スバル VTD-AWDはFR寄りのセッティングでスポーツ走行向け

VTD-AWDについて

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、スバルのAWD方式の一つである、VTD-AWDについて。

VTD-AWDは前後のトルク配分を45:55に設定し、状況に応じてトルク配分を変化させるAWDシステムです。

FR寄りの駆動力配分とすることで、スポーツ走行に適したAWDシステムとなります。

スポンサーリンク

VTD-AWDはスポーツ走行重視のセッティング

VTD-AWDはスポーツ走行重視のセッティングです。

トルク配分は前45:後55で、FR寄りの駆動力配分になっています。

これにより、クイックなハンドリングとAWDの安定感のいいところを合わせたような特性のクルマになります。

※アクティブトルクスプリットは前60:後40の駆動力配分でFF寄りの設定です。

アクティブトルクスプリットAWDの詳細記事

FFの挙動

FFでは、前輪が駆動し後輪が追従。

ハンドルを切ると前輪が曲がり後輪が追従。

すなわち、駆動も旋回も、すべて前輪が担当します。

これがかなりの負担となります。

つまりハンドルを切った時に、コーナーリングフォース(曲がる力)を100%発揮できない。

それは、ハンドルを切ったが意外に曲がらない。

という挙動になります。

これは何だか危険な気がしますが、言い換えればレスポンスが穏やかであり、運転になれていない方は扱いやすくなります。

カーブでハンドルを切る。

曲がり方が足りないからハンドルをさらに回していく。

という運転スタイルになります。

極端な話ですが、もしハンドルがクイックすぎて、ハンドルを切ったら俊敏に曲がったらびっくりしますよね。

FFではそういうことがなく穏やかな挙動になります。

FRの挙動

次にFRの挙動ですが、FRでは、

駆動力に関しては、後輪が駆動し前輪は押されるだけ。

旋回性については、前輪が曲がり後輪が追従。

となっており、駆動と旋回の負担を前輪と後輪で分担します。

なので、前輪はコーナリングフォースを最大限に発揮でき、ハンドル操作に対してクイックな反応を示します。

ハンドルを切れば切った分だけクルマが曲がっていくという挙動です。

スポーツカーがFRなのは、このためです。

VTD-AWDの考え方

VTD-AWDでは、FR寄りのクイックなレスポンスを実現しながらも、AWD制御を用いて悪天候下でも滑らず安定した走りをじつげんできるという、高性能AWDであることがわかりました。

これがVTD-AWDが走行性能重視のAWDシステムと言われている理由になります。

VTD-AWDの搭載車種

まずは、VTD-AWDの搭載車種から見ていきましょう。

基本的に、スバルのVTD-AWDは、ハイパフォーマンスモデルに搭載されます。

ここ最近のモデルで見ると、WRX S4やレヴォーグの2.0GT系、レガシィのターボモデルやアウトバックの3.6Lモデルが挙げられます。

WRX S4

スバルのスポーツセダンであるWRX S4にもVTD-AWDが採用されます。

「大人になったらスポーツセダン」のキャッチフレーズの通り、紳士的にクールに駆け抜ける高性能セダンです。

WRX S4の歴代モデル

レヴォーグ2.0GT系

人気モデルのレヴォーグ2.0GT系にもVTD-AWDが搭載されています。

1.6Lモデルでは、アクティブトルクスプリットAWDが搭載されています。

本気の走行性能を求めるなら、2.0Lモデルでしょう。

レヴォーグの歴代モデル

レガシィターボモデル

かつて存在したレガシィのターボモデルもVTD-AWDでした。

レガシィはスポーツセダン/ワゴンの象徴だったので、走行性能に妥協はありませんでした。

レガシィツーリングワゴンの歴代モデル

レガシィB4の歴代モデル

レガシィの6気筒モデル

レガシィの6気筒モデルにもVTD-AWDが採用されました。

最後に搭載されたのは、BR型レガシィアウトバックの3.6Rです。

現在北米向けに販売されているレガシィの3.6Lモデルにも、VTD-AWDが採用されているようです。

国内向けには2.5Lモデルしか存在せず、アクティブトルクスプリットAWDが採用されています。

レガシィアウトバックの歴代モデル

まとめ

まとめです。

ここまで、FFの挙動、FRの挙動から、VTD-AWDの考え方を書きました。

そして、代表的なVTD-AWDの搭載モデルも紹介しました。

基本的にVTD-AWDはスバルのハイパフォーマンスモデルに搭載されます。

なお、フォレスターXTはターボエンジンを搭載するハイパフォーマンスモデルですが、アクティブトルクスプリットAWDが搭載されます。

これは、フォレスターがSUVであり、クロカン用途を考慮して、あらゆる路面で安定性の高いアクティブトルクスプリットAWDを採用しているためです。

ターボモデルのすべてがVTD-AWDというわけではないのですね。

以上がVTD-AWDのまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする