FB20型エンジン+e-BOXERについて(スバルのマイルドハイブリッドシステム)

FB20型エンジン+e-BOXERについて(スバルのマイルドハイブリッドシステム)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、スバルの新開発のマイルドハイブリッドシステムである、FB20型エンジン+e-BOXERについて紹介します。

スポンサーリンク

FB20型エンジン+e-BOXERの概要

スバルの新開発のマイルドハイブリッドシステムが、FB20型エンジン+e-BOXERです。

5代目フォレスター(SK型)から搭載されました。

スバル自身は、ハイブリッドシステムとは呼んでおらず、「e-BOXER」と呼んでいます。

そのため、このサイトでも「ハイブリッド」とは呼ばずに、「マイルドハイブリッド」と呼ぶことにします。

恐らく、燃費を重視してモーターを搭載しているわけではないので、ハイブリッドとは称さないのでしょう。

e-BOXERは、エンジンの苦手な回転域を補うために搭載されているようです。

エンジンは低回転では十分なトルクが発揮されないので、ある程度の回転数まで上昇させないといけません。

一方で、モーターは0回転からトルクを発揮します。

このエンジンとモーターを組み合わせることで、あらゆる回転数から力強い加速感を愉しむことができるのが、FB20型エンジン+e-BOXERとなります。

したがって、燃費重視のハイブリッドでもなく、最高速重視のハイブリッドでもありません。

どんな速度からでもレスポンス良く加速していくマイルドハイブリッドだという認識になります。

FB20型エンジン+e-BOXERの歴代スペック

フォレスター

5代目フォレスター(SK型)

水平対向4気筒2.0L + e-BOXER

エンジン最高出力:107kW(145PS)/6000rpm

エンジン最大トルク:188Nm(19.2kgf・m)/4000rpm

モーター最高出力:10kW(13.6PS)

モーター最大トルク:65Nm(6.6kgf・m)

5代目フォレスター(SK型)の詳細記事

スバルXV

3代目スバルXV(GT型)

エンジン最高出力:107kW(145PS)/6,000rpm

エンジン最大トルク:188Nm(19.2kgf・m)/4,000rpm

モーター最高出力:10kW(13.6PS)

モーター最大トルク:65Nm(6.6kgf・m)

3代目スバルXV(GT型)の詳細記事

FB20型エンジン+e-BOXERのまとめ

ここまで、FB20型エンジン+e-BOXERについて紹介してきました。

燃費重視ではなく、走行性能の向上のためにモーターを搭載してくるところがスバルらしいですね。

ただ、e-BOXERの登場により、フォレスターのターボモデルが廃止されました。

ターボにも魅力があったのですが、時代の流れなのでしょうか・・・

今後もクルマの電動化は進みそうです。

以上が、FB20型エンジン+e-BOXERのまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする