FA20型エンジン(自然吸気)の特徴

FA20型エンジン(自然吸気)の特徴

BRZに搭載されているFA20(自然吸気モデル)について解説します。

ターボモデルの設定をしないことにより、エンジン下の空間に余裕ができ、フロントドライブシャフト上に水平対向エンジンを搭載することにより、従来のスバル車の低重心性を保ったまま、前後の重量配分を最適化することに成功しました。

スポンサーリンク

FA20型エンジンはスクエアエンジン

まず、ボア(シリンダーの直径)×ストローク(ピストンの可動域)は86mm×86mmとなっており、スクエアエンジンとなります。

エンジンは、ボアとストロークの関係から、ロングストロークエンジン、ショートストロークエンジン、スクエアエンジンに分けられ、エンジン特性が異なります。

このエンジン特性の違いについて簡単にまとめておきます。

ショートストロークエンジン

ショートストロークエンジンは、ボア(シリンダーの直径)>ストローク(ピストンの可動域)となります。ピストンはあまり上下運動せず、幅が広いわけですね。

このエンジンの特性としては、高回転ではパワーが出ますが、低速トルクが細くなってしまいます。

ロングストロークエンジン

ロングストロークエンジンは、ボア(シリンダーの直径)<ストローク(ピストンの可動域)となります。幅が狭い代わりに、ピストンが大きく動くことになります。

このエンジンの特性としては、低速トルクは太くなりますが、物理的に高回転までは回れません。

これはピストンの移動速度に制限があるからです。

スクエアエンジン

スクエアエンジンは、ボア(シリンダーの直径)=ストローク(ピストンの可動域)となり、ロングストロークとショートストロークの中間的な性質となります。

つまり、FA20″DIT”は中間的な性質を持つエンジンであることが分かります。

トヨタ86とBRZは姉妹車種です。

よって、このエンジンにはトヨタの技術「D4-S」も搭載されます。

D4–Sはエンジン回転数に応じて直噴とポート噴射を切り替えるシステムです。

直噴エンジンは低回転に強く高回転に弱い

ポート噴射は低回転に弱く高回転に強い

これらを切り替えることで、全回転域でトルクを発生させ、高回転までスムーズに回るエンジンとなっています。

エンジン性能曲線を見ればその様子が分かります。

全回転域で安定したトルクが発揮されています。

さらに、最高出力の207PSは7000rpmという超高回転で迎えることになります。

これがBRZに搭載されるFA20型自然吸気エンジンの特徴になります。

FA20型エンジンの他の記事を見る

スバルのエンジンの記事一覧を見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする