スバル シフォン、シフォンカスタム(LA600型、LA610型)について(加速性能、タントとの違い、スマートアシストなど)

スバル シフォン、シフォンカスタム(LA600型、LA610型)について(加速性能、タントとの違い、スマートアシストなど)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

さて、今回はスバル シフォン、シフォンカスタムについてです。

スバル シフォンはダイハツからのOEMで、タントとの兄弟関係となります。

では、スバル シフォン、シフォンカスタムについて詳しく見ていきましょう。

スバル シフォン(LA600型、LA610型)のCMなど

まずは、スバル シフォンのCMからご覧ください。

助手席側にセンターピラーがなく、広いドアを実現するミラクルオープンドアをサッカーゴールに見立てた演出がされています。

ミラクルオープンドアは、CMの演出の通り、幼稚園、小学校のお迎えなどで、

さらには、大きな買い物をした時など、役立つ場面が多いでしょう。

加速動画では、日常域では問題の加速性能を有していることがわかります。

しかし、80km/h以降の伸びが悪いので、高速道路を頻繁に走る場合には、注意が必要です。

スバル シフォン(LA600型、LA610型)の加速性能

次に、スバル シフォンの加速性能を見てみます。

スバル シフォンの加速動画は見つからなかったので、同じ型式のタントカスタムのターボモデルの加速動画です。

先ほども書きましたが、スバル シフォンは、ダイハツ タントカスタムの兄弟車種です。

スバル シフォン(LA600型、LA610型)のエンジン

次に、スバル シフォンのエンジンについて見ていきます。

スバル シフォンにはダイハツ製のエンジンが搭載され、

直列エンジン3気筒660ccと、

直列エンジン3気筒660ccのターボモデルがあります。

スバル シフォンのベーシックな自然吸気エンジン

直列エンジン3気筒660cc

最高出力:38kW(52PS)/6800rpm

最大トルク:60Nm(6.1kgf・m)/5200rpm

軽自動車のエンジンは排気量が小さいため、最高出力は6800rpmで発生します。

小型エンジンはストロークが短く、高回転に向くエンジンのため、6800rpmという高回転まで回るのは、小型エンジンの特徴を最大限に利用したエンジンといえます。

RS Limitedのターボエンジン

直列エンジン3気筒660ccターボ

最高出力:47kW(64PS)/6400rpm

最大トルク:92Nm(9.4kgf・m)/3200rpm

スバル シフォンのターボエンジンは軽自動車の最高出力規制の64PSまで発揮します。

最高出力は6400rpmという自然吸気モデルに引けを取らない高回転まで回ります。

最大トルクも低回転域の3200rpmからしっかりと発揮されるため、乗りやすいエンジンでしょう。

ダイハツは軽自動車のオープンスポーツカーであるコペンを製造しているブランドなので、エンジンの気持ちよさにもこだわっているのかもしれません。

スバル シフォン(LA600型、LA610型)のトランスミッション

スバル シフォンにはCVT(自動無段変速機)が搭載されます。

スバル シフォンはダイハツ製のため、スバルのチェーン式CVTであるリニアトロニックは搭載されません。

スバル シフォン(LA600型、LA610型)の駆動方式

スバル シフォンの駆動方式は、FFとAWDの2種類です。

ともにエンジン横置きの横置きトランスミッションになります。

FF(前輪駆動)モデルがLA600型、

AWD(全輪駆動)モデルがLA610型になります。

スバルのシンメトリカルAWDは搭載されません。

スバル シフォン(LA600型、LA610型)のエクステリアデザイン

次に、スバル シフォンのエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

フロントグリル、そしてバンパーデザインが特徴的です。

ホワイト系のボディカラーでは、全体的にやさしい印象を受けます。

メッキが多用されていることから、写真のようなホワイト系の明るいボディカラーよりは、濃紺カラーの方が、よりエクステリアデザインが際立つでしょう。

次にサイドデザインです。

助手席側のスライドドアは、センターピラーがなく、ミラクルオープンドアになります。

窓が大きいため、運転席からの視界は広いでしょう。

最後にリアデザインです。

リアも窓が大きいデザインなので、車庫入れも楽にできるでしょう。

シフォンカスタムでは、メッキパーツが装備されます。

その他、テールライトのデザインが、逆向きのL字型デザインなのも特徴です。

スバル シフォン(LA600型、KA610型)のインテリアデザイン

次に、スバル シフォンのインテリアデザインについて見ていきます。

まずは運転席周りから。

スピードメーターは、センターに配置されており、お子様を乗せたときに子供も楽しめる車内空間になっています。

ナビの位置も高く、画面も大きいため、視認性もいいです。

全体的に凝縮感のあるレイアウトで、使い勝手は良さそうなインテリアデザインになっています。

次に車内空間を見てみます。

リアシートにもヘッドレストが装備されるので、後部座席も安心です。

それ以外では、写真から見ると、他の軽自動車よりも後部座席の足元空間は広そうな感じです。

幼稚園のお迎えなど、様々な場面で活躍できそうなクルマです。

スバル シフォン(LA600型、LA610型)の安全装備

スバル シフォン(LA600型、LA610型)にはスマートアシストが搭載されます。

スマートアシストは、カメラやレーダーで前方を監視し、前方の障害物を認識して自動ブレーキが作動したり、ギアの入れ間違いによる誤発進を防ぐシステムです。

詳細は、下の動画をご覧ください。

なお、ダイハツ製のクルマのため、EyeSightは選択できません。

後で書きますが、スバル シフォンは軽自動車としては全体的に価格が高いため、最上級モデルのシフォン カスタム RS Limited スマートアシストでは、インプレッサも狙える価格帯です。

インプレッサでは、維持費は上がりますが、先進の運転支援システムであるEyeSightが選べるため、安全性能で選ぶならインプレッサも検討してみてください。

参考に、EyeSightの詳細記事をまとめているので、ぜひご覧ください。

EyeSightの詳細記事

スバル シフォン(LA600型、LA610型)の新車価格

最後に、スバル シフォンの新車価格についてまとめます(投稿日現在)。

 モデル グレード エンジン 駆動方式 価格
シフォン L スマートアシスト 660cc FF 1,285,200円
AWD 1,414,800円
G スマートアシスト FF 1,420,200円
AWD 1,544,400円
G Special

スマートアシスト

FF 1,485,000円
AWD 1,609,200円
シフォン

カスタム

R スマートアシスト FF 1,617,840円
AWD 1,742,040円
R Limited

スマートアシスト

FF 1,652,400円
AWD 1,776,600円
R Special

スマートアシスト

FF 1,684,800円
AWD 1,809,000円
RS Limited

L スマートアシスト

660cc

ターボ

FF 1,749,600円
AWD 1,873,800円

スバル シフォンは全モデルでスマートアシストが搭載されるため、安全面での差はありません。

しかし、軽自動車にしては全体的に価格が高く、普通乗用車も狙える価格帯になってきます。

特に、最上級モデルのシフォン カスタム RS Limited スマートアシストに関しては、インプレッサなども狙える価格になってきます。

インプレッサは排気量が1.6Lと2.0Lであり、税金面などの維持費で差が出ますが、

先進の運転支援システムEyeSightが搭載されるため、安心感は全く異なります。

以上が、スバル シフォン(LA600型、LA610型)のまとめです。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする