スバル EJ25型自然吸気エンジンについて

スバル EJ25型自然吸気エンジンについて

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、EJ25型自然吸気エンジンについてです。

EJ型エンジンは、スバルの代名詞的なエンジンであり、特にWRX STIに搭載されるEJ20型ターボエンジンは有名です。

EJ25型エンジンは自然吸気エンジンで、排気量2.LのEJ20型エンジンよりも排気量を増やすことで、

大排気量NAエンジンのゆとりを得ています。

そんなEJ25型自然吸気エンジンについて紹介します。

スポンサーリンク

EJ25型自然吸気エンジンの歴代スペック一覧

スバルのクルマは、2.0Lエンジンおよびターボを主力としているため、2.5Lモデルのクルマは歴代を通して非常に少ないです。

EJ25型自然吸気エンジンは、大きく分けて4種類あり、

SOHC、SOHC i-AVLS、DOHC、DOHC AVCS

があります。

SOHC

一般的なロッカーアーム式のSOHCエンジンで、3代目レガシィアウトバック(BP型)に初搭載されたエンジンです。

エンジン出力は、

最高出力:165PS/5600rpm

最大トルク:23.0kgf・m/4400rpm

となっていました。

使用燃料はレギュラーでした。

SOHC i-AVLS

3代目レガシィアウトバック(BP型)に搭載されたエンジンです。

その後、レガシィツーリングワゴンやレガシィB4にも搭載されました。

エンジンスペックは、

最高出力:177PS/6000rpm

最大トルク:23.4kgf·m/4400rpm

となっていて、使用燃料はすべてレギュラーであり、経済性に配慮されたエンジンでした。

このEJ25型エンジンは5代目レガシィ(アウトバックは4代目)(BR型、BM型)でも搭載されていました。

5代目レガシィに搭載されたEJ25型SOHCエンジンは、

最高出力:125kW(170PS)/5600rpm

最大トルク:229Nm(23.4Kgf・m)/4000rpm

となっていました。

こちらも同じくレギュラー仕様のエンジンです。

BP型、BL型のEJ25型より若干出力が下がっていますが、最大トルク活性回転数が4400rpmから4000romになっているので、実用域での低速トルクを重要視した設定なのだといえます。

実際に、レガシィはBP型、BL型とBR型、BM型では、車両サイズ拡大により、車両重量が増えている影響もあるでしょう。

この後、BR型、BM型レガシィは後期型になり新開発のFB25型エンジンが搭載され、EJ25型はラインナップから外れました。

DOHC

2代目レガシィに搭載されたエンジンです。

最高出力:160PS/6000rpm

最大トルク:21.5kgf・m/2800rpm

その語、1996年のマイナーチェンジで

最高出力:175PS/6,000rpm

最大トルク:23.5kgf·m/3,800rpm

使用燃料はハイオクとなっています。

になりました。

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%82%A3

DOHC AVCS

3代目レガシィに初搭載されたエンジンです。

エンジンスペックは、

最高出力:167PS/6000rpm

最大トルク:24.0kgf・m/2800rpm

でした。

2001年マイナーチェンジでスペックが変わり、

最高出170PS/6,000rpm

最大トルクは24.3kgf・m/2,800rpm

となり、全回転域でトルクが上昇する形で出力が向上しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする