BRZ tS(2013年モデル)について(最高速までの加速や特別装備、BRZ初のブレンボなど)

BRZ tS(2013年モデル)について(最高速までの加速や特別装備、BRZ初のブレンボなど)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えているか兄も、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、BRZ tS(2013年モデル)についてです。

BRZ tS(2013年モデル)では、BRZで初のブレンボが搭載されたモデルです。

また、BRZはトヨタとの共同開発で生まれた、国内最強のハンドリングマシンのFRスポーツクーペです。

BRZ tS(2013年モデル)では、そこにSTIのチューニングが加わることで、より優れたハンドリング性能を実現しています。

スポンサーリンク

BRZ tS(2013年モデル)の動画

BRZ tSの試乗動画です。

サーキットでの試乗が行われています。

走行シーンやBRZ tSの加速時のサウンドも聞けるのでおすすめの動画です。

BRZ tS(2013年モデル)の加速性能

BRZの0-225km/hの加速動画です。

BRZ tSのエンジン性能自体はべースモデルのBRZと同じなので、加速性能に差はないです。

したがって、加速力の参考には十分なると思います。

しかし、BRZも速いですね。

2.0Lの自然吸気エンジンとは思えない加速力です・・・

BRZ tS(2013年モデル)のエンジン

BRZ tS(2013年モデル)には、FA20型自然吸気エンジンが搭載されます。

FA20型自然吸気エンジン

水平対向4気筒2.0L

最高出力:147kW(200PS)/7000rpm

最大トルク:205Nm(20.9kgf・m)/6400-6600rpm

エンジンはべースのBRZと同じです。

FA20型自然吸気エンジンは、トヨタとの共同開発で生まれたエンジンで、7000rpmと高回転まで回ることが最大の特徴となります。

なお、レヴォーグなどに搭載されているFA20″DIT”エンジンとは、ボア×ストロークは同じですが、直噴システムはスバル独自のものになるため、実際には全く異なるエンジンになります。

FA20型自然吸気エンジンについては、次ン記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

FA20型自然吸気エンジンの詳細記事

BRZ tS(2013年モデル)のトランスミッション

BRZ tS(2013年モデル)のトランスミッションは、6MTとE-6ATから選べます。

6MTはスバル製のトランスミッション、E-6ATはトヨタ製のトランスミッションになります。

高回転まで回るエンジン性能で見れば6MTがおすすめですが、今となっては珍しい6速の多段ATも魅力的です。

BRZ tS(2013年モデル)の駆動方式

BRZ tS(2013年モデル)の駆動方式はFRのみです。

AWDの設定はありません。

BRZは究極のハンドリングマシンを目指しており、前後の重量配分の最適化を狙うために、FRレイアウトとしました。

その結果、エンジンをより後方に配置することが可能になり、ナチュラルで優れたハンドリングを実現しています。

BRZ tS(2013年モデル)のエクステリアデザイン

次に、BRZ tS(2013年モデル)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

もともと低いデザインのBRZですが、フロントアンダースポイラーの装着で、さらに低いデザインとなりました。

宴席には注意しないと擦るレベルです。

フロントグリルにSTIのエンブレムが装備され、STIのコンプリートカーであることをさりげなく主張しています。

次にサイドビューです。

フロントからリアへ流れるクーペ特有のりゅうせん的なデザインが美しいです。

ホイールはブラックで足元が閉まって見えますが、逆にゴールドのようなホイールにして、アクセントにするのもいいでしょう。

最後にリアデザインです。

カーボン製のリアウィングが迫力があります。

限定車であるBRZ tS(2013年モデル)に乗るなら、やはりカーボン製のリアウィングは欲しいですね。

リアにもSTIのエンブレムがあります。

BRZ tS(2013年モデル)のインテリアデザイン

次にBRZ tS(2013モデル)のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから見てみましょう。

ハンドルにはSTIのロゴが装備され、STIのコンプリートカー象徴になります。

STIのカラーであるチェリーレッドが配色された刺激的なインテリアになっています。

BRZは運転席の高さも低く、未体験のドライビングが体感できます。

出展:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/620874.html

次に車内空間についてです。

リアシートは狭いので緊急用程度に考えておきましょう。

あえて目立たないデザインにしているのは、BRZ tSは2シーターの感覚にしたかっらからのようです。

そのため、運転席の鮮やかなデザインとは違い、黒で統一した目立たないデザインとなっています。

このリアシートは、前に倒せばトランクスルーとなり、大きな荷物も積めるようになります。

出展:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/620874.html

BRZ tS(2013年モデル)の特別装備

BRZ tS(2013年モデル)の、主な特別装備について見ていきます。

ブレンボ製ブレーキキャリパー

ブレンボ製のブレーキキャリパーです。

BRZでは初採用になります。

ブレンボは熱容量が大きく、サーキットなどでハードなブレーキングが連続する高温状態の場合でも、安定した制動力が発揮されるのが特徴です。

18インチホイールとミシュランのパイロットスーパースポーツ(225/40 ZR18)

BRZ tSには18インチのアルミホイールに、ミシュラン パイロットスーパースポーツが装備されます。

パイロットスーパースポーツタイヤは、ブリヂストンでいえばPOTENZA RE71Rに相当するサーキットでのタイムを重視したタイヤで、ドライ路面でのグリップ性能が最高レベルのタイヤです。

その反面、ウエット路面ではドライ路面ほどのグリップが得られないので、運転時には注意して下さい。

65mm延長されたフロントストラットとSTI製コイルスプリング

延長されたストラットにより、より路面への追従性が増しました。

これにより、荒れた路面でもタイヤの設置性が良く、優れたハンドリングが実現できます。

また、STI製のコイルスプリングが装備され、よりクルマとの一体感を得られるようになっています。

コイルスプリングのチェリーレッド塗装はSTI製の証です。

カーボン製リアウィング

カーボン製のリアウィングは高速走行時の走行安定性を高めるとともに、リアルカーボンの採用により、本物の質感も手にしています。

BRZ tS(2013年モデル)の新車価格

最後に、BRZ tS(203年モデル)の新車価格をまとめておきます。

グレード エンジン 駆動方式 トランスミッション 価格
BRZ tS FA20 FR 6MT 3,490,000円
E-6AT 3,565,000円
BRZ tS

GT PACKAGE

6MT 4,090,000円
E-6AT 4,165,000円

価格的には3,490,000円~4,165,000円となります。

べースのBRZと比べるとかなり高額なモデルになりますが、

前後のブレンボだけでも約70万円ほどの価値があると考えると、装備面と比較すればお得感があるのではないでしょうか?

おすすめは、カーボンリアウィングが採用されるBRZ tS GT PACKAGEです。

標準モデルのBRZにはカーボンリアウィングが採用されません。

限定モデルである、特別感なBRZ tSに乗るなら、やはり一目でわかるモデルの方が魅力的でしょう。

以上が、BRZ tS(2013年モデル)のまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする