スバル EJ25型ターボエンジンについて(歴代エンジンスペックや今後の搭載モデル)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

さて、今回はスバルのターボエンジン、EJ25型ターボエンジンについてです。

WRX STIに搭載されているEJ20ターボエンジンより排気量を500ccアップさせたことで、低速トルクでの余裕や、ターボラグの改善があったエンジンです。

一番最近のモデルでは、5代目レガシィに搭載されていましたが、新開発の直噴ターボエンジンFA20″DIT”に置き換わる形でラインナップから消えました。

海外向けWRX STIには搭載されているので、まだまだ現役のエンジンです。

今回は、そんなスバルのEJ25型ターボエンジンについてまとめました。

出展:http://autoc-one.jp/subaru/forester/report-655850/0002.html

スポンサーリンク

EL25型ターボエンジンの歴代スペック一覧

自然吸気エンジンのEJ25と同じく、スバルのラインナップの主力は2.0Lエンジンと2.0Lターボエンジンであるために、歴代モデルを通してEJ25型ターボエンジンの搭載例は非常に少ないです。

EJ25型ターボエンジンは、大きく分けて次の2種類が存在します。

  • DOHC AVCS シングルスクロ-ルターボ
  • DOHC デュアルAVCS シングルスクロ-ルターボ

これらについて、簡単にまとめます。

DOHC AVCS ターボ

このエンジンは、吸気側にのみAVCSを搭載したターボエンジンです。

・2代目フォレスターへ追加されたSTI Version

このエンジンは海外専用エンジンでしたが、日本国内モデルでの初採用は、2代目フォレスターのSTI Versionになります。

エンジンスペックは次の通りとなっています。

最高出力:265PS/5600rpm

最大トルク:38.5kgf·m/3600rpm

・限定車のレガシィアウトバック2.5XT

限定モデルとして登場したアウトバック2.5XTにも搭載されました。

レガシィアウトバックでマ珍しいターボモデルで、海外用のEJ25型ターボエンジンがそのまま搭載され、スバルらしいボクサーサウンドも聞こえてきます。

最高出力は265PS/5600rpm

最大トルクは35.7kgf·m/2400rpm

・S402

STIが開発したS402にも搭載されました。

S402は4代目レガシィをべースにしており、専用のツインスクロールターボが採用され、出力も向上しています。

エンジンスペックは次のようになっています。

最高出力:210kW(285PS)/5600rpm

最大トルク:392 N・m(40.0kgf・m)/2000-4800rpm

フォレスターtS

フォレスターの限定車であるフォレスターtSにも搭載されました。

エンジンスペックは次のようになっています。

最高出力:193kW(263PS)/6000rpm

最大トルク:347Nm(35.4kgf・m)/2800rpm

OOHC AVSC ターボに関しては以上になります。

DOHC デュアルAVCS ターボ

次に、DOHC デュアルAVCSターボについてい見ていきます。

このエンジンは吸気側、廃棄側ともにAVCSを搭載しています。

インプレッサWRX STI A-Line

インプレッサWRX STIのATモデルであるWRX STI A-Lineに初搭載されました。

WRX STIに搭載されているEJ20型ターボエンジンでは、ATとの組み合わせでは低速トルクの細さが問題になったため、排気量の拡大により低速トルクを補いました。

また、最高出力が300PSに達しています。

エンジンスペックは次のようになっています。

最高出力:221kW(300PS)/6200rpm

最大トルクは350Nm(35.7kgf・m)/2800-6000rpm

5代目レガシィ

5代目レガシィにも搭載されています。

大型化された車体にあう大排気量のターボエンジンで、MTモデルも選べました。

このMTモデルは、歴代レガシィで最後のMTモデルとなります。

また、レガシィに搭載されたEJ25型ターボエンジンは、新開発の直噴ターボエンジンFA20″DIT”と置き換わる形でラインナップから消滅しました。

エンジンスペックは次のようになっています。

最高出力:210kW(285PS)/6000rpm

最大トルク:350N・m(35.7kgf・m)/2000-5600rpm

以上が、EJ25型ターボエンジンの歴代スペックになります。

もうEJ25型ターボエンジンは搭載されない?

さて、ここで疑問に感じるのが、もうスバルにEJ25型ターボエンジンは搭載されないのかという点でしょう。

おそらく、搭載されないでしょうね。

EJ25型ターボエンジンのスペックを越える2.0L直噴ターボのFA20″DIT”があり、WRX STIは唯一のEJ型エンジンですが、EJ20型ターボエンジンが搭載されており、排気量の拡大を行うとは考えにくいです。

また、スバルが発売を開始した「アセント」ですが、こちらも2.4L直噴ターボのFA24″DIT”が搭載されているようです。

FA型エンジンは、動力性能とともに、環境性能を両立したエンジンであり、新世代スバルの象徴的エンジンになります。

したがって、もうEJ型エンジン自体が減っていくことが考えられます。

EJ型エンジンは、スバルの真骨頂であり、高回転まで気持ちよく回る上に信頼性も高く、カスタムパーツも多いことからファンが多いですが、もう中古車でしか手に入らないようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする