スバル FB16型エンジンについて

スバル FB16型エンジン

スバル FB16型エンジンは、現行のスバルの水平対向エンジンのラインナップの中では最少排気量になります。

FB16 “DIT”は今回紹介する自然吸気モデルのFB16とは異なるエンジンなので、

別の記事で紹介します。

FB16自然吸気エンジンの搭載車種は、インプレッサのみとなります。

スポンサーリンク

FB16型エンジンはロングストロークエンジン

このエンジンは内径(シリンダーの直径)×行程(ピストンの可動域)が、78.8mm×82.0mmなのでロングストロークエンジンになります。

エンジン排気量はボア(シリンダーの直径)×ストローク(ピストンの可動域)で決まりますが、この長さの比率によって大まかに特性が変わってきます。

ショートストロークエンジン

ショートストロークエンジンは、ボア(シリンダーの直径)>ストローク(ピストンの可動域)となります。ピストンはあまり上下運動せず、幅が広いわけですね。

このエンジンの特性としては、高回転ではパワーが出ますが、低速トルクが細くなってしまいます。

ロングストロークエンジン

ロングストロークエンジンは、ボア(シリンダーの直径)<ストローク(ピストンの可動域)となります。幅が狭い代わりに、ピストンが大きく動くことになります。

このエンジンの特性としては、低速トルクは太くなりますが、物理的に高回転までは回れません。

これはピストンの移動速度に制限があるからです。

スクエアエンジン

スクエアエンジンは、ボア(シリンダーの直径)=ストローク(ピストンの可動域)となり、ロングストロークとショートストロークの中間的な性質となります。

FB16型は、ロングストロークエンジンなので、低速トルクが太く、燃費の良いエンジンになります。

ただし、このエンジンは同型エンジンで2.0LモデルのFB20に搭載されている直噴システムが搭載されません。

排気税も1.6Lと2.0Lでは差がありません。

なので、インプレッサを選ぶ場合は、初期費用以外はあまりメリットがないエンジンともいえます。

上位モデルのレヴォーグに搭載される直噴ターボモデルのFB16″DIT”になってこそ真価を発揮するエンジンであると言えます。

FB型エンジンの他の記事を見る

スバルのエンジンの記事一覧を見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする