2020年モデル 新型WRX STI Series. White ロサンゼルスモーターショーに登場!310馬力のEJ25搭載!

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイトを目指し、運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、ロサンゼルスモーターショー2019で公開された、2020年モデルとなるWRXシリーズの、Series. Whiteについて紹介します。

スポンサーリンク

アメリカではWRX STIの販売が継続される

日本ではWRX STIの販売終了がアナウンスされ、EJ20 Final Editionが発売されましたが、アメリカでは今後もWRX STIの販売は続くようです。

日本国内での生産終了の原因としては、日本においては排ガス規制の影響が厳しく、EJ20ターボエンジンでは、今後の規制に合格できないからでしょう。

おそらく、FA20″DIT”がWRX STI用にチューニングされて登場すると思いますが、まだ先の話で、しばらくの間は生産を終了することになります。

アメリカにおいては、EJ20ターボではなく、排気量が2.5LのEJ25型エンジンとなりますが、まだまだ販売が継続されます。

そんなアメリカでは、ロサンゼルスモーターショー2019において、2020年モデルとなるWRX STIおよびWRX(日本におけるWRX S4)の特別仕様車が発表されました。

主要スペックに変更はなし

アメリカにおける限定車はSeries. Whiteなのですが、主要スペックに変更点はありません。

WRX STI Series.White(限定500台)

水平対向4気筒2.5L ターボ(EJ25ターボ)

最高出力:310hp/6000rpm

最大トルク:290lb.-ft/4000-5200rpm

WRX Series. White(限定500台)

水平対向4気筒2.0L 直噴ターボ(FA20″DIT”)

最高出力:268hp/5600rpm

最大トルク:258lb.-ft/2000-5200rpm

なお、WRXに関しては、ビルシュタイン製のハイパフォーマンスサスペンションが採用されるなど、徹底的にスポーツ性能に振った仕様となっています。

限定ボディカラーのセラミックホワイト

今回のWRXシリーズの限定車の特徴は、ボディカラーのセラミックホワイトです。

英語表記で、Exclusive Ceramic White exterior paintというボディカラーになるようです。

WRX Series.Whiteのギャラリー

ここからは、WRX STI Seres. Whiteのギャラリーを紹介します。

WRX Series. Whiteの画像

まずは標準のWRX Series. Whiteの画像からです。

WRXは、日本国内におけるWRX S4になります。

ブラックのメッシュグリルで、引き締まったフロントフェイスになっています。

WRXの特徴としてはフォグランプがあることです。

後述のWRX STI Series. Whiteでは、フォグランプはありません。

特別装備のブロンズカラーのホイールです。

WRX Series. Whiteには、18インチが装備され、特別装備品となっています。

WRX Serries. Whiteには、ブレンボが採用されます。

  • 前:4ポット
  • 後:2ポット

となっています。

ビルシュタイン製ダンパーも採用され、標準のWRXよりもスポーツ志向の強いセッティングになっています。

リアエンブレムである、

  • SUBARU
  • SYMMETRICAL AWD

はブラックです。

エンブレムがブラックというのは、アウトバック X-BRAKEあたりから始まっている、スバルの新しいデザインですね。

リアにはWRXのエンブレムが。

こちらもカラーはブラックです。

フェンダーにもWRXのロゴがあります。

ドアミラーです。

WRX STI Series. Whiteの画像

次に、EJ25型ターボエンジンを搭載するWRX STI Series. Whiteの画像を見ていきます。

フロントグリルのSTIエンブレムが象徴的です。

限定装備のブロンズカラーのホイールです。

WRX Series. Whiteでは18インチでしたが、WRX STI Series. Whiteでは19インチが採用され、よりハードな走行にも耐えられるほか、足回りの力強さも増し、全体としてより精鋭なデザインとなっています。

ブレーキはもちろんブレンボです。

WRX Series. Whiteでは、

  • 前:4ポット
  • 後:2ポット

でしたが、WRX STI Series. Whiteでは、

  • 前:6ポット
  • 後:2ポット

となり、より過酷なブレーキングにも耐えられるようになっています。

リアのエンブレムはSTIのみであり、WRXのエンブレムは装着されていません。

フェンダーにもSTIのロゴがあります。

フロントグリルにはチェリーレッドのラインがあり、内に秘めているポテンシャルをさりげなく主張します。

WRX Series. Whiteの新車価格

WRX Sries. Whiteの新車価格を紹介します。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
WRX STI Series. White EJ25ターボ 6速MT DCCD-AWD $42,695
WRX Series. white FA20″DIT” 6速MT VTD-AWD $33,995

WRX Sries.Whiteは6速MTモデルのみであり、リニアとろにっくは選択できません。

また、WRX(日本国内におけるWRX S4)には、ブレンボ製ブレーキキャリパーが採用されるなど、限りなくWRX STIに近い装備内容となっています。

まとめ

ここまで、ロサンゼルスモーターショーで発表された、WRX / WRX STIの限定モデルとなる、series. Whiteについて紹介してきました。

日本国内では生産終了となるWRX STIも、アメリカでは2020年モデルが登場し、まだまだ活気があります。

日本国内にも、早くWRX STIが戻ってくるといいですね。

ランサーエボリューションともども、2.0Lのハイパフォーマンスカーが一気に消滅するのは、やはりラインナップとしてあまりにも寂しさがあります。

以上、アメリカ版のWRXおよびWRX STIの2020年モデルの限定車である、WRX Series. Whiteについて、参考になれば幸いです。

おすすめ!

無料で中古車を探せるサービスです。
理想の車がなかなか見つからないときは利用してみてください。
なお、非公開車とは好条件の車など、順番待ちなどでネットで公開される前に売れてしまう車のことです。

登録して待てば条件に合う非公開車両を紹介してくれる無料サービス。
限定車や年式の古い好条件の車を探すのに最適です。
公式サイト
業界最大級の中古車展示サイト
定期的にチェックしていると、理想の車が見つかるかもしれません。
無料で販売店への見積もり依頼が可能なので、迷ったら積極的に利用していきましょう。
公式サイト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする