3代目スバルXV(GT型)について(エンジン、トランスミッション、安全装備など)

3代目スバルXV(GT型)について(エンジン、トランスミッション、安全装備など)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきましてありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝えられるようなサイト構成で運営をしています。

スバルストの方も、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

さて、今回は3代目スバルXV(GT型)についてです。

3代目スバルXV(GT型)のエンジン、トランスミッション、安全装備についてまとめます。

大きなトピックスとしては、新型インプレッサから採用された、スバル・グローバル。プラットフォーム採用され、クラストップレベルの走行性能を備えている点です。

スポンサーリンク

3代目スバルXV(GT型)の動画

3代目スバルXV(GT型)の動画を見つけました。

まずはCMです。

フォレスタ-などと同じSUVであっても、XVの場合には都市型SUVといった感じでしょう。

都市型SUVは比較的車体が小柄で、アイポイントの高さから見晴らしがよく、運転しやすいのが特徴です。

また、車高が高いことで、衝突時の安全性が高いことも特徴です。

3代目スバルXV(GT型)の加速性能

次に、3代目スバルXV(GT型)の加速性能を見ていきます。

3代目XV(GT型)の加速動画がなかったので、

べースとなる同じ型のインプレッサGT型 2.0L自然吸気モデルの加速です。

これだけの加速力があれば十分でしょう。

スバルグローバルプラットフォーム

スバルグローバルプラットフォームは、「乗る人全員が気持ちいい」ということを目標に、スバルの積み重ねてきた技術と経験を集約した新型プラットフォームです。

今までは、スバルのプラットフォームは、インプレッサとレガシィの2つで、この2つのプラットフォームから様々な派生車を開発してきました。

今後はこの新型プラットフォームである「スバルグローバルプラットフォーム」によって、高性能なプラットフォームを持つ車種を展開していきます。

3代目スバルXV(GT型)のエンジン

3代目スバルXV(GT型)には、水平対向4気筒 1.6Lと2.0Lエンジンが搭載されます。

FB20型

水平対向4気筒2.0L

最高出力:113kW(154PS)/6000rpm

最大トルク196Nm(20.0kgf・m)/4000rpm

XVの最上級エンジンで、スバルの新世代BOXERエンジンの技術である直噴システムが採用されます。

FB20型エンジンの詳細は、次の記事をご覧ください。

FB20型エンジンの詳細記事

FB16型

水平対向4気筒1.6L

最高出力:85kW(115PS)/6200rpm

最大トルク:148Nm(15.1kgf・m)/3600rpm

XVのエントリ-モデルのエンジンです。

2.0Lモデルとエンジンの型式こそ同じFB型ですが、FB16には直噴技術が搭載されません。

税金面でも差がないので、基本的には2.0Lモデルを選んでいくことがおすすめです。

FB16型エンジンの詳細は、次の記事をご覧ください。

FB16型エンジンの詳細記事

3代目スバルXV(GT型)のトランスミッション

3代目スバルXV(GT型)には、2.0Lモデルも1.6Lモデルもリニアトロニックが搭載されます。

このトランスミッションはチェーン式CVTで、通常の金属ベルト式CVTとは異なり、伝達効率やダイレクト感に優れ、コンパクトに設計できる点があります。

CVT本来の、エンジンの効率のいい回転域を使い、無段階変速による変速ショックのないスムーズな走りを実現しつつ、ダイレクトな走りが可能な、まさにいいとこどりのトランスミッションになります。

3代目スバルXV(GT型)の安全装備

3代目スバルXV(GT型)にはEyeSight (ver.3)が搭載されます。

EyeSight (ver.3)は、2つのステレオカメラが前方を監視し、障害物を認識してブレーキを制御します。

ver.3では、ステレオカメラがカラー認識になったことにより、先行車のブレーキランプや、信号までも認識できるようになりました。

全車速追従機能付きクルーズコントロールは、長距離の高速道路では大変便利です。

EyeSightの詳細は、次の記事をご覧ください。

EyeSightの詳細記事

3代目スバルXV(GT型)のAWDシステム

SUVには欠かせないAWD性能ですが、3代目スバルXV(GT型)には、安定性重視のアクティブトルクスプリットAWDが搭載されます。

前60:後40を基本に、路面状態に合わせてリアルタイムに駆動力配分を変更します。

FF寄りのセッティングになっていることから、滑りやすい路面でも安定感を失いません。

アクティブトルクスプリットAWDに関しては、次の記事に詳細をまとめました。

アクティブトルクスプリットAWDの詳細記事

3代目スバルXV(GT型)のエクステリアデザイン

次に、3代目スバルXV(GT型)のエクステリアデザインについて見ていきます。

まずはフロントデザインです。

同じく新型のインプレッサのクロスオ-バーモデルといった感じで、

ボディ下部の無塗装パーツがタフさを演出しています。

次にサイドビューです。

フロントからリアへ流れるプレスラインが流麗です。

最後にリアデザインです。

スバル共通の「コの字」型ライトが装備されます。

大型の反射板など、フロントデザインと同様に、タフさを演出しています。

3代目スバルXV(GT型)のインテリアデザイン

次に3代目スバルXV(GT型)のインテリアデザインについて見ていきます。

まずは運転席周りです。

インプレッサと共通のデザインになりますが、新世代スバルの特徴として、インテリアの質感が大幅に向上した点です。

例えば、常にドライバーにクルマの状態を伝えるマルチファンクションディスプレイなど、このクラスでは考えられないぐらいの装備が充実しています。

車内空間もインプレッサと共通です。

日常で使いやすいハッチバックスタイルで、大きな荷物は積めるし、

広い車内空間は、スバルのシンメトリカルAWDの天候を問わない安定した走りと相まって、多人数乗車の長距離移動も快適です。

3代目スバルXV(GT型)の新車価格

3代目スバルXV(GT型)の価格をまとめます。

3代目スバルXV(GT型)の新車価格をまとめてみました。

グレード エンジン 価格
1.6i FB16 2,138,400円
1.6i EyeSight 2,246,400円
2.0i-L EyeSight FB20 2,484,000円
2.0i-S EyeSight 2,678,400円

EyeSightは必須装備と言えるので、基本的には1.6i EyeSight以上が目安です。

エンジン的には、2.0Lモデルの方が、最新の直噴技術も採用されていて、排気量以上の性能差を体感できます。

また、税金は2.0Lも1.6L同じなので、2.0Lモデルを狙っていきましょう。

2.0i-Lと2.0i-Sについては、2.0i-Lがベースグレードで、2.0i-Sはスポーツグレードです。

タイヤサイズなどに差があり、乗心地に差がある可能性がある(Sモデルは硬い)ので、実際に試乗してみて決めるといいでしょう。

以上が3代目スバルXV(GT型)のまとめです。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする