3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)について(シーケンシャルツインターボ搭載。ボクサーサウンドが聞ける最後のレガシィ。)

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)について(シーケンシャルツインターボ搭載。ボクサーサウンドが聞ける最後のレガシィ。)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、レガシィシリーズの中でもトップクラスの人気を誇る、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)についてまとめます。

スポンサーリンク

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の動画

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の試乗動画です。

動画中で、パワステは電動となっていますが、正確には油圧です。

水平対向エンジンのボクサーサウンドも聞こえ、まさにスバルといったレガシィですね。

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の加速性能

次に、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の加速動画です。

EJ20型シーケンシャルツインターボエンジン搭載の、GT-B E-Tuneのフル加速動画になります。

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のエンジン

次に、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のエンジンについて見ていきます。

EZ30型エンジン

水平対向6気筒 3.0L DOHC

最高出力:162kW(220PS)/6000rpm

最大トルク:289Nm(29.5kgf・m)/4400rpm

完全な回転バランスを誇る、水平対向6気筒エンジンのモデルです。

最高出力こそターボモデルには及びませんが、官能的なサウンドや滑らかな回転フィールは、ターボモデルに負けない魅力があります。

EZ30型エンジンの詳細は、次の記事にまとめました。

ぜひご覧ください。

EZ30型エンジンの詳細記事

EJ20型シーケンシャルツインターボエンジン

水平対向4気筒 2.0L シーケンシャルツインターボ

ATモデル

最高出力:191kW(260PS)/6000rpm

最大トルク:319Nm(32.5kgf・m)/5000rpm

MTモデル

最高出力:206kW(280PS)/6500rpm

最大トルク:343Nm(35.0kgf・m)/5000rpm

スバルのシーケンシャルツインターボエンジンです。

現在はシングルターボのツインスクロールターボエンジンが搭載されています。

したがって、タービンを2基搭載しているこのモデルは、かなり貴重なモデルといえます。

EJ20型ターボエンジンの詳細は、次の記事にまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ20型ターボエンジンの詳細記事

EJ25型エンジン

水平対向4気筒 2.5L DOHC

最高出力:125kW(170PS)/6000rpm

最大トルク:238Nm(24.3kgf・m)/2800rpm

5代目レガシィ(BR型)までずっと使われることになったEJ25型自然吸気エンジンです。

排気量にゆとりがあり、快適なドライブを楽しめるエンジンです。

EJ25型エンジンの詳細は、次の記事にまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ25型エンジンの詳細記事

EJ20型エンジン

DOHC ハイオク仕様

水平対向4気筒 2.0L DOHC

最高出力:114kW(155PS)/6400rpm

最大トルク:196Nm(20.0kgf・m)/3200rpm

SOHC レギュラー仕様

水平対向4気筒 2.0L SOHC

最高出力:101kW(137PS)/5600rpm

最大トルク:186Nm(19.0kgf・m)/3200rpm

EJ20型自然吸気エンジンには、DOHCのハイオク仕様と、SOHCのレギュラー仕様があります。

DOHCのハイオク仕様は、高回転馬力を獲得しており、エンジンを回して走る愉しさを感じられるモデルです。

一方で、SOHCのレギュラー仕様エンジンは、レギュラー対応による経済性の高さと、SOHCによる実用域でのトルクの太さが魅力のエンジンです。

EJ20型エンジンの詳細は、次の記事にまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ20型エンジンの詳細記事

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のトランスミッション

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のトランスミッションは、5MTと4ATです。

ターボモデルでは、MTモデルの場合には280馬力の最高出力を誇ります。

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の駆動方式

次に、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の駆動方式を見ていきます。

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の駆動方式は全モデルでAWDとなります。

このモデルから、FFモデルは廃止されました。

AWD方式としては、一部特別モデルを除き、アクティブトルクスプリットAWDが採用されました。

アクティブトルクスプリットAWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

アクティブトルクスプリットAWDの詳細記事

GT-Limitedなどでは、後輪の駆動力配分を大きくし、よりスポーツ性能を向上させたVTD-AWDが採用されました。

VTD-AWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

VTD-AWDの詳細記事

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のエクステリアデザイン

次に、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

低く抑えられたフロントフェイスは、水平対向エンジンだからこそできるデザインです。

全高を低く抑えることで、エンジンだけではなく、車両全体で重心を低く抑えることができます。

次にサイドビューです。

スポーツワゴンの風格が漂います。

フェンダーのあたりの造形に、タフさ、力強さを感じます。

最後に、リアデザインです。

ビルシュタインのエンブレム付きです。

横一直線に並んだレールライトのデザインは、水平対向エンジンの低重心さを表現しているのでしょう。

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のインテリアデザイン

次に、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

この当時は4本スポークのステアリングでした。

オーソドックスな内装といった感じ。

むしろ今のクルマがいろいろハイテク装備が満載なだけで、シンプルですっきりした内装ともいえます。

次に車内空間を見ていきます。

スバルの歴史とともに歩んできたツーリングワゴンは、車内空間の広さも魅力です。

後部座席の足元空間など、広く設計されているため長距離ドライブでも快適です。

3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の新車価格

最後に、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の新車価格についてまとめます。

この新車価格は、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)の最終ラインナップの新車価格となります。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
GT-B E-Tune Ⅱ EJ20型シーケンシャルツインターボ 4AT AWD 3,249,000円
5MT AWD 3,146,000円
GT 4AT AWD 2,914,000円
250S EJ25型 4AT AWD 2,752,000円
TS Type R EJ20型 DOHC

ハイオク仕様

4AT AWD 2,590,000円
5MT AWD 2,489,000円
BRIGHTN EJ20型 SOHC

レギュラー仕様

4AT AWD 2,482,000円
TX-S 4AT AWD 2,250,000円
5MT AWD 2,149,000円
TX 4AT AWD 2,158,000円
5MT AWD 2,057,000円
GT30 EZ30 4AT AWD 3,270,000円
Blitzen 6 4AT AWD 3,834,000円
Blitzen 2002Model EJ20型シーケンシャルツインターボ 4AT AWD 3,704,000円
5MT AWD 3,645,000円
TX-SⅡ EJ20型 SOHC

レギュラー仕様

4AT AWD 2,309,000円
5MT AWD 2,209,000円
GT-B Limited EJ20型シーケンシャルツインターボ 4AT AWD 3,092,000円
5MT AWD 2,989,000円
B SPORT EJ20型 SOHC

レギュラー仕様

4AT AWD 2,320,000円
5MT AWD 2,219,000円
GT-B Limited Ⅱ EJ20型シーケンシャルツインターボ 4AT AWD 3,119,000円
5MT AWD 3,016,000円
GT-B S Editon 4AT AWD 3,292,000円
5MT AWD 3,232,000円

ラインナップを見てもわかるように、EJ20型シーケンシャルツインターボエンジンや、水平対向6気筒エンジン、さらにはBlitzenと、魅力的なモデルが多いのが特徴です。

トランスミッション自体は、4AT、5MTであり、ATモデルでも多段化されていたり、MTモデルも6MTが周流の中、少し古い感じがしますが、昔ながらのクルマを操る楽しさを思う存分に味わうことができるモデルです。

個人的にお勧めなのは、シーケンシャルツインターボエンジンのモデルですね。

現行のスバルでは、すべてシングルターボのツインスクロールターボが採用されています。

そんな中で、ターボラグを消すために、シーケンシャルツインターボ化した昔ながらの技術に、今となっても魅力を感じるものです。

6気筒モデルであれば、後継モデルのBP型レガシィでもラインナップされていたので、そちらもチェックしてみてください。

以上が、3代目レガシィツーリングワゴン(BH型)のまとめです。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする