WRX STI tS(2010年モデル)について。カーボンルーフ採用。AT限定免許でも乗れるA-Lineの限定車も登場。

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイトを目指し、運営しています。

今回は、WRX STI tS(2010年モデル)について。

WRX STI(2010年モデル)のトピックとしては、

  • カーボンルーフの採用
  • WRX STI史上初のA-Line(AT車)の限定モデル

となります。

ハイスペックな装備に加え、誰でも楽しめるような車になっているのも魅力です。

なお、WRX STI tSは、4doorモデル(セダン)のみがラインアップされています。

5doorモデル(ハッチバック)では、限定モデルとしての販売はありませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク

WRX STI tS(2010)の動画

WRX STI tSのワインディングの走行動画&インプレッションがありました。

STIの辰巳氏によると、カーボンの採用により硬さとしなやかさを獲得。

さらに通常モデルののWRX STIと比べて15kg軽量になり、軽やかなハンドリングが楽しめます。

WRX STI tS(2010)のスペック

WRX STI tS(EJ20型ターボ 6MT)

水平対向4気筒 2.0L ターボ(EJ20型ターボ

  • 最高出力:227kW(308PS)/6400rpm
  • 最大トルク:430Nm(43.8kgf・m)/3200rpm

トランスミッション:6MT

AWD方式:DCCD-AWD

MTモデルとなるWRX STI tSには、EJ20型ターボエンジンが採用されています。

通常モデルのWRX STIと同じエンジンスペックとなりますが、タービンにボールベアリングを採用することで、アクセルレスポンスが向上しているエンジンです。

AWD方式はWRX STI専用装備のDCCD-AWDが採用されています。

WRX STI A-Line tS(EJ25型ターボ E-5AT)

水平対向4気筒 2.5L ターボ(EJ25型ターボ

  • 最高出力:221kW(300PS)/6200rpm
  • 最大トルク:350Nm(35.7kgf・m)/2800-6000rpm

トランスミッション:E-5AT

AWD方式:VTD-AWD

ATモデルとなるWRX STI A-Line tSでは、EJ25型ターボが採用されています。

2800rpmから6000rpmと、幅広い回転域でフラットなトルクを発揮するのがポイント。

MTモデルと比較すると、AWDシステムなどに違いがありますが、イージードライブで誰でも運転を楽しめるのがポイント。

WRX STIのAT車で限定モデルが登場するのは珍しいので、貴重な一台になります。

WRX STI tS(2010)のエクステリアデザイン

次に、WRX STI tS(2010)のエクステリアデザインを見ていきます。

フロントアンダースポイラーと18インチ鍛造アルミホイールは特別装備です。

サイドから見ると通常モデルのWRX STIと大きく変わりませんが、チラッと見えるカーボンルーフが、只者ではないポテンシャルの高さを醸し出しています。

ボンネットにある大きなエアインテーク。

このボンネットの下には、ターボチャージャーにボールベアリングを採用した専用設計のエンジンが収まっています(EJ20型ターボのみ)。

WRX STI tS(2010)のインテリアデザイン

次に、WRX STI tS(2010)のインテリアデザインを見ていきましょう。

インテリアの様々な場所にSTIのロゴがあります。

なお、下の写真ではわかりにくいですが、

  • シフトレバー(MT車)
  • セレクトレバー(AT車)
  • プッシュエンジンスタートボタン

は専用装備のデザインとなっています。

なお、後述しますが、MTモデルとなるWRX STI tSには、RECARO製シートが標準装備になります。

※WRX STI A-Line tSにはオプション設定です。

WRX STI tS(2010)の特別装備

STIチューニング倒立式ストラット&STI製スプリング

STIチューニングのストラットと、STI製のチェリーレッドのスプリングが装備されています。

フレキシブルタワーバー

今ではSTIのおなじみパーツになっているフレキシブルタワーバーです。

フレキシブルサポート

4輪の接地性を高めるSTIのオリジナルパーツです。

フレキシブルドロースティフナー

適度なテンションをかけることでしなりを補正します。

4輪の接地性を高めるパーツです。

フロントアンダースポイラー

フロントのダウンフォースを発生させ、高速域での安定性を向上させるエアロパーツです。

また車全体が低く構えたデザインに見えることにより、スポーツカーとしてのシルエットが際立ちます。

STI製18インチ鍛造アルミホイール

STI製18インチ鍛造アルミホイールが採用されています。

鍛造ホイールの採用によりばねした重量の軽量化に貢献します。

カーボンルーフ

WRX STI tS 2010年モデルの一番の特徴であるカーボンルーフです。

WRX STI tSおよびATモデルのWWRX STI A-Line tSの両方で標準装備となります。

ベースとなるWRX STI比で15kgの軽量化を実現し、より低重心になりました。

また、硬さとしなりを持つカーボンルーフの採用で、15kgの軽量化以上のハンドリングの良さを体感できます。

RECARO製シート(アルカンターラ&本革)

RECARO製のシートが採用されており、アルカンターラ&本革で質感にもとことんこだわったシートになっています。

RECARO製シートは、MTモデルのWRX STI tSでのみ標準装備となります。

ATモデルのWRX STI A-Line tSではオプション設定となっています。

ご注意ください。

サイドシルプレート

フロントのサイドシルプレートには「tS」のロゴが入ります。

乗り込むたびに、所有する喜びを感じることができます。

特別装備一覧

その他の特別装備を一覧で紹介します。

足回り・メカニズム

  • STIチューニング・倒立式フロントストラット、STI製スプリング
  • STIチューニング・リヤダンパー、STI製スプリング
  • STI製18インチ 8.5Jアルミホイール
  • STI製フレキシブルタワーバー・フロント
  • STI製サポートフロント
  • STI製フレキシブルドロースティフナー・フロント
  • STI製フレキシブルサポート・リヤ
  • STI製ピロボールブッシュリヤサスリンク(ラテラルリンクフロント内側・ラテラルリンクリヤ内側)
  • ボールベアリングツインスクロールターボ(WRX STI tSのみ)

エクステリア

  • カーボンルーフ
  • アルミ製フロントフード
  • STI製フロントアンダースポイラー
  • STI製トランクスポイラー
  • 専用tSオーナメント(フロント・リア)
  • 専用STIオーナメント(リア)

インテリア

  • STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
  • STI製本革巻MTシフトノブ(STIロゴ入り)(WRX STI tSのみ)
  • STI製本革巻ATセレクトレバー(STIロゴ入り)(WRX STI A-Line tSのみ)
  • RECARO製バケットタイプフロントシート(アルカンターラ/本革、STI黒刺繍ロゴ入り、専用赤ステッチ入り)(WRX STI tSのみ。WRX STI A-Line tSにオプション設定)
  • 専用バケットタイプフロントシート(ブラックレザー、STI黒刺繍ロゴ入り、専用赤ステッチ入り)(WRX STI A-Line tSのみ)
  • STI製サイドシルプレート(フロント、tSロゴ入り)
  • STI製オリジナル本革製アクセスキーカバー(赤色)

WRX STI tS(2010)の新車価格

最後に、WRX STI tSの新車価格を紹介します。

グレード エンジン トランスミッション AWD方式 新車価格
WRX STI tS EJ20型ターボ 6MT DCCD-AWD 4,725,000円
(参考)
WRX STI
EJ20型ターボ 6MT DCCD-AWD 3,916,000円
WRX STI A-Line tS EJ25型ターボ E-5AT VTD-AWD 4,221,000円
(参考)
WRX STI A-Line
EJ25型ターボ E-5AT VTD-AWD 3,300,000円

WRX STI tSおよびWRX STI A-Line tSの新車価格は、ベースモデルと比較して、80~90万円ほど高くなっています。

このWRX STI tSのメイン装備であるカーボンルーフについては本当にコストのかかる部分です。

スバルと東レの共同で開発した新製品ですし、溶接等のルーフ部分のボディの組み立ても、おそらく普通車とは異なる生産ラインになるでしょう。

それだけ手間や開発費がかかっていながら、価格差が100万円以内に収まっているので十分コストパフォーマンスは高いと言えるのではないでしょうか。

まとめ

ここまで、WRX STI tS(2010年モデル)について紹介してきました。

WRX STI tS(2010年モデル)の一番のトピックは、カーボンルーフの採用です。

当たり前ですが、スバル以外の車でみても、カーボンルーフを装備している車なんてほぼ存在しません。

それだけ希少なモデルです。

※次にカーボンルーフを採用したモデルは、S208(MTモデルのみ)になります。

WRX STI tS 2010年モデルでは、こうしたハイスペックな装備を備えつつ、A-LineのATはイージードライブで楽しめるなど、様々なシーンで活躍できる一台に仕上がっています。

2010年と言えば、ちょうどスバルが「Confidence in Motion」をキャッチフレーズにし始めたころです。

このキャッチフレーズに込められた、「積極的な革新」を体現した一台と言えるかもしれませんね。

以上、WRX STI tS 2010年モデルについて、参考になれば幸いです。

おすすめ!

無料で中古車を探せるサービスです。
理想の車がなかなか見つからないときは利用してみてください。
なお、非公開車とは好条件の車など、順番待ちなどでネットで公開される前に売れてしまう車のことです。

登録して待てば条件に合う非公開車両を紹介してくれる無料サービス。
限定車や年式の古い好条件の車を探すのに最適です。
公式サイト
業界最大級の中古車展示サイト
定期的にチェックしていると、理想の車が見つかるかもしれません。
無料で販売店への見積もり依頼が可能なので、迷ったら積極的に利用していきましょう。
公式サイト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする