スバル VTD-AWDはFR寄りのセッティングでスポーツ走行向け

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイトを目指し、運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、スバルのAWD方式の一つである、VTD-AWDについて。

VTD-AWDは前後のトルク配分を45:55に設定し、状況に応じてトルク配分を変化させるAWDシステムです。

FR寄りの駆動力配分とすることで、スポーツ走行に適したAWDシステムとなります。

スポンサーリンク

VTD-AWDはFR寄りでスポーツ走行重視のセッティング

VTD-AWDはFR寄りでスポーツ走行重視のセッティングです。

トルク配分は前45:後55で、FR寄りの駆動力配分になっています。

これにより、

  • FRのクイックなハンドリング
  • AWDの安定感

のいいところを合わせたような特性のクルマになります。

FRの挙動について

FRの車は、ステアリングを前輪が、駆動を後輪が担当します。

つまり、

  • 駆動力に関しては、後輪が駆動し前輪は押されるだけ
  • 旋回性については、前輪が曲がり後輪が追従するだけ

となっており、駆動と旋回の負担を前輪と後輪で分担します。

なので、前輪は駆動力を伝達する必要性が小さくなり、コーナリングフォースを最大限に発揮できます。

その結果、ハンドル操作に対してクイックな反応を示します。

ハンドルを切れば切った分だけクルマが曲がっていくという挙動です。

スポーツカーがFRなのは、このためです。

VTD-AWDの挙動について

もちろん、スバルのVTD-AWDは、FRよりいなセッティングなだけであり、実際にはAWDとなります。

そのため、センサーが車両の挙動を監視し、常に最適な駆動力を4輪に対して分配しています。

よって、VTD-AWDは、FRの特性を生かしつつ、AWDの安定性を備えたスポーツ志向のAWDシステムということができます。

これは、駆動力配分が前60:後40となっているアクティブトルクスプリット方式とは対称的になります。

VTD-AWDの用途としては、

  • 普段はウィンディングをクイックにドライブ
  • 雨の高速道路はAWDを生かして安心感のあるドライブ

などが想定できます。

VTD-AWDの搭載車種

VTD-AWDは、スバルのハイパフォーマンスモデルに数多く採用されています。

ここ最近のモデルで見ると、WRX S4やレヴォーグの2.0GT系、レガシィのターボモデルやアウトバックの3.6Lモデルが挙げられます。

WRX S4の搭載例

WRX S4には、DCCD-AWDが積極的に採用されています。

WRX S4の搭載モデルをまとめます。

モデル 搭載エンジン トランスミッション
VAG 2.0GT系 FA20″DIT” リニアトロニック
2.0STI SPORT FA20″DIT” リニアトロニック
tS
(2014 Model)
FA20″DIT” リニアトロニック

レヴォーグ

レガシィ ツーリングワゴンの後継モデルである、大人気モデルのレヴォーグ2.0GT系にもVTD-AWDが搭載されています。

1.6Lモデルでは、アクティブトルクスプリットAWDが搭載されています。

本気の走行性能を求めるなら、2.0Lモデルでしょう。

レヴォーグの搭載モデルをまとめます。

モデル 搭載エンジン トランスミッション
VM 2.0GT系 FA20″DIT” リニアトロニック
2.0STI SPORT FA20″DIT” リニアトロニック

レガシィ シリーズ

レガシィ シリーズには、長らくVTD-AWDが搭載されてきました。

レガシィのEJ20型ターボ+VTD-AWDは、スバルのスポーツモデルの象徴的なモデルです。

レガシィ シリーズの搭載例です。

モデル 搭載エンジン トランスミッション
BR(TW)
BM
2.0GT “DIT”系 FA20″DIT” リニアトロニック
2.5GT系 EJ25型ターボ E-5AT
6MT
tS(2010) EJ25型ターボ E-5AT
6MT
BR(OUTBACK) 3.6R EZ36 E-5AT
BP(TW)
BL
BP(OUTBACK)
2.0GT系 EJ20型ターボ E-5AT
5MT
6MT
3.0R EZ30 E-5AT
BP(OUTBACK) 2.5XT EJ25型ターボ E-5AT
これより以前のモデルは調査中です。

まとめ

ここまで、VTD-AWDについて紹介してきました。

ここまで、FFの挙動、FRの挙動から、VTD-AWDの考え方を書きました。

そして、代表的なVTD-AWDの搭載モデルも紹介しました。

基本的にVTD-AWDはスバルのハイパフォーマンスモデルに搭載されます。

なお、フォレスターXTはターボエンジンを搭載するハイパフォーマンスモデルですが、アクティブトルクスプリットAWDが搭載されます。

これは、フォレスターがSUVであり、クロカン用途を考慮して、あらゆる路面で安定性の高いアクティブトルクスプリットAWDを採用しているためです。

ターボモデルのすべてがVTD-AWDというわけではないのですね。

以上がVTD-AWDのまとめになります。

おすすめ!

無料で中古車を探せるサービスです。
理想の車がなかなか見つからないときは利用してみてください。
なお、非公開車とは好条件の車など、順番待ちなどでネットで公開される前に売れてしまう車のことです。

登録して待てば条件に合う非公開車両を紹介してくれる無料サービス。
限定車や年式の古い好条件の車を探すのに最適です。
公式サイト
業界最大級の中古車展示サイト
定期的にチェックしていると、理想の車が見つかるかもしれません。
無料で販売店への見積もり依頼が可能なので、迷ったら積極的に利用していきましょう。
公式サイト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする