スバルの主力エンジン FB20型自然吸気エンジンの特徴と搭載例について

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただき、ありがとうございます。

当サイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営を行っています。

スバリストの方も、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になればうれしいです。

今回は、スバルのFB20型自然吸気エンジンについて紹介します。

スバルのFB20型自然吸気エンジンは、日本国内において十分な排気量の2.0Lエンジンであり、今後のスバル車に数多く搭載されるエンジンです。

ハイブリッドと組み合わせたり、多彩なナインナップがありますので、歴代モデルも含め、しっかりとまとめていきます。

スポンサーリンク

FB20型自然吸気エンジンの基本スペックとEJ20型との比較

FB20型自然吸気エンジンは、水平対向4気筒 2.0Lとなります。

すべてDOHCであり、EJ20型自然吸気エンジンのようなSOHC仕様はありません。

ボア×ストロークは84mm×90mmであり、ロングストロークエンジンとなっています。

ロングストロークエンジンは低速トルクが太く、日常用途において低燃費で力強く走るというメリットがあり、非常に近代的なエンジンです。

FB20型自然吸気エンジンは、EJ20型自然吸気エンジンの後継モデル的エンジンですが、エンジンの基本スペックを比較すると、特性の違いが一目瞭然でしょう。

FB20型自然吸気 EJ20型自然吸気
ボア 84mm 92mm
ストローク 90mm 75mm
タイプ ロングストローク ショートストローク
低速トルク 太い 細い
高回転馬力 低い 高い
用途 日常 スポーツ走行
燃費 良い 悪い

このように、日本において一般的となる2.0Lの排気量において、近代的なエンジンとなるスバルのFB20型エンジンは、数多くの車に採用されています。

ハイブリッドと組み合わせたモデルも登場し、これからのスバルの主力のエンジンとなっていくでしょう。

FB20型自然吸気エンジンの歴代スペック

FB20型自然吸気エンジンの搭載例は非常に多いです。

フォレスター

スバルのSUVであるフォレスターにFB20型自然吸気エンジンが採用されています。

以下、歴代スペックをまとめます。

モデル 最高出力 最大トルク 備考
SK Advance 107kW(145PS)/6000rpm 188Nm(19.2kgf・m)/4000rpm 直噴
+e-BOXER
SJ 2.0i系 109kW(148PS)/6200rpm 196Nm(20.0kgf・m)/4200rpm ポート噴射
SH 2.0i系
(2010年10月~)
109kW(148PS)/6000rpm 196Nm(20.0kgf・m)/4200rpm ポート噴射
2.0i系
(~2010年9月)
EJ20型自然吸気エンジン搭載

フォレスターのエントリーモデルは、長らく2.0Lエンジンが採用されていました。

しかし、FK型より、排気量が2.5Lに拡大し、FB25型自然吸気エンジンが採用されるようになりました。

そのため、FB20型エンジン単体での採用例はなくなり、モータと組み合わせたe-BOXERとして、マイルドハイブリッドモデルでの採用となっています。

インプレッサ シリーズ

インプレッサにも数多くの搭載例があります。

以下、歴代スペックです。

モデル 最高出力 最大トルク 備考
GT型
GK型
2.0i系 113kW(154PS)/6000rpm 196Nm(20.0kgf・m)/4000rpm 直噴
GP型
GJ型
2.0i系 110kW(150PS)/6200rpm 196kW(20.0kgf・m)/4200rpm ポート噴射
GP型 HYBRID 110kW(150PS)/6000rpm 196Nm(20.0kgf・m)/4200rpm ポート噴射
+ハイブリッド

インプレッサは車両サイズが2.0Lクラスの車なので、今後も搭載例は増えていくでしょう。

下位モデルとしてFB16型自然吸気エンジンを採用したモデルもあるのですが、税金面などのランニングコストを考えれば、FB20型の方がお得です。

XV

インプレッサをベースにしたSUVモデルのXVにも、数多くの搭載例があります。

以下、搭載例です。

モデル 最高出力 最大トルク 備考
GT 2.0i系 113kW(154PS)/6000rpm 196Nm(20.0kgf・m)/4000rpm 直噴
Advance 107kW(145PS)/6000rpm 188Nm(19.2kgf・m)/4000rpm 直噴
+e-BOXER
GP 2.0i系 110kW(150PS)/6200rpm 196Nm(20.0kgf・m)/4200rpm ポート噴射
HYBRID 110kW(150PS)/6000rpm 196Nm(20.0kgf・m)/4200rpm ポート噴射
+ハイブリッド
HYBRID tS 110kW(150PS)/6000rpm 196Nm(20.0kgf・m)/4200rpm ポート噴射
+ハイブリッド

XVのラインナップは基本的にインプレッサと同じです。

まとめ

ここまで、スバルの主力エンジンであるFB20型自然吸気エンジンについて紹介してきました。

スバルの長年の課題であったショートストロークエンジンの問題を解決し、直噴システムも採用するなど、環境性能に関して一気に近代化したエンジンです。

インプレッサを中心に、今後も搭載例の増えていくエンジンですので、今後カタログなどで目にする機会も多いのではないでしょうか。

以上、FB20型自然吸気エンジンについて、参考になれば幸いです。

おすすめ!

無料で中古車を探せるサービスです。
理想の車がなかなか見つからないときは利用してみてください。
なお、非公開車とは好条件の車など、順番待ちなどでネットで公開される前に売れてしまう車のことです。

登録して待てば条件に合う非公開車両を紹介してくれる無料サービス。
限定車や年式の古い好条件の車を探すのに最適です。
公式サイト
業界最大級の中古車展示サイト
定期的にチェックしていると、理想の車が見つかるかもしれません。
無料で販売店への見積もり依頼が可能なので、迷ったら積極的に利用していきましょう。
公式サイト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする