S208(スバル WRX STIのコンプリートカー)について(特別装備、バランスされたエンジン、カーボンパーツなど)

S208(スバル WRX STIのコンプリートカー)について(特別装備、バランスされたエンジン、カーボンパーツなど)

みなさん、こんにちは。

スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイト構成で運営しています。

スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、WRX STIのコンプリートカーである、S208についいて紹介します。

バランスされたエンジンや、カーボンパーツが満載のS208、

STIコンプリートカーの魅力を最大限にお伝えします!

スポンサーリンク

STI コンプリートカーとは?

STIコンプリートカーは、STIがスバル車をベースにした特別製造車のようなものです。

合法的改造車ともいえるでしょう。

言ってしまえば、S208はベースモデルのWRX STIとは全く違ったより高性能なパフォーマンスカーといえます。

S208の動画

まずは、S208の動画を見てみます。

群馬サイクルスポーツセンターでのアタック動画がありました。

S208のサウンドの確認もできるし、なにより走行動画が刺激的なので一度は見てほしい動画です。

また、加速動画などを見つけたら追加していきます。

S208のエンジン性能

S208には、WRX STIと同じEJ20型ターボエンジンが搭載されますが、後述するように高出力バランスドエンジンが搭載されるため、歴代のSTIコンプリートカーの中でも最高スペックを誇るモンスターエンジンとなります。

EJ20型ターボ(高出力バランスドエンジン)

最高出力:242kW(329PS)/7200rpm

最大トルク:432Nm(44.0kgf・m)/3200-4800rpm

その他、S208はターボチャージャーのフリクション低減のため、軸受け部にボールベアリングを採用しています。

この点も、高出力化に寄与しているのでしょう。

EJ20型ターボエンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

EJ20型ターボエンジンの詳細記事

S208のトランスミッション

ベースモデルのWRX STIと同じく6MTが採用されます。

S208のAWDシステム

もうWRX STIでは当たり前ですが、DCCD AWDが採用されます。

DCCD-AWDは、ドライバーズコントロールセンターデフAWDの略です。

前後のトルク配分は41:59で、機械式と電子制御のLSDを搭載しています。

機械式LSDはトルク感応機械式で、遅れのないリニアな制御が可能であり、電子制御LSDでは、緻密な制御が可能です。

また、好みやシーンに応じて、LSDの効き具合を調整できるのもDCCD AWDの大きな特徴となっています。

DCCD AWDについては、次の記事で詳細をまとめているのでぜひご覧ください。

DCCD AWDの詳細記事

S208のエクステリアデザイン

S208のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

次にサイドビューです。

最後にリアデザインです。

S208のインテリアデザイン

次に、S208のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

S208にはレカロ製バケットシートが標準装備されます。

S20088の特別装備

では、S08の特別装備の数々を紹介していきます。

S208は、3つのグレード構成となっており、S208、S208 NBR CHALLENGE PACKAGE
Carbon Trunk Lip、S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wingとなります。

まずは、標準のS208から見ていきます。

S208の特別装備

STI製BBS 19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール
(シルバー)

サテンメッキドアミラー(フットランプ付)

サイドシルモール(金属調)

ドライカーボントランクリップスポイラー

STI製ビルシュタインフロントストラット(DampMatic®Ⅱ、倒立式)&コイルスプリング

STI製ビルシュタインリヤダンパー&コイルスプリング

255/35R19 92Yタイヤ(ダンロップ SPORT MAXX RT、特殊吸音スポンジ付)

高出力バランスドエンジン(シリアルナンバー+STI Performanceオーナメント付)

低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリヤ

インパネ加飾パネル(レッド、S208オーナメント付)

サイドシルプレート(S208ロゴ入り)

シリアルナンバープレート(コンソール)

メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、S208オーナメント付)

大型フロントアンダースポイラー(ハイグロスブラック)

バンパーサイドベゼル(スチールメッシュ&クロームメッキ加飾付)

リヤバンパー(チェリーレッドストライプ、エアアウトレットグリル付)

S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Trunk Lipの特別装備

S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Trunk Lipは、標準のS208に対して、次の装備が追加、変更されます。

STI製BBS 19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(ブラック)

ドライカーボンルーフ

ブラックカラードドアミラー(フットランプ付)

サイドシルモール(ハイグロスブラック)

ドライカーボントランクリップスポイラー

S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wingの特別装備

S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wingは、S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Trunk Lipは

ドライカーボンリヤスポイラー(S208ロゴ入り)

S208のボディカラー

S208のボディカラーを紹介します。

クリスタルホワイト・パール

WRブルー・パール

クールグレーカーキ(NBR CHALLENGE PACKAGE限定)

S208の新車価格

最後に、S08の新車価格についてまとめます。

グレード エンジン 駆動方式 価格
S208 EJ20 AWD 6,264,000円
S208

NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Trunk Lip

6,890,400円
S208

NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wing

7,106,400円

最上級モデルのS208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wingでは、何と価格が700万円を越える高額モデルになります。

しかし、カーボンリアウィングなどが装備され、存在感は全モデルの中でもぴか一なので、S208という限定モデルに乗るのであれば、ぜひS208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wingを狙っていきたいですね。

その他、カーボンルーフの有無を考えると、最低でもS208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Trunk Lipを狙いたいです。

カーボンによる軽量化の恩恵は大きく、さらに見た目の上でも標準モデルのWRX STIとは全く違った雰囲気になるので、S208では必須といえるでしょう。

もちろん、べーシックなS208であっても、高出力バランスドエンジンなどが採用されるため、走りの質感はWRX STIよりもいいことは間違いないです。

以上が、S208のまとめになります。

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする