富士スバルの限定車 380馬力のWRX STI TC380について

富士スバルの限定車 380馬力のWRX STI TC380について

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~ca-catalog.net~にお越しいただき、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、富士スバルが開発した50台限定の限定車、TC380について紹介します。

スポンサーリンク

TC380の購入条件

TC380を新車で購入するには条件があり、購入後、富士スバルに整備入庫できる方に限られます。

社外パーツを数多く搭載しており、スバルやSTIとは独立した完全なカスタムカーとなるため、普通のスバルディーラーでは整備しきれないのでしょう。

あとは、販売条件には書いていませんが、不具合に気づいたら自分で修理できる方は、所有しても困らないかもしれません。

TC380のエンジン

TC380には、380馬力を発揮するEJ20型ターボエンジンが搭載されています。

EJ20型ターボエンジン(TC380専用チューニング)

水平対向4気筒 2.0L ターボ

最高出力:380PS/回転数不明

最大トルク:不明

EJ20型エンジンは、スバルのスポーツモデルに搭載されてきた歴史あるエンジンです。

熟成を重ねたEJ20型エンジンにとって、380馬力はまだまだ余裕で、もっと上のクラスにたどり着けるとか。

現行WRX STIでは、最終モデル付近で400馬力近いスペックになるという噂もあるので、今後も注目していきましょう!

WJ20型ターボエンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ20型ターボエンジンの詳細記事

TC380のトランスミッション

TC380には6速MTが採用されています。

トランスミッションに関しては、通常モデルのWRX STIと同じのようです。

TC380の駆動方式

TC380には、当然DCCD-AWDが採用されています。

こちらも、通常モデルのWRX STIと同じです。

DCCD-AWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

DCCD-AWDの詳細記事

TC380のエクステリアデザイン

次に、TC380のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

フロントアンダースポイラーがTC380の専用装備です。

次にサイドビューです。

サイドから見るとほとんど通常モデルのWRX STIと同じです。

最後にリアデザインです。

スーパーターボマフラーが装備されるほか、TC380のエンブレムもあります。

バンパーは純正です。

TC380の特別装備

次に、TC380の特別装備を見ていきます。

HKSをはじめとした、数多くの社外パーツが装備されています。

GTⅢ RS SPORTS TURBINE KIT

TC380は、純正のツインスクロールターボではなく、HKS性のターボを搭載しています。

セッティングの自由度が高いから採用されたそうです。

Super Turbo Muffler

低排圧マフラーである、HKS製スーパーターボマフラーです。

スーパーターボマフラーは、柿本(改)と並んで、マフラーチューニングの定番ですね!

METAL CATALYZER

高出力対応&高浄化性能という両性能を最大限に活用し、TC380に搭載されています。

TC380専用 カーボンリップスポイラー

空力を考えたフロントリップスポイラーです。

リアにはエアロパーツが装備されていませんが、オーナーの好みでエアロパーツを選べるようにと、あえて純正状態にしているそうです。

フロントメンバーブレース

ニュートラルなハンドリングを実現するボディ補強パーツです。

RQAエアーフィルター

クイックなアクセルレスポンスを実現します。

TC380専用 RECAROスポーツシート(シリアルID付)

RECARO社のスポーツシートであるSR-6をベースに、RECAROとの共同開発されたTC380専用シートです。

シートポジションもスポーツ走行に適した位置を吟味・調整しています。

また、標準カラーにはない、TC380の専用シートカラーとなります。

※シリアルID

TC380専用リヤオーナメント

TC380専用エンブレムです。

TC380専用オーナメント(インパネ加飾)

インパネにもTC380のロゴがあります。

シリアルナンバープレート(コンソール)

コンソールにシリアルナンバーがあります。

このあたりはSTIの限定車に近い装備です。

シリアルナンバープレート(エンジンルーム内)

エンジンにもシリアルナンバーがあります。

シリアルナンバーには補修パーツは提供されません。

TC380専用 キーウェアジャケット[シリアルID入り]

専用のキーウェアジャケット。

シリアルナンバー入りで、世界に一つだけのものです。

TC380専用 車検証ケース

車検証ケースもTC380専用品です。

TC380の新車価格

次に、TC380の新車価格を見ていきます。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
TC380 EJ20型ターボ

380馬力

6MT DCCD-AWD 4,965,840円
WRX STI

(ベース車両)

EJ20型ターボ

308馬力

6MT DCCD-AWD 3,866,400円

TC380のカスタマイズ費用は、1,018,000円(消費税抜き)となっています。

個人的に感じるTC380の最大の魅力は、全体のバランスの良さです。

個人でカスタマイズを行う場合、単にパワーアップするだけではなく、クルマがパワーに対して最適なバランスをとれているかも重要な点だと思います。

TC380は、プロドライバーによる走り込みも行われているため、単にパワーアップさせただけではなく、クルマ全体としてのバランスも優れているのが魅力です。

TC380の開発者の方々

WRX STI歴代最高スペックとなる380馬力のTC380を開発した方々を紹介します。

監修

新井敏弘

富士スバル(株)

川 田 雅 史

須 永 隆 則

小 川 雄

須 田 和 彦

齋 藤 光 章

塚 越 隆

大 橋 良 平

TC380のまとめ

ここまで、富士スバルが開発したWRX STIの限定車、TC380について紹介してきました。

TC380は、歴代WRX STIで最高の380馬力を発揮するスーパーモデルです。

ただし、購入条件には、富士スバルで整備な可能な方に限られるのが残念な点です。

今回、TC380を購入できなかった方もご安心ください!

現行WRX STIの最終モデル付近では、400馬力に近づくとの噂がありますので、TC380を超えるWRX STIがスバルの公式で販売される可能性もありますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする