S207について(歴代最高エンジンスペックやDampMatic IIについて)

S207について(歴代最高エンジンスペックやDampMatic IIについて)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方も、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、STIのコンプリートカーである、S207についてです。

S207の最大のトピックスは、歴代最高スペックの328馬力のEJ20型ターボエンジンの搭載にあります。

その他、100台限定でボディカラーにサンライズイエローが採用されました。

スポンサーリンク

S207のサウンド

S207のマフラーサウンドです。

乾いた軽い音で、心地よい音質といった感じです。

こもり音もなく、すっきりしていて、このエンジンでワインディングを流すと爽快でしょう。

S207の走行動画

S207の試乗動画です。

S207の走行シーンを見るにはいい動画だと思います。

S207のエンジン

S207には、バランスされたEJ20型ターボエンジンが搭載され、歴代最高スペックの328馬力を誇ります。

EJ20型ターボエンジン(高出力バランスドエンジン)

最高出力:241kW(328PS)/7200rpm

最大トルク;431Nm(44.0kgf・m)/3200-4800rpm

標準モデルのWRX STIに搭載されるEJ20型ターボエンジンよりも高回転化することで、高回転馬力を得ています。

これも、バランスドエンジンの実力なのでしょう。

高回転までスムーズに回るエンジンになっています。

EJ20型ターボエンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ20型ターボエンジンの詳細記事

S207のトランスミッション

S207のトランスミッションは、標準モデルのWRX STIと同じ6MTが採用されます。

S207のAWDシステム

S207には、標準モデルのWRX STIと同じDCCD AWDが搭載されます。

もうWRX STIでは当たり前の装備になっていますね。

DCCD AWDは、ドライバーズコントロールセンターデフAWDの略です。

前後のトルク配分は41:59で、機械式と電子制御のLSDを搭載しています。

機械式LSDはトルク感応機械式で、遅れのないリニアな制御が可能であり、電子制御LSDでは、緻密な制御が可能です。

また、LSDの効き具合を調整できるのもDCCD AWDの大きな特徴となっています。

DCCD AWDについては、次の記事で詳細をまとめているのでぜひご覧ください。

DCCD AWDの詳細記事

S07のエクステリアデザイン

次に、S207のエクステリアデザインについて見ていきましょう。

まずはフロントデザインです。

大型のアンダースポイラーが印象的です。

フロントグリルの赤いモールは、ハイパフォーマンスカーの証です。

次に、S207のサイドビューです。

サイドビューは、カーボンリアウィング搭載モデル以外は、標準モデルのWRX STIとは大きく変わりません。

次に、207のリアデザインです。

バンパーにある赤のラインがいいですね。

カーボン製のリアウィング装着モデルであれば、さらに存在感も増します。

次に、S207のマフラーです。

見た目はWRX STIと同じ4本出しマフラーですが、低背圧マフラーが搭載されます。

ボディカラ-は100台限定でサンライズイエローが選べました。

スポーツカーには、パステルカラーがよく似合います。

S207のインテリアデザイン

次に、S207のインテリアデザインについてです。

まずは運転席周りから見ていきましょう。

ハンドルにはSTIのエンブレムがあります。

パネルにはチェリーレッドがあしらわれ、限定モデルのハイパフォーマンスカーに乗る喜びを増大させます。

標準モデルのWRX STIとは異なり、バケットタイプのシートが採用されます。

バケットタイプのシートはホールド性に優れるため、サーキットなどでの激しい走行では重宝します。

一般用とにおいては、普通のシートの方が何かと便利なので、そのあたりは考えて購入したほうが良いでしょう。

S207の新車価格

最後に、S07の新車価格をまとめておきます。

グレード エンジン 駆動方式 価格
S207 EJ20型ターボ AWD 5,994,000円
S207 NBR チャレンジパッケージ 6,318,000円
S207 NBR チャレンジパッケージ

イエローエディション

6,372,000円

専用ボディカラーのサンライズイエローを選択できるのは、最上級モデルの

S207 NBR チャレンジパッケージイエローエディションのみになります。

このモデルは400台限定のS207の中でも、さらに100台の限定となる希少なモデルです。

エンジンは全モデルで328馬力を発生するEJ20型ターボ(高出力バランスドエンジン)が搭載されます。

おすすめグレードとしては、S207 NBR チャレンジパッケージイエローエディションです。

スポーツカーはパステルカラーがよく合い、さらに通常のWRX STIにはない設定色なので、特別感は満載です。

しかし、たったの100台しか存在しないので、入手は難しいでしょう。

また、カーボンリアウィングの有無で見れば、最低でもS207 NBR チャレンジパッケージを選びたいです。

以上がS207のまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする