BRZ tS(2015年)について(限定色のサンライズイエロー、特別装備のブレンボなどについて)

BRZ tS(2015年)について(限定色のサンライズイエロー、特別装備のブレンボなどについて)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、BRZ tSの2015年モデルについてです。

何といってもトピックスは限定色のサンライズイエローでしょう。

こういう限定車に乗るなら標準では選べないカラーが魅力的になってきますが、

今回は特別塗装色が、なんとイエローです!

クルマ好きならだれもは一度は憧れたであろう、パステルカラーのスポーツカー!

それがこのBRZ tSのサンライズイエローなのです!

では、特別装備も含めてまとめていきます。

スポンサーリンク

BRZ tSの動画

BRZの動画を紹介します。

スバル公式の、BRZ tSの試乗動画がありました。

筑波サーキットでアタックしています。

解説も詳しくてわかりやすいですが、何よりBRZ tSのサウンドが心地いいですね。

BRZの加速性能

次にBRZの加速性能を見てみましょう。

後で書きますが、tSシリーズは、STIによって足回りやハンドリングが磨かれたモデルであり、エンジン性能そのものはベースモデルと変わりません。

したがって、加速性能自体はベースのBRZと同じになります。

この動画はBRZの0-240km/h加速になります。

BRZ tSのエンジン

BRZ tSのエンジンは、標準モデルのBRZと同じです。

FA20型自然吸気エンジン

水平対向4気筒 2.0L DOHC

最高出力:147kW(200PS)/7000rpm

最大トルク:205Nm(20.9kgf・m)/6400-6600rpm

出展:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/709044.html

tSモデルは、標準モデルに対して、STIが専用パーツを装備することで、足回りやハンドリングをチューニングしたモデルです。

よって、スバルの限定車の中でも、Sシリーズのようなエンジンへの専用チューニングはありません。

FA20型自然吸気エンジンは、なんと7000rpmまで回る類稀な高回転型エンジンです。

これは、MTで自在にエンジンを操りながら走るのが楽しいクルマです。

MTで、エンジン回転の上昇とともに、加速していく感覚は、BRZでしか味わえない爽快なフィーリングです。

FA20型自然吸気エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FA20型自然吸気エンジンの詳細記事

BRZ tSのトランスミッション

BRZのトランスミッションは、6MTとE-6ATです。

6MTはスバル製のトランスミッションです。

一方のE-6ATはトヨタ製のトランスミッションになります。

E-6ATは、MTモード付のトランスミッションになるので、本気で走るときにはMTモードで、ゆったりと流すときにはDレンジといった選択も可能です。

しかし、BRZのエンジンは高回転型エンジンなので、低速トルクは若干細いので、AT車の場合は発進時の瞬発力ではもたつきを感じるかもしれません。

MT車の場合には、発進時からクラッチ操作次第で自在の加速が可能で、やはりMTの方が相性のいいエンジンといえます。

BRZ tSの駆動方式

BRZ tSの駆動方式はFRです。

べースとなるBRZがトヨタとの共同開発車両であり、純粋なスバル製ではないのでAWDではありません。

しかし、FR専用車とすることで、圧倒的なハンドリング性能を得たモデルでもあります。

ハンドリング性能で見れば、WRX STIをも超えています。

この詳細は、また別の記事でまとめたいと思います。

BRZ tSのエクステリアデザイン

次に、BRZ tSのエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

限定カラーのサンライズイエローです。

フロントグリルのSTIエンブレムが光ります。

また、空力を考えたフロントアンダースポイラーも採用されます。

次にサイドビューです。

ホイールカラーがブラックで、足元が引き締まって見えます。

鍛造ホイールの間から見えるブレンボも魅力的です。

最後にリアデザインです。

まさにスポーツカーというデザインです。

遠くからでも、リアのSTIエンブレムが目立ちます。

せっかくなら、大型リアウィングがあればもっとよかったかなぁ・・・

みなさんはどう思いますか?

BRZ tSのインテリアデザイン

次に、BRZ tSのインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

インテリアの要所要所に散りばめられたレッドのアクセントがスポーティな印象を与えます。

ハンドルのセンターとシフトレバーにはSTIのエンブレムが光り、特別モデルであることを主張します。

出展:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/709044.html

次に車内空間です。

バケットタイプのシートが採用されるため、サーキットなどの走行時でも、ホールド性が高いので運転に集中できます。

また、べースモデルのBRZと同様、リアシートの足元空間はかなり狭いので、後部座席は非常用程度に考え、2人乗りで運用するほうが快適です。

出展:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/709044.html

BRZ tSの特別装備

次に、BRZ tSの特別装備として、特に注目度の高いものをピックアップして紹介します。

  • STI製ブレンボ(フロント&リア)

STI製のブレンボが装備されます。

サーキット走行には必須アイテムです。

これがフロントのブレンボ。

これがリアのブレンボ。

  • 鍛造ホイール

鍛造ホイールも装備されます。

BRZはもともと改造を前提に販売されているモデルなので、ホイールもあまり高価なものが装備されていませんでしたが、BRZ tSはSTIのコンプリートカーなので、本気仕様の鍛造ホイール装備です。

  • フロントアンダースポイラー

空力を向上させるフロントアンダースポイラーです。

  • STIエンブレム(フロント)

フロントグリルにはSTIエンブレムが装備されます。

  • STIエンブレム(リア)

リアにもSTIのエンブレムが装備されます。

  • STIエンブレム(スピードメーター内)

スピードメーター内にもSTIのエンブレムが装備されます。

BRZ tSの新車価格

最後に、BRZ tSの新車価格を書いておきます。

BRZ tSは300台限定で販売されました。

グレードは「BRZ tS」の1つだけになります。

トランスミッションは6MTとE-6ATが選べます。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
BRZ tS FA20 6MT FR 3,990,000円
E-6AT 4,071,000円

価格的にはE-6ATが若干高くはなりますが、小さい価格差なので、好みのトランスミッションを選びましょう。

エンジン性能と照らし合わせると、6ATの方がエンジン性能にはあっていますが、

MTに乗り慣れていない人がMTを選んでもストレスになりますし、ATでも高回転まで回すことを十分楽しめるエンジンです。

MTに慣れている方、MTには慣れていないけど乗ってみたい方は、ぜひMTモデルを選んでください。

以上が、BRZ tSのまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする