スバルWRX S4について(エンジン、トランスミッション、エクステリア、インテリアなど)

スバルWRX S4について(エンジン、トランスミッション、エクステリア、インテリアなど)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきありがとうございます。

当サイトでは、スバルの魅力が伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方や、これから車を買う方でスバルで迷っている方の参考になる記事を展開していきます!

今回はスバルのスポーツセダンである、WRX S4についてです。

スポンサーリンク

WRX S4のCM

最近のスバルはCMの演出が上手ですね。

まずはWRX S4のCMを見てみましょう。

CMを見ればわかる通り、キャッチフレーズは、「大人になったらスポーツセダン」ですね。

実質的に先代レガシィB4 2.0GT DITとWRX STI A-Lineの後継モデルといえるWRX S4は、WRX STI譲りの高い運動性能を基本に、EyeSightや上質な乗り味を実現した大人のスポーツセダンといえるでしょう。

WRX S4のエンジンとトランスミッション

WRX S4には、300馬力の水平対向ターボエンジンが搭載されます。

水平対向4気筒2.0L直噴ターボ”DIT”(FA20″DIT”)

最高出力:221kW(300PS)/5600rpm

最大トルク:400Nm(40.8kgf・m)/2000-4800rpm

トランスミッション:スポ-ツセダンリニアトロニック(CVT)

エンジンは、文句なしの300PA越えのFA20″DIT”エンジンが搭載されます。

レガシィB4 2.0GT DITからの変更点としては、スプリングの強化によりレブリミットが6500rpmとなり高回転化されました。

FA20″DIT”の詳細記事

トランスミッションは、スポ-ツリニアトロニックで、レガシィB4 2.0GT DITの高トルク対応リニアトロニックと比べて、さらなるダイレクトな走りが実現されました。

また、S#モード選択時の8段ステップ制御のギア比が変わり、よりエンジンパワーを最大限に発揮できるギア比に設定されています。

WRX S4の駆動方式

WRX S4の駆動方式は全車AWDです。

もちろシンメトリカルAWDであり、VTD-AWDが搭載されます。

VTD-AWDについては、次の記事をご覧ください。

VTD-AWDについて

WRX S4のエクステリア

WRX S4のエクステリアデザインについて紹介します。

まずはフロントです。

WRX STIと似たデザインですが、バンパ-のフォグランプのデザインが異なります。

次にサイドです。

流線型のデザインで、きれいなデザインとなっています。

フロントタイヤハウス後ろのダクトが、高性能さをアピールしています。

最後にリアです。

スバルの共通デザインである「コの字」型ライトです。

マフラーは4本出しで、WRX STIと同じです。

WRX S4のインテリア

運転席周りのデザインです。

アルミペダルがスポーティ感を強調しています。

WRX S4のメーターデザインです。

WRX STIと同じく260km/hまでのメーターとなります。

国内仕様モデルは180km/hでリミッターがかかります。

実質的にレヴォーグのセダンモデルとなるWRX S4なので、車内空間はレヴォーグと同じです。

WRX S4の価格

WRX S4の価格についてまとめました(201/11/22現在)。

グレード 搭載エンジン 駆動方式 価格
2.0GT EyeSight FA20″DIT” AWD 3,369,600円
2.0GT-S EyeSight 3,736,800円

WRX S4はFA20″DIT”エンジンのみの搭載です。

ベースグレードが2.0GT EyeSightで、

ビルシュタインなどの高性能パーツを装備したものが2.0GT-S EyesSightになります。

WRX S4はスポ-ツセダンなので、ぜひビルシュタイン搭載グレ-ドを狙っていきたいですね。

WRX S4のまとめ

スバルの新型スポ-ツセダンである、WRX S4についてまとめました。

エンジンは2.0L直噴ターボDITで、

トランスミッションはスポ-ツリニアトロニックです。

WRX STIと同じ車体で、ATであることから、レガシィB4 2.0GT DITやWRX STI A-Lineの後継モデルといえます。

快適にスポ-ティな走りを楽しみたい方にはお勧めできるモデルです!

WRX S4の歴代モデル記事一覧

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする