エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)について(STIコンプリートカー初の7シーター。Live with SPORTのコンセプト)

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)について(STIコンプリートカー初の7シーター。Live with SPORTのコンセプト)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、STIのコンプリートカーである、エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)についてです。

このエクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)は、STIのコンプリートカーでは初となる3列シート、7人乗りのクルマで、条件的に不利な設定ながら、最大限に走りを追求したモデルになっています。

スポンサーリンク

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)の動画

エクシーガ2.0GT tS  tuned by STI(2009年モデル)のサーキット試乗動画です。

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)の加速性

エクシーガ2.0GTの通常モデルの加速動画です。

tSではありませんが、エクシーガtSではエンジンの設定は変更されていないので、加速性能ではほぼ同じです。

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のエンジン

エクシーガ2.0GT tuned by STIには、スバルの伝統的なエンジンである、EJ20型ターボエンジンが搭載されます。

EJ20型ターボエンジン

水平対向4気筒2.0Lターボ

最高出力:165kW(225PS)/5600rpm

最大トルク:326Nm(33.2kgf・m)/4400rpm

最高出力はEJ20型ターボエンジンとしては控えめの225馬力です。

※レガシィは280馬力、WRX STIは308馬力

これは、7人乗りで車重の重いエクシーガの特性に合わせて、低速トルクを強化し、日常域での十分な動力性能を確保した結果です。

ターボラグが小さくなり、数字には現れない部分での、エンジンの低回転時の特性が俊敏になっています。

低速トルクをアップさせているため、最高出力は225馬力にまで低下していますが、それでもV6 2.5L以上の出力があるため、十分なエンジンスペックといえるでしょう。

EJ20型ターボエンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ20型ターボエンジンの詳細記事

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のトランスミッション

エクシーガ2.0GT tuned By STI(2009年モデル)のトランスミッションは5ATのみです。

MTモデルは設定されていません。

現在のスバル車は、FA型エンジン、FB型エンジンにリニアトロニックを採用するモデルが大半であるため、スバル伝統のEJ20型ターボエンジンに多段ATの組み合わせモデルは貴重な存在です。

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のAWD方式

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のAWDシステムは、VTD-AWDとなります。

VTD-AWDは、駆動力配分を前45:後55とすることで、後輪駆動寄りの配分とし、AWDとしての走行安定性とFRの優れたハンドリングを両立したAWDシステムであり、スポーツ走行向けのAWDシステムになります。

VTD-AWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

VTD-AWDの詳細記事

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のエクステリアデザイン

次に、エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

フロントアンダースポイラーを装着していますが、無理に強調しすぎていないため、カリカリのスポーツモデルのイメージはありません。

普段の買い物や、子供の迎えなど、3列シートのミニバンとしての実用性も兼ね備えたデザインとなっています。

次にサイドビューです。

標準のエクシーガ2.0GTと差はありません。

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)は、STIコンプリートカーの中でも、比較的落ち着いたエクステリアデザインになっています。

最後にリアデザインです。

リアには、「tuned by STI」のエンブレムがあり、特別モデルであることを主張しています。

また、ボディサイズにマッチした大型のSTI製スポーツマフラーが装備され、レガシィ譲りのスポーティなリアデザインになっています。

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のインテリアデザイン

次に、エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りです。

ブラックで統一された内装に、ハンドル真ん中のSTIのロゴが光ります。

ATセレクトレバーはゲート式で扱いやすく、ナビの位置も高いので運転時の視線移動が少なくて扱いやすいインテリアデザインになっています。

運転席周りのみを見ていると、ミニバンという感覚は全くありません。

次に車内空間を見ていきます。

シートは3列で7人乗りです。

シートにSTIの刻印とレッドステッチが入っています。

他のSTIコンプリートカーと比べて、ブラックで統一された落ち着きのあるインテリア空間になっています。

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)の特別装備

次に、エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)の特別装備を見ていきます。

足回り

・STI製チューニング・倒立式フロントストラット、STI製チューニング・スプリング

STIチューニングのストラットとコイルスプリングです。

コイルスプリングはチェリーレッド塗装されていて、知る人ぞ知るアクセントになります。

・STI製チューニング・リヤダンパー、STI製チューニング・スプリング

リアにも同じくSTIチューニングのコイルスプリングが装備されます。

フロントと同じくチェリーレッド塗装です。

・STI製17インチ×7 1/2J鋳造アルミホイール

STI製の17インチ鋳造アルミホイールです。

・STI製ピロボールブッシュ・リヤサスリンク(ラテラルリンクフロント内側・ラテラルリンクリヤ内側)

リヤサスペンションの作動を円滑にしするパーツです。

これにより、後輪の応答遅れを減少すると同時にキャンバー剛性を高め踏んばり感を向上させます。

・STI製スポーツマフラー(φ100×2、STIロゴ入り)

STI製のスポーツマフラーです。

リアビューのアクセントになるとともに、高回転まで心地よく響く官能的なサウンドが愉しめます。

・STI製フレキシブルタワーバー フロント

横方向の剛性を高め旋回性能を向上させるとともに、縦方向についてはフレキシブルな部分が振動を吸収します。

車両剛性を高めつつも、不快な振動はいなす走りが味わえます。

・STI製フレキシブルロアアームバー

・STI製サポート フロント

ボディ下部にも、フレキシブルタワーバーと同じ効果を与えます。

・STI製フレキシブルサポート リヤ

ボディ後方にしなやかさを持たせるパーツです。

コーナリング時の走行安定性が増し、クイックかつ素直なハンドリングが愉しめます。

エクステリア

・STI製フロントアンダースポイラー

高速走行時の安定性を高める空力パーツです。

デザイン面ではフロン十を低重心に見せる効果があります。

・tuned by STIオーナメント

限定モデルtuned by STIの証。

リアの左側に、「tuned by STI」のエンブレムが装着されます。

インテリア

・専用エレクトロルミネセントメーター(STIロゴ入り、220km/h表示)

220km/h表示のスピードメーターで、エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)の持つポテンシャルの高さを感じ取ることができます。

・STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)

ドライブの初めにエンジンをかけるときから、限定車に乗る喜びは始まっています。

・tuned by STI専用MOMO製本革巻ステアリングホイール(STIオーナメント入り)

・STI製ロゴ入り本革巻ATセレクトレバー

ATセレクトレバーにも、STIのロゴがあります。

・プレミアムアクセサリー:STI製本革アクセスキーカバー(赤色)

STI製のキーカバーです。

本革で、質感にもこだわっています。

エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)の新車価格

最後に、エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)の新車価格についてまとめます。

モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
エクシーガ 2.0GT

tuned by STI

EJ20ターボ E-5AT VTD-AWD 3,694,000円
エクシーガ 2.0GT 2,916,000円

新車価格については、べースモデルとなるエクシーガ2.0GTより60万円ほど高額な設定となっています。

装備内容と比較して、60万円アップの価値は十分にあるといえます。

さらに、専用ボディカラーのWRブルー・マイカを選べる点は大きいのではないでしょうか?

家族がいて、ミニバンを選ばないとだめ。

でも、走りにも妥協したくない。

そんな方には、エクシーガ2.0GT tuned by STIがおすすめです。

ぜひ、スバルの象徴であるWRブルー・マイカで、スバルの走りを楽しみましょう!

以上が、エクシーガ2.0GT tuned by STI(2009年モデル)のまとめです。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする