2代目スバルXV(GP型)について(エンジン、トランスミッション、安全装備など)

2代目スバルXV(GP型)について(エンジン、トランスミッション、安全装備など)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただき、ありがとうございます。

当サイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営を行っています。

スバリストの方も、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になればうれしいです。

今回は、2代目となるスバルXV(GP型)についてまとめました。

スバル XVは、インプレッサをベースにしたSUVで、都会派SUVになっています。

本格派SUVのフォレスターとは異なり、デザインやカラーなどで、街中でもひときわ目立つ存在になれます。

スポンサーリンク

2代目スバルXV(GP型)の動画

2代目スバルXV(GP型)の動画を見つけたので紹介します。

まずはCMです。

なかなか攻めた演出になっています。

日常生活でSUVを使うことで行動範囲が広がり、より広い世界観を知ることができるという意味でしょう。

スバルのAWDシステムを備えたXVは、走破性はかなりいいです。

次に加速動画です。

0-100加速が10. 04秒です。

日常用途では十分な加速力でしょう。

2代目スバルXV(GP型)のエンジン

スバル XVのエンジンは、FB20型です。

インプレッサに搭載されているFB16型は設定がありません。

FB20型エンジンのスペックは、

最高出力:110kW(150PS)/6200rpm

最大トルク:196Nm(20.0kgf・m)/4200rpm

普段使いには十分なエンジンスペックを備えています。

アイドリングストップが搭載されたり、レギュラー仕様であることなど、経済面にも配慮されています。

FB20型エンジンの特徴は、次の記事に詳しくまとめました。

FB20型エンジンの特徴

2代目スバルXV(GP型)のトランスミッション

スバル XVのトランスミッションは、リニアトロニックのみになります。

レガシィなどと同じトランスミッションで、チェーン式のCVTであるため、ダイレクト感のある走りが可能です。

その他、変速ショックのないスムーズな加速は快適です。

また、間もなく新型のスバルXVが登場しますが、その時に採用されるリニアトロニックは、新型インプレッサと同様、改良版が搭載されるはずなので、さらなるダイレクトな走りと変速レスポンスの速さ、そして低燃費を期待できます。

2代目スバルXV(GP型)のエクステリアデザイン

次に、2代目スバルXV(GP型)のエクステリアデザインについて見ていきましょう。

まずはフロントデザインです。

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BBXV

次にサイドビューです。

流れるようなフロントから、厚みのあるリアへのプレスラインがきれいです。

その他、屋根に丸みがあり、角がないデザインも、SUV特有の激しさのないデザインで好印象です。

次にリアデザインです。

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BBXV

2代目スバルXV(GP型)のインテリアデザイン

次にインテリアを見ていきましょう。

まずは運転席周りです。

常にクルマの状態をドライバーに伝えるマルチファンクションディスプレイが装備され、クラスを越えた贅沢装備が満載です。

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BBXV

次に車内空間です。

インプレッサをべースとしているため、車内空間はインプレッサと同じです。

おしゃれなクルマはデザインのために車内空間が犠牲になりがちですが、

2代目スバルXV(GP型)は、デザインがおしゃれなのにインプレッサと全く同じ車内空間を実現しています。

出展:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/737422.html

2代目スバルXV(GP型)の安全装置

スバル XVにはEyeSightが搭載されます。

EyeSightは最新型のver.3であり、ステレオカメラがカラーで画像を認識することで、プリクラッシュブレーキの作動範囲や、衝突被害軽減の速度域が増しました。

レヴォーグなどの上位モデルなどと同じ安全装置が搭載されて入り、

「安心と愉しさ」を実現するスバルならではのこだわりだと言えます。

スバル XVハイブリッドについて

スバル XVハイブリッドは、別の記事で投稿します。

ハイブリッドですが、走りの愉しさを実現するために、燃費重視の制御はされていないのが特徴です。

モーターは、エンジンの補佐をして、加速力をアップさせるために搭載されています。

2代目スバルXV(GP型)の価格

スバル XVの価格をまとめます。

エンジン 価格
2.0i EyeSight FB20 2,397,600円
2.0i-L EyeSight 2,592,000円

エンジンはすべてFB20型の2.0Lエンジンです。

2.0i EyeSightはベースグレード、2.0i-L EyeSightは上位グレードになります。

どちらのグレードもEyeSightは搭載されています。

安全装備は差がないので、装備の差で選べばいいでしょう。

セレクトレバーのデザインなどが変わります。

2.0i EyeSightがこちらです。

2.0i-L EyeSightでは、本革巻きになり、カバーも付属します。

以上が2代目スバルXV(GP型)のまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする