スバル レヴォーグに特別使用車V-SPORTが登場【特別塗装WRブルー・パール】

スバル レヴォーグに特別使用車V-SPORTが登場【特別塗装WRブルー・パール】

目次

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~ca-catalog.net~にお越しいただき、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、スバル レヴォーグの特別使用車である、V-SPORTについて紹介します。

V-SPORTでは、STI系の限定カラーである、WRブルー・パールが選択できるほか、ビルシュタイン製ダンパーが採用され、GT-Sに近い装備内容となっています。

スポンサーリンク

スバル レヴォーグV-SPORTのエンジン

スバル レヴォーグV-SPORTでは、1.6Lモデルでのみがラインナップされています。

FB16″DIT”

水平対向4気筒 1.6L 直噴ターボ”DIT”

最高出力:125kW(170PS)/4,800-5,600rpm

最大トルク:250Nm(25.5kgf・m)/1,800-4,800rpm

レギュラーに対応し、2.5Lクラスの動力性能を発揮するエンジンです。

FB16型エンジンインついては次の記事でまとめました。

ぜひご覧ください。

FB16″DIT”型エンジンの詳細記事

スバル レヴォーグV-SPORTのトランスミッション

次に、スバル レヴォーグV-SPORTのトランスミッションを見ていきます。

スバル レヴォーグV-SPORTでは、リニアトロニックが採用されています。

リニアトロニックはチェーン式CVTのことで、無段階変速による滑らかな走りと、チェーン駆動によるダイレクト感のある走りを両立しています。

リニアトロニックについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

リニアトロニックの詳細記事

スバル レヴォーグV-SPORTの駆動方式

次に、スバル レヴォーグV-SPORTの駆動方式を見ていきます。

スバル レヴォーグV-SPORTはフルタイムAWDであり、シンメトリカルAWDとなります。

アクティブトルクスプリットAWDが採用され、前後駆動力配分が60:40とFFよりのセッティングとなり、あらゆる路面で安定した走りを実現します。

アクティブトルクスプリットAWDについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

アクティブトルクスプリットAWDの詳細記事

スバル レヴォーグV-SPORTのエクステリアデザイン

次に、スバル レヴォーグV-SPORTのエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

フロントグリルがダークになるので、引き締まったフロントフェイスになります。

次にサイドビューです。

サイドビューは、通常モデルのレヴォーグと大きく変わりません。

1.6GT EyeSightと違い18インチのアルミホイールとなりますが、1.6GT-Sは18インチホイールなので、インチアップされている感じは受けません。

最後にリアデザインです。

リアデザインも、通常モデルのレヴォーグと大きく変わりません。

やはり、特別使用車をアピールするなら、WRブルー・パールを選びたいですね!

スバル レヴォーグV-SPORTのインテリアデザイン

次に、スバル レヴォーグのV-SPORTのインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りです。

ブルーのアクセントが、さわやかさを演出するインテリアデザインです。

コントラストとメリハリのあるインテリアで、若い世代をターゲットにしているようにも感じます。

次に車内空間を見ていきます。

シートもグレートホワイト系のツートンカラーになっています。

スバルの内装はブラック統一がほとんどなので、スバル車としては新しいデザインの方向性を感じるインテリアです。

スバル レヴォーグV-SPORTの特別装備

次に、スバル レヴォーグV-SPORTの特別装備を見ていきます。

18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)&225/45R18タイヤ

ベースモデルの1.6GT EyeSightが17インチであるのに対し、V-SPORTでは18インチにインチアップされます。

ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)

スバルでは定番のビルシュタインです。

硬さの中にも角の取れた乗り心地が魅力です。

LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)

ブラックベゼルにより引き締まったデザインになります。

メッキ加飾付フロントグリル(ダークメッキ+ブラック塗装)

フロントグリルをダーク調にすることで、スポーティなフロントフェイスを演出します。

ブラックカラードドアミラー

ドアミラーがブラックになります。

アルミパッド付スポーツペダル

アルミ製のペダルです。

アイサイトセイフティプラス(運転支援)[スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/ハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)]

スバルの誇る安全装備の一つです。

アイサイトセイフティプラス(視界拡張)[フロント&サイドビューモニター]

スバルの誇る安全システムの一つです。

狭い道でもsy王が異物を確認しやすくなり、安全運転支援を行います。

コールドウェザーパック[フロントワイパーデアイサー/フロントシートヒーター] フロントシートヒータースイッチ

寒い日にうれしい、シートヒーターです。

スバル レヴォーグV-SPORTのボディカラー

次に、スバル レヴォーグV-SPORTのボディカラーを見ていきます。

WRブルー・パール(特別塗装色)

WRブルー・パールは、STI SPORTのみで選択できていた特別塗装色です。

クリスタルホワイト・パール

クリスタルブラック・シリカ

ダークグレー・メタリック

スバル レヴォーグV-SPORTの新車価格

次に、スバル レヴォーグV-SPORTの新車価格を見ていきます。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
1.6GT EyeSight V-SPORT FB16 “DIT” リニアトロニック アクティブトルクスプリットAWD 3,078,000円
1.6GT EyeSight

(ベース車両)

リニアトロニック アクティブトルクスプリットAWD 2,862,000円

ベースモデルの1.6GT EyeSightに比べて、21万円ほど高くなっています。

恐らく一番コストがかかっているのがビルシュタイン製ダンパーでしょう。

あるいは、1.6GT-Sに、WRブルー・パールを選択できるモデルと考えるといいのかもしれません。

そうなると、本当の比較対象は、1.6GT STI SPORTでしょう。

スバル レヴォーグV-SPORTのまとめ

ここまで、スバル レヴォーグV-SPORTについて紹介してきました。

ビルシュタイン製ダンパーが採用され、スポーティで心地より乗り味が魅力の車です。

ボデイカラーもWRブルー・パールが採用され、特別感も味わえます。

2.0L車とは違い、圧倒的なパワーではなく、日常域で余裕を感じるパワー感ですが、街乗りから高速道路、ワインでイングまで満足感を感じることのできるクルマです。

以上が、スバル レヴォーグV-SPORTのまとめです。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする