レガシィtS(2010年モデル)について(レガシィ最後のターボモデルの限定車。EJ25型ターボエンジン搭載)

レガシィtS(2010年モデル)について(レガシィ最後のターボモデルの限定車。EJ25型ターボエンジン搭載)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成を目指して運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、レガシィtS(2010年モデル)についてです。

このレガシィtSは、レガシィでは最後のターボモデルの限定車となりました。

スバル伝統のEJ型ターボエンジンを搭載しています。

スポンサーリンク

レガシィtS(2010年モデル)の動画

レガシィtS(2010年モデル)のマフラーサウンド動画を紹介します。

STI製の4本出しマフラーで、乾いた2重奏のような音質になっています。

レガシィtS(2010年モデル)の加速性能

0-100加速で5~6秒ほどで加速し、0-180km/h(リミッター)作動まで19.24秒で加速します。

この動画は、レガシィ2.5GTのものですが、レガシィtS(2010年モデル)も、加速性能自体はほぼ同じです。

レガシィtS(2010年モデル)のエンジン

レガシィtS(010年モデル)には、スバル伝統のEJ25型ターボエンジンが搭載されています。

EJ25型ターボエンジン

最高出力:210kW(285PS)/6000rpm

最大トルク:350Nm(35.7kgf・m)/2000rpm

スバル伝統のEJ型ターボエンジンを搭載しています。

レガシィやWRX STIに長く搭載されてきたエンジンで、信頼性が高いエンジンです。

ターボエンジンの刺激的な加速力とともに、5代目レガシィ(BR型/BM型)では、排気量を2.5Lにアップさせることで、大排気量エンジンのゆとりも併せ持っています。

EJ25型ターボエンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ25型ターボエンジンの詳細記事

レガシィtS(2010年モデル)のトランスミッション

レガシィtS(2010年モデル)のトランスミッションは、5ATと6MTが選択できます。

ATモデルについては、歴代レガシィtSの中では、最後の多段式ATトランスミッションモデルになります。

この後に販売された、レガシィ2.5i EyeSightをベースとするtSモデルは、リニアトロニック(チェーン式CVT)モデルとなります。

レガシィtS(2010年モデル)は、多段AT派の方にとっては魅力的なモデルになります。

また、MTモデルについても、スバルはリニアトロニック+EyeSightのモデルが増えており、WRX STIを除いては、本格的なMTモデルは少なくなりました。

レガシィのゆとりのある乗り味と、MT本来の車を操る愉しさ、そしてSTIがチューニングした足回りとハンドリングは、まさに贅沢な一台です。

レガシィtS(2010年モデル)のAWDシステム

レガシィtS(2010年モデル)では、VTD-AWDが採用されます。

VTD-AWDは、前後の駆動力配分を前45:後55に設定してあり、前輪の負荷を減らし、後輪駆動寄りの駆動力配分とすることで、クイックなハンドリングを実現しています。

VTD-AWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

VTD-AWDの詳細記事

レガシィtS(2010年モデル)のエクステリアデザイン

次に、レガシィtS(2010年モデル)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

写真は、tS限定色のWRブルー・マイカです。

フロントに、tSエンブレムがあり、ボディカラーとともに、限定車としてのインパクトのあるデザインになっています。

また、STI製フロントアンダースポイラーは、高速走行時の走行安定性を確保するとともに、より重心の低いフロントフェイスを表現しています。

次にサイドビューです。

サイドビューでは、標準モデルのレガシィ2.5GT S Packageとの大きな違いはありません。

レガシィツーリングワゴンの流れるボディラインと、限定色のWRブルー・マイカの生むコントラストが、プレスラインを際立たせ、より流麗でスタイリッシュなデザインになっています。

最後にリアデザインです。

まずはツ-リングワゴンのリアデザインです。

4本出しマフラ-が搭載され、大排気量ターボエンジンのパワ-を感じます。

LEGACYの下にはtSのエンブレムもあり、限定モデルであることを主張しています。

次にB4のリアデザインです。

B4も、ツ-リングワゴンと同じく、4本出しマフラ-が搭載されます。

レガシィtS(2010年モデル)のインテリアデザイン

次に、レガシィtS(2010年モデル)のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

居住性などは、べースとなっている5代目レガシィと同じです。

随所にちりばめられた「STI」のエンブレムが、日常のドライブを特別なものにしてくれます。

出展:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/380524.html

次に車内空間を見ていきます。

アルカンターラ&本革の内装で、質感が大幅に向上しています。

レッドステッチと、STIの刻印もあります。

出展:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/380524.html

レガシィtS(2010年モデル)の特別装備

足回り/メカニズム

・ STIチューニング・ビルシュタイン製フロントダンパー(倒立式)、STI製コイルスプリング

・ STIチューニング・ビルシュタイン製リヤダンパー、STI製コイルスプリング

STI製のコイルスプリングです。

チェリーレッド塗装がSTI製の証です。

ビルシュタインの黄色とSTI製コイルスプリングのチェリーレッドは、見る人が見れば足回りのアクセントになります。

・ STI製フレキシブルタワーバー・フロント

ストラットをつなぐ、フレキシブルに曲がるタワ-バーで、横方向の車両剛性をアップさせつつ、縦方向のしなりを維持し、乗り心地をそのままにハンドリング性能を向上させる、STIを代表するスポーツパーツです。

・ STI製フレキシブルドロースティフナー・フロント

車体に引っ張り応力を加えることで、タイヤの接地性を増し、優れた走行安定性能を発揮します。

・ STI製フレキシブルサポート・リヤ

不要な入力をいなしつつ、必要な力を遅れなく、後輪に伝え、これによりリヤの応答性・追従性および、ロール剛性が向上して操縦安定性としなやかな乗り心地が両立できるパーツです。

・ STI製ピロボールブッシュ・リヤサスリンク(ラテラルリンク フロント・リヤ内側)

ラテラルリンク内側のラバーブッシュをピロボールに変更したSTI製リヤサスリンクです。

・ STI製18インチ×8Jアルミホイール(225/45R18タイヤ)

STI製の18インチホイールです。

ホイール幅を7.5J→8Jに変更することで、剛性が増しました。

・ STI製スポーツマフラー(φ65デュアル×2、STIロゴ入り)

STI製の2×2で4本出しのマフラーです。

エクステリア

・ STI製フロントアンダースポイラー

空力パーツです。

高速走行時のトランクションを確保すると同時に、より低重心なフロントフェイスを作り出します。

・ 専用tSオーナメント(フロント、リヤ)

限定モデル「tS」の証です。

インテリア

・ アルカンターラ(グレー)/本革(ブラック)シート[フロントSTI黒刺繍ロゴ入り、赤ステッチ)]

シート素材には、アルカンターラと本革が使われます。

レッドステッチ入りです。

・ STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)

エンジンスタートスイッチは、STIロゴ入りのレッドです。

・ 専用メーター(STIロゴ入り、260km/h表示)

260km/hまで刻まれたスピードメーターは、ハイパフォーマンスカーの証です。

スピードメーターは、ドライブ中は頻繁に目に入る部分。

日常のドライブでも、限定車を操る喜びを与えてくれる装備です。

・ STI製ロゴ入り 本革巻シフトノブ(MT車)/本革巻セレクトレバー(AT車)

MTのシフトレバー、ATのセレクトレバーにも、STIのロゴが入ります。

その他の主要装備

・ STI製ルーフスポイラー(ツーリングワゴン)/STI製トランクスポイラー(B4)

・ 専用STIオーナメント(リヤ)

・ 運転席10ウェイパワーシート[前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング/ランバーサポート、

アクセスキー対応シートポジションメモリー機能付]

・ 助手席10ウェイパワーシート[前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング/ランバーサポート]

・ 専用本革巻ステアリングホイール(STIオーナメント入り、赤ステッチ)

・ チタンカラーカーボン調加飾パネル

・ アルカンターラ加飾ドアトリム

・ ブラックインテリア[ピラートリム、ルーフトリム、リヤゲートトリム(ツーリングワゴン)]

・ ダークキャストメタリックセンターパネル

・ 専用サイドシルプレート(フロント、tSロゴ入り)

・ フロアコンソールボックス(赤ステッチ)

・ STI製本革アクセスキーカバー(赤色)

レガシィtS(2010年モデル)の新車価格

最後に、レガシィtS(2010年モデル)の新車価格についてまとめます。

グレード トランスミッション 駆動方式 価格
レガシィツーリングワゴン

2.5GT tS

5AT AWD 4,187,400円
6MT 4,187,400円
※参考

レガシィツーリングワゴン

2.5GT S Package(ベースモデル)

5AT 3,586,000円
6MT 3,586,000円
レガシィB4

2.5GT tS

5AT 4,029,900円
6MT 4,029,900円
※参考

レガシィB4

2.5GT S Package(ベースモデル)

5AT 3,424,000円
6MT 3,424,000円

レガシィtS(2010年モデル)の新車価格と、べースモデルの2.5GT S Packageの新車価格をまとめました。

tSと2.5GT S Packageの価格差は60万円となっています。

この60万円の差ですが、レガシィtS(2010年モデル)では、ブレンボ製ブレーキなどが搭載されていないため、100万円以上のような大幅な価格の上昇にはなっていません。

この60万円の差をどう感じるかですが、長く乗ることも考えた場合、この60万円の価格差で「限定モデルを所有する喜び」を味わうことができるので、すごくお勧めできるモデルです。

私が特にお勧めするのが、WRブルー・マイカで、スバルではおなじみとなっている限定車の象徴的カラーです。

ぜひ、WRブルー・マイカのレガシィtS(2010年モデル)を狙いたいですね。

以上が、レガシィtS(2010年モデル)のまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする