STIのコンプリートカー S206について(STI究極の「S」の称号、NBRクラス優勝記念のNBR CHALLENGE PACKAGEもラインナップ)

STIのコンプリートカー S206について(STI究極の「S」の称号、NBRクラス優勝記念のNBR CHALLENGE PACKAGEもラインナップ)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、STIのコンプリートカーである、S206についてです。

STIコンプリートカーの最高峰の称号である「S」が与えられた究極のロードカーであるS206。

NBRクラス優勝記念として、S206 NBR CHALLENGE PACKAGEもラインナップされ、発売開始と同時に予約で埋まりました。

今回は、S206について、その詳細をまとめていきます。

スポンサーリンク

S206の走行動画

まずは、S206の動画を見ていきます。

この動画は、S206の試乗インプレッションです。

S206の走行シーンや、サウンドも聞けるのでおすすめです。

また、解説が素晴らしく、「スポーツカーとはどういうものか?」ということが明確に表現されているので、ぜひ一度ご覧ください。

S206のサウンド

次にS206のサウンドです。

重低音の効いた重厚感のあるサウンドになっています。

低回転から高回転まで、爆音ではなく落ち着いたサウンドのようです。

S206のサウンドに注目している方は次の動画をご覧ください。

S206のエンジン

次に、S206のエンジンを見ていきます。

EJ20型ターボエンジン

水平対向4気筒 2.0L デュアルAVCSツインスクロールターボ

最高出力:235kW(320PS)/6400rpm

最大トルク:431Nm(44.0kgf・m)/3200-4400rpm

ボールベアリングやECUのチューニングによって、最高出力は320馬力にまで高められています。

ターボチャージャーボールベアリングを用いることでフリクションロスが減り、その分過給効率が上がります。

結果的に、ターボラグの低減と、最高出力、最大トルクの向上も実現しています。

EJ20型ターボエンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ20型ターボエンジンの詳細記事

S206のトランスミッション

S206のトランスミッションは、べースのWRX STIと同じ6MTです。

よく、WRX STIにDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)は搭載されないのか?という話を聞きますが、

WRX STI自体が「クルマを操る愉しさ」を最大のコンセプトにしているため、MTモデルのみの設定となり、今後もDCTの搭載予定はないとのことです。

S206のAWDシステム

S206には、べースモデルのWRX STIと同じDCCD-AWDが搭載されます。

DCCD-AWDは、機械式と電子制御のLSDを搭載しています。

前後のトルク配分は41:59で、機械式LSDでは、遅れのないリニアな制御が可能なトルク感応機械式、

電子制御LSDでは、緻密な制御を可能にしており、

S206のような大きな駆動力を発揮する車でも安定して走ることができるAWDシステムです。

DCCD-AWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

DCCD-AWDの詳細記事

S206のエクステリアデザイン

次に、S206のエクステリアデザインを見ていきます。

まずは、S206のフロントデザインです。

フロントグリルのS206のエンブレムが光ります。

大型のフロントアンダースポイラーの効果もあって、低く構えたフロントフェイスが印象的です。

次に、S206のサイドビューです。

19インチにインチアップされたBBS製鍛造ホイールが、スポーツ感を際立たせます。

フロントにあるエアダクト類が、高性能の証です。

最後に、S206のリアデザインです。

この写真はS206 NBR CHALLENGE PACKAGEになるので、カーボンリアウィングを搭載しています。

リアのS206のエンブレムが、限定モデルの証。

フォグランプがマフラーの高さにあり、低く構えたリアデザインで安定感を強調しています。

また、S206 NBR CHALLENGE PACKAGEは、カーボンリアウィングの搭載によって本物の質感を手に入れ、本気のスポーツカーを印象付けるリアデザインです。

S206のインテリアデザイン

次にS206のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから見ていきましょう。

インパネにはピアノブラックが用いられ、S206のエンブレムが装備されます。

ちょっとしたドライブでも、いつでも特別なものにしてくれるのが、限定車の魅力です。

次に車内空間を見ていきます。

本革やアルカンターラが採用されており、スポーツ性能だけではなく、本物の質感にまでSTIのチューニングが施されています。

S206の特別装備

次にS206の特別装備を見ていきます。

S206(標準モデル)の特別装備

まずは、標準モデルのS206の主な特別装備についてまとめます。

STIチューニング・ビルシュタイン製フロントストラット(倒立式)、リアダンパー&STI製コイルスプリング

STIチューニングのサスペンションが搭載されます。

S206はハンドリングや乗り心地にも力が入っており、WRX STIのコンセプトである、「強靭でしなやかな走り」をより強化しています。

S206専用BBS製19インチ ×8 1/2J鍛造アルミホイール(シルバー)

WRX STIではおなじみのBBS製鍛造ホイールが装備されます。

サイズは、標準モデルのWRX STIからインチアップがされており、19インチの鍛造ホイールとなっています。

タイヤは、ミシュラン パイロット・スーパー・スポーツとなっていて、サイズは245/35 ZR19です。

フロント・モノブロック対向6ポットブレーキキャリパー(brembo製、シルバー塗装、STIロゴ入り)&18インチ2ピースタイプドリルドディスクローター(brembo製)

標準モデルのWRX STIにもブレンボは搭載されていますが、S206は18インチの大径ベンチレーテッドディスクブレーキであることに加え、対向6ポットキャリパー搭載(標準のWRX STIでは4ポット)により、より強力な制動力を発揮します。

一般的にキャリパーのピストン数が増えると、ブレーキパッドの面圧が均一になるために、最大限のブレーキ性能が発揮できます。

また、ドリルドディスクローターの採用により、さらに放熱性も向上しており、サーキットでの過負荷走行でも安定した制動力を発揮できます。

リヤ・モノブロック対向4ポットブレーキキャリパー(brembo製、シルバー塗装、STIロゴ入り)&18インチドリルドディスクローター(brembo製)

リアにもブレンボが搭載されております。

標準モデルのWRX STIでは対向2ポットに対し、S206では4ポットになっています。

リアにも18インチドリルドディスクローターが採用されるため、フロント、リア共にブレーキ性能の強化はかなり大きいです。

STI製フレキシブルタワーバー・フロント

STI製のフロントストラットをつなぐタワーバーです。

縦方向の衝撃をいなしながら、横方向には車両の剛性を上げるパーツで、旋回性能の向上に貢献します。

STI製フレキシブルドロースティフナー・フロント、STI製サポートフロント

STI製フレキシブルドロースティフナーは、車体に引っ張り応力をかけることにより、シャーシーのしなりを補正するパーツです。

STIサポートは、車両の剛性をアップさせるパーツです。

STI製フレキシブルサポート・リヤ

リアのSTI製フレキシブルサポートです。

STI製ピロボールブッシュ・リヤサスリンク(ラテラルリンクフロント内側、ラテラルリンクリヤ内側)

リアサスペンションの動作を円滑にし、後輪の応答遅れを軽減するパーツです。

S206専用バランスドエンジン

S206専用にバランスされたエンジンです。

このエンジンだけでも、S206を選ぶ価値は十分にあると思います。

また、ECUもS206の専用チューニングになっています。

S206専用ボールベアリングツインスクロールターボ

ボールベアリングのターボチャージャーを用いることで、フリクションロスを軽減し、過給レスポンスの向上と、最高出力、最大トルクの向上を実現します。

S206専用低背圧スポーツマフラー

S206専用セッティングの低背圧マフラーにより、全体的なトルクの向上と、高回転での吹け上がりの良さを実現しています。

S206ロゴ入り大型インタークーラー

大型インタークーラーにより、過給空気の冷却を促進し、エンジン性能を最大限に発揮できます。

S206のロゴ入りで、エンジンルームを開けるたびに、所有する喜びを味わえます。

S206専用RECARO製バケットタイプフロントシート

バケットシートが採用され、スポーツ走行時のホールド性にも貢献します。

RECARO製による質感の向上にも貢献しています。

S206専用シート素材

シート素材にはS206専用のものが用いられ、アルカンターラ、本革、シルバーステッチが採用されています。

S206専用ピアノブラック塗装インストルメントパネル(S206ロゴ入り)

内装パネルにはピアノブラックが採用され、S206のロゴも入り、限定モデルの高級感も満載です。

S206専用シートベルト(ダークレッド)

シートベルトのカラーはダークレッドです。

S206専用サイドシルプレート(フロント、シルバー、S206ロゴ入り)

ドアを開けるたびに目に入るサイドシルプレートにも、S206のロゴが入っています。

STI製ロゴ入り本革巻MTシフトノブ&本革シフトブーツ

MT車なので触れる機会の多いシフトノブも本革です。

高級感のある触り心地を実現しています。

STI製プッシュエンジンスイッチ(レッドタイプ、STIロゴ入り)

プッシュスイッチはレッドで、STIのロゴも入っています。

S206専用シリアルナンバープレート(コンソール、エンジンルーム内)

シリアルナンバ―プレートが、世界に300台しかないS206の象徴です。

プレミアムアクセサリー(S206専用リアルカーボンアクセント付本革車検証ケース、S206専用本革アクセスキーカバー、STI製カーペットマット)

アクセサリーパーツもS206専用品です。

写真はフロアカーペットです。

S206専用大型フロントアンダースポイラー

高速走行時の安定性に寄与するエアロパーツです。

フロントフェイスを重心の低い印象にする効果もあります。

S206専用フロントフェンダーアウトレットグリル

高出力エンジンを搭載するS206のエンジンを冷却用するためのダクトです。

STI製トランクスポイラー

リアでダウンフォースを生み出し、高速走行時の安定性を確保するためのエアロパーツです。

その他の主な特別装備パーツとしては、次のものがあります。

STI製強化シリコンゴム製インテークダクト

STI製エアクリーナーエレメント

S206専用マルチモードVDC

S206専用ドアトリム&センターアームレスト(ブラックアルカンターラ、シルバーステッチ)

S206専用高級革巻ステアリングホイール(STIロゴ入り、シルバーステッチ)

S206専用本革ハンドブレーキブーツ

アルミ製フロントフード

S206リヤオーナメント

STIエンブレム付サイドガーニッシュ(ブラック)

カラードリヤガーニッシュ

電動格納式リモコンカラードドアミラー(金属調シルバー、LEDサイドターンランプ付)

S206 NBR CHALLENG PACKAGEの特別装備

次に、S206 NBR CHALLENGE PACKAGEの特別装備を見ていきます。

まず、S206 NBR CHALLENGE PACKAGEの外観は次のようになっています。

まずはフロントです。

ルーフにカーボンが採用されています。

次にリアです。

大型のリアウィングが印象的です。

では、S206 CHALLENGE PACKAGEの特別装備を見ていきます。

カーボンルーフ

専用ドライカーボン製リヤスポイラー(角度二段調整式、S206ロゴ入り)

専用BBS製19インチ ×8 1/2J鍛造アルミホイール(ブラック)

専用NBR CHALLENGEデカール(リヤ)

S206専用サイドシルプレート(フロント、レッド、S206ロゴ入り)

S206の新車価格

最後に、S206の新車価格についてまとめます。

グレード エンジン トランスミッション 価格
S206 EJ20型ターボ

(S206専用

バランスドエンジン)

6MT 5,407,500円
S206

NBR CHALLENGE PACKAGE

5,932,500円

S206には、S206と、S206 NBR CHARENNGE PACKAGEがラインナップされ、合計で300台限定、またそのうちの100台限定でS206 NBR CHALLENGE PACKAGEが販売されました。

特に、S206 NRR CHARRENGE PACAKEGは発表と同時に予約が完了するほどの人気であり、入手するのはかなり難しいモデルです。

最後に、おすすめのグレードについて書きますが、やはり大型のカーボンリアウィングを搭載したS06 NBR CHALLENGE PACKAGEの方がおすすめです。

戦闘的なスタイルはスポーツカーそのものであり、究極のSTIコンプリートカーである「Sシリーズ」にはふさわしいと思います。

ただ、あまりにも台数が少なすぎるので、入手が難しいのが難点です。

標準モデルのS206であっても、バランスドエンジンなどは魅力があるため、STIコンプリートカーを味わうには十分なモデルです。

以上が、S206のまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする