCSシングルスクロ-ルターボ

最高出力:221kW(300PS)/6200rpm

最大トルク:350Nm(35.7kgf・m)/2800-6000rpm

となります。

MTのWRX STI(GRB型、GVB型)とは異なり、ATであるため低速トルクを重視した結果、2.5Lターボになったようです。

WRX STI A-Line(GRF型、GVF型)のトランスミッション

WRX STI A-Line(GRF型、GVF型)のトランスミッションは5ATです。

現在のスバル車のATモデルはすべてリニアトロニック(チェーン式CVT)となっているため、スバル車で多段ATモデルを狙うなら、このWRX STI A-Line(GRF型、GVF型)が最新モデルとなります。

WRX STI A-Line(GRF型、GFV型)のエクステリアデザイン

次に、WRX STI(GRF型、GVF型)のエクステリアデザインです。

外観上の違いはMTモデルのWRX STIと同じです。

ATモデルでも、見た目はWRX STiと変わりません。

迫力のあるリアウィングと4本出しマフラーが魅力です。

WRX STI(GRF型、GVF型)のインテリアデザイン

こちらも、シフトレバーが5ATとなり、パドルシフトが装備されることを除いては、WRX STIのMTモデルと差はありません。

バケットタイプのシートも共通です。

スピードメーターもMTモデルのWRX STIと同じ真ん中に回転計が来るデザインです。

ATなので、エンジン回転数が最重要な情報ではないのですが、

スポーツ感を出すための共通デザインとなっています。

出展:http://www.carsensor.net/contents/testdrive/category_72/_10053.html

WRX STI A-Line(GRF型、GVF型)にはEyeSightは搭載されない。

WRX STI A-Line(GRF型、GVF型)には、スバルの安全装置であるEyeSightは搭載されません。

WRX STIとWRX STI A-Lineの違い

MTモデルのWRX STI(GRB型、GVB型)とWRX STI A-Line(GRF型、GVF型)の違いをまとめておきます。

まずは、エンジンとトランスミッションです。

これはすでにまとめました。

次にブレーキが異なります。

WRX STI(GRB型、GVB型)では、ブレンボが標準装備です。

下の写真はMTモデルのWRX STI(GRB型、GVB型)になるのですが、ホイールの中に金色のものが見えますね。

これがブレンボです。

対してWRX STI(GRF型、GVF型)では、片押しキャリパーになります。

ただし、オプションで選べば、WRX STI(GRB型、GVB型)と同じブレンボも搭載可能です。

その他に、リアウィングの有無です。

WRX STI(GRB型、GVB型)では、大型リアウィングが標準装備となりますが、

WRX A-Line(GRF型、GVF型)では、リアウィングがオプションになります。

これらのオプションを選べば、WRX STIとWRX STI A-Lineの外見上の違いは分からなくなります。

以上がWRX STI A-Line(GRF型、GVF型)のまとめです。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする