スバル FB16″DIT”エンジンについて

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイトを目指し、運営しています。

今回は、スバルのダウンサイジングターボエンジンである、FB16″DIT”エンジンを紹介します。

ロングストロークのFB16型エンジンをベースに、直噴ターボを搭載したのがFB16″DIT”です。

排気量が1.6Lでありながら、おおよそ自然吸気2.5L相当の動力性能を発揮します。

スポンサーリンク

FB16″DIT”の基本スペック

FB16″DIT”エンジンは、水平対向4気筒 1.6L 直噴ターボです。

ボア×ストロークは、78.8mm×82.0mmであり、スバルでは珍しいロングストロークエンジンになっています。

ロングストロークエンジン、ダウンサイジングターボエンジンは、

  • 低速トルクが太い
  • 動力性能の割に燃費がいい

というう点が共通しており、相乗効果が見込めます。

これまでスバルで採用されていた

  • ショートストロークエンジンの燃費の悪いイメージ
  • ターボの谷間のあるトルクカーブのイメージ

とは異なり、燃費が良くフラットなトルク特性となる、非常に近代的なエンジンとなっています。

また、FB16″DIT”エンジンに組み居合わされるトランスミッションは無段階変速のリニアトロニックであり、水平対向エンジンの持つ優れた回転フィールと、変速ショックのないスムーズな走りにより、快適なドライブ空間を実現しています。

FB16″DIT”の搭載モデル

FB16″DIT”エンジンの搭載モデルを紹介します。

レヴォーグ

FB16″DIT”は、レガシィ ツーリングワゴンの後継モデルであるレヴォーグから搭載されました。

レヴォーグに搭載されたFB16″DIT”の歴代スペックです。

モデル 最高出力 最大トルク
VM型 1.6GT系 125kW(170PS)/4800-5600rpm 250Nm(25.5kgf・m)/2000-4800rpm
1.6STI SPORT系 125kW(170PS)/4800-5600rpm 250Nm(25.5kgf・m)/2000-4800rpm

現在では搭載例はレヴォーグだけですが、今後は搭載例が増えていくでしょう。

まとめ

ここまで、スバルのダウンサイジングターボエンジンである、FB16″DIT”について紹介してきました。

環境性能と動力性能の両立は、自号車業界における一番の話題です。

技術発展の選択肢としては、大きく分けて、

  • ハイブリッド車
  • 電気自動車
  • ダウンサイジングターボ車

がメインですが、スバルはダウンサイジングターボを選んだことになります。

今後時代の流れは、ガソリンをはじめとした化石燃料の消費量も抑える傾向になります。

そんな中で、純粋にガソリンで走るダウンサイジングターボ車が、どのような進化をしていくのか、今後のスバルに注目していきましょう。

以上、スバルのダウンサイジングターボエンジンであるFB16″DIT”について、参考になれば幸いです。

おすすめ!

無料で中古車を探せるサービスです。
理想の車がなかなか見つからないときは利用してみてください。
なお、非公開車とは好条件の車など、順番待ちなどでネットで公開される前に売れてしまう車のことです。

登録して待てば条件に合う非公開車両を紹介してくれる無料サービス。
限定車や年式の古い好条件の車を探すのに最適です。
公式サイト
業界最大級の中古車展示サイト
定期的にチェックしていると、理想の車が見つかるかもしれません。
無料で販売店への見積もり依頼が可能なので、迷ったら積極的に利用していきましょう。
公式サイト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする