WRX S4 tSについて(特別装備、ブレンボ、NBR CHALLENGE PACKAGEなど)

WRX S4 tSについて(特別装備、ブレンボ、NBR CHALLENGE PACKAGEなど)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、WRX S4 tSについてです。

tSは、STIによるライトチューンモデルです。

スポンサーリンク

WRX S4 tSの動画

まずはWRX  S4 tSの動画を見てみましょう。

WRX S4 tSのフル加速動画を紹介します。

エンジン性能は、べースのWRX S4と全く同じです。

エンジンの高回転化と、リニアトロニックのクロスレシオ制御により、最高出力発生回転数の5600rpm前後での加速が可能になっています。

WRX S4 tSのエンジン性能

WRX S4 tSには、べースのWRX S4と同じFA20″DIT”が搭載されます。

FA20″DIT”

水平対向4気筒 2.0L 直噴ターボ”DIT”

最高出力:221kW(300PS)/5600rpm

最大トルク:400Nm(40.8kgf・m)/2000-4800rpm

エンジンスペックとしては、べースモデルのWRX S4と変わりありませんが、吸排気系の抵抗低減により、過渡トルクが10%程度向上しています。

その他、これはべースモデルのWRX S4と共通事項ですが、レガシィDITから搭載されたFA20″DIT”から、エンジンスペックはそのままに、レブリミットが引き上げられました。

これにより、リニアトロニックのステップ制御において、より最高出力発生回転数の5600rpm付近を維持しながら加速することができるようになりました。

FA20″DIT”については、次の記事で詳細をまとめています。

ぜひご覧ください。

FA20″DIT”の詳細記事

WRX S4 tSのトランスミッション

WRX S4には、スポーツリニアトロニックが搭載されます。

これもべースのWRX S4と同じですが、WRX S4 tSにはCVTオイルクーラーが搭載されます。

これにより、サーキット走行時の熱に強くなっています。

リニアトロニックについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

リニアトロニックの詳細記事

WRX S4 tSのAWDシステム

WRX S4のAWDシステムは、VTD-AWDが搭載されます。

これは完全にべースモデルのWRX S4と同じです。

VTD-AWDは前後駆動力配分を前45:後55に設定しており、前輪の負担を減らすことで回頭性を高めたAWDシステムです。

VTD-AWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

VTD-AWDの詳細記事

WRX  S4 tSのエクステリアデザイン

WRX S4 tSのエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

大型のドライカーボンフロントアンダースポイラーが目を引きます。

その他には、フロントグリルのSTIエンブレムが光ります。

WRXシリーズなら、これぐらい攻めたデザインの方が似合います。

次にサイドビューです。

BBS製の19インチホイールが印象的です。

さらに、ブレンボが走行性能高さを強調します。

鍛造ホイールの細いスポークと、その中から見えるブレンボという組み合わせが絶妙です。

最後にリアデザインです。

べースモデルのWRX S4の「S4」エンブレムは装備されないため、一目でS4とはわからず、どちらかといえばWRX STIに見えます。

WRX STIとの違いは「tS」のエンブレムの有無でしょう。

WRX S4 tSのインテリアデザイン

WRX S4 tSのインテリアデザインを見ていきます。

まずはインテリアデザインです。

チェリーが内装のアクセントになります。

その他に、ステアリングには「STI」のエンブレムがあり、メーター内にも同じく「STI」のエンブレムが装備されます。

その他、後述しますが内装の素材も特別装備になっています。

次に車内空間についてです。

ベースグレードのWRX S4とは違いバケットシートが装備されます。

ホールド性はバケットシートが優れますが、

実用面では普通のシートの方がなにかと便利なので、

好みの出る部分ではないでしょうか?

WRX S4 tSの安全装備

次に、WRX S4 tSの安全装備を見ていきます。

WRX S4 tSの安全装備としては、先進の運転支援システムであるEyeSightが搭載されます。

EyeSightはルームミラーの横の2つのステレオカメラで常に前方を監視し、障害物を認しくすると自動ブレーキが作動するシステムです。

その他、高速道路や渋滞での運転負荷を軽減するクルーズコントロールも備えます。

EyeSightについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

EyeSightの詳細記事

また、アドバンスドセイフティパッケージも搭載されます。

アドバンスドセイフティパッケージは、スバルリヤビークルディテクションとハイビームアシストなどから構成されます。

スバルリヤビークルディテクションは、死角に入ったクルマを見落とさないように、サイドミラーで車両接近をお知らせする装置です。

ハイビームアシストは、対向車を検知すると、対向車がまぶしくないように自動で光を調整ツするシステムです。

これらについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

スバルリヤビークルディテクションの詳細記事

ハイビームアシストの詳細記事

WRX S4 tSの特別装備

WRX S4は2グレードで展開されており、通常モデルのWRX S44 tSと、WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGEが存在します。

まずは、通常モデルのWRX S4 tSの特別装備を見ていきます。

WRX S4 tSの特別装備

STI製ビルシュタインフロントストラット(DampMatic®II、倒立式)&コイルスプリング

STI製フレキシブルタワーバーフロント

STI製フレキシブルドロースティフナーフロント

STI製ピロボールブッシュ・リヤサスリンク(ラテラルリンクフロント内側、ラテラルリンクリヤ内側)

brembo製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)

STI 製本革巻シフトレバー(STI ロゴ入り)+ピアノブラック調加飾パネル

STI製RECAROバケットタイプフロントシート

インパネ加飾パネル(レッド)&オーナメント(tS LIMITED EDITION)

大型フロントアンダースポイラー(艶ありブラック)

NBR CHALLENGE PACKAGEの特別装備

上位グレードのWRX  S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGEでは、さらに次の装備が追加されます。

ウルトラスエード巻ステアリングホイール

STI製BBS 19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(ブラック)

NBR CHALLENGE PACKAGE専用エンブレム(リヤ)

STI製ドライカーボンリヤスポイラー(STIロゴ入り)

WRX S4 tSの新車価格

最後に、WRX S4 tSの新車価格についてまとめます。

グレード エンジン 駆動方式 価格
WRX S4 tS FA20″DIT” AWD 4,968,000円
WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE 5,292,000円

グレード体系は、ベースモデルのWRX S4 tSと、その上位モデルのWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGEです。

おすすめグレードですが、せっかくWRX S4 tSというスペシャルモデルを購入するなら、カーボンパーツを多用したNBR CHALLENGE PACKAGEを選びたいですね。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする