スバルEZ30型エンジンについて(スバルの隠れた魅力!最高の回転バランスを有する水平対向6気筒エンジンの滑らかさと大排気量自然吸気エンジンのゆとり)

スバルEZ30型エンジンについて(スバルの隠れた魅力!最高の回転バランスを有する水平対向6気筒エンジンの滑らかさと大排気量自然吸気エンジンのゆとり)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、スバルEZ30型エンジンについてです。

EZ30型エンジンは、水平対向6気筒エンジンなのですが、このエンジンは完全な回転バランスを誇るエンジンとして、スバルの隠れた魅力になっています!

スバルといえばターボ車!というイメージも強いと思いますが、この記事では、水平対向6気筒自然吸気エンジンも魅力的であることをお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

EZ30型エンジンのサウンド

では、早速ですがEZ30型エンジンのサウンドを聞いてください!

2重奏のような心地よいサウンドが聞こえてきます。

ちなみにこの動画はレガシィ3.0Rの0-140km/h加速の動画になります。

EZ30型エンジンの歴代スペック

ここで、歴代のEZ30型エンジン搭載モデルと、そのエンジンスペックについてまとめます。

スバルは2.0Lエンジンとそのターボモデルを主力としているため、水平対向6気筒エンジン搭載モデルは非常に少ないです。

また、EJ20型エンジンにはSOHCやDOHCなどの種類が豊富でしたが、EZ30型エンジンはDOHCのみです。

なお、EZ30型エンジンは、下の写真のような「H6」と書いた専用のエンジンカバーも装着されます。

ちなみにH6とは水平対向6気筒エンジンのことです。

出展:http://autoc-one.jp/subaru/legacy_touringwagon/report-143348/photo/0003.html

3代目レガシィシリーズ

最高出力220ps(162kW)/6000rpm

最大トルク29.5kg・m(289N・m)/4400rpm

はじめは3代目レガシィシリーズに搭載されました。

4代目レガシィシリーズ

最高出力:184 kW(250PS)/6600rpm

最大トルク:304 Nm(31.0kgf・m)/4200rpm

4代目レガシィにも搭載されました。

3代目レガシィのエンジンが改良されて、AVCS・ダイレクト可変バルブリフト機構が搭載されました。

その結果、最高出力は250PSに向上しました。

また、日本国内向けのレガシィツーリングワゴン、B4においては、このモデルのレガシィが最後の6気筒搭載モデルになります。

アウトバックに関しては、4代目レガシィアウトバック(BR)型において、排気量が拡大され、レギュラー仕様となり経済性が考慮されたEZ36型エンジンが搭載されます。

なお、海外向けには、レガシィアウトバック、レガシィB4で上記のEZ36型エンジンが引き続き搭載されています。

日本向けの水平対向6気筒エンジンの復活はあるのか?

このように、魅力満載の水平対向6気筒エンジンですが、現在は日本国内では販売していません。

海外向けモデルには、レガシィB4やアウトバックでEZ36型エンジンが搭載されていますが、海外(特にアメリカ)と日本では、排気量のスケールが全く違うため、海外モデルでは販売していても日本国内では売れないと判断したのでしょう。

もしかしたら特別モデルなどで海外向けアウトバックが国内販売されたりする可能性もあるので、それを期待してこれからのスバルに注目していきましょう!

以上が、EZ30型エンジンのまとめになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする