スバル FA20型エンジンの特徴

スバルのFA20型エンジン

スバルFA20型エンジンはボア×ストロークが86mm×86mmのスクエア型エンジンになっているのが特徴です。

ストローク>ボアのショートストロークエンジンでは、低速トルクが細く高回転で馬力が出る、高回転型のスポーツエンジンになります。

このショートストロークエンジンの例では、WRX STIに搭載されます。

ボア>ストロークとなるロングストロークエンジンでは、低速トルクは太いですが、高回転では馬力が出ません。

実用性能重視のエンジンになります。

搭載例ではインプレッサのFB20型があげられます。

例外として、レガシィにはFB25のショートストロークエンジンがア搭載されますが、

これについては別の時に書きます。

したがって、ボア=ストロークとなるスクエア型のFA20エンジンは低速トルクと高回転馬力の中間的な性質を持つことになります。

スバルでFA型エンジンが搭載されているクルマを表でまとめました。

WRX S4 レヴォーグ レガシィ(5代目) BRZ
最高出力 300PS/5600rpm 300PS/5600rpm 300PS/5600rpm 207PS/7000rpm
最大トルク

400Nm/2000-4800rpm

400Nm/2000-4800rpm 400Nm/2000-4800rpm 212Nm/6400-6800rpm

順に見ていきます。

スポーツカ-からGTツアラ-まで幅広く搭載されています。

FA20(自然吸気)

BRZに搭載されるエンジンです。

FA20型(自然吸気)エンジンの特徴

FA20 “DIT”

WRX S4、レヴォーグ、レガシィ(5代目)に搭載されるエンジンです。

FA20型 直噴ターボ”DIT”エンジンの特徴

スバルの中古車の探し方

スバルのクルマは、それぞれのモデルの特徴があり、魅力的なモデルが多いです。

※そんな私も、BP型ツーリングワゴンの3.0Rが好きです。

しかし、自分で探せる中古車は、全体のたった30%だって知っていましたか?

残りは「非公開車両」として、一般公開される前に売れてしまいます。

つまり、中古車選びにおいて、非公開車両のチェックは必須です。

参考に、「なびくる+」の非公開車の探し方について紹介します。

もちろん無料です。

非公開車両の検索はこちら

なお、スバルの魅力~car-catalog.net~では、「なびくる+」をお勧めしています。

理由は次の2つです。

その1:中古車トップクラスの10年保証

中古車なのに10年保証があります!

なびくる+の中古車の品質の高さがわかりますね!

気に入った中古車を、長く大切に乗りたい方にはおすすめです。

その2:まさかの返品可能

実際に納車されてから気づく不満。

なびくる+なら、100日以内であれば、車両代金の5%で返品可能です。

歴代モデルそれぞれに魅力的なモデルが多いスバル車。

非公開車両を調べることで、選択肢が大幅に増えます。

無料サービスなので、気になる車があるなら早めに調べたほうが絶対に有利です。

未来の愛車との、素敵な出会いがありますように!

非公開車両を探してみよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする